ライフスタイル暮らしの工夫・知恵

ベストな時期って?スマホの買い替え時サインを見逃すな!

今や日常生活において欠かせないツールとなっているのがスマホ。1日でもスマホが使えないなんて困ってしまう!という方も多いかもしれませんね。あなたは今手元にあるスマホ、何年くらい使っていますか?新機種が発表されたりキャンペーンがあったりと、いったいいつ買い替えたらよいのかタイミングが難しいものですが、実はベストな時期があるんですよ。今回はスマホを買い替えるのにベストな時期やポイントをたっぷりご紹介します!

スマホ関連のことは何かとややこしい!

image by iStockphoto

スマートフォンはコミュニケーションツールとしてはもちろん、便利なアプリもたくさんあって、生活には欠かせないアイテムとなっています。従来の携帯キャリアのほかリーズナブルなキャリアが増えたり機種もたくさんで、スマホ関連のことは何かとややこしくなりがち。スマホの買い替え時期に関してもタイミングが難しいですよね。時期によっては大きく損をすることも得をすることもあるので、しっかりとタイミングを見極めて、上手にスマホの買い替えをしていきましょう。

どれくらいで買い替える人が多い?

image by iStockphoto

まずは世間一般的には、どれくらいの期間でスマホを買い替える人が多いのか考えてみましょう。

今まで大手携帯キャリアでは、2年ごとに契約更新されるいわゆる「2年縛り」というものがあったため、契約更新時である2年ごとにスマホを買い替える人が最も多くなっています。これ以外の時期に買い替えると違約金や更新料、今使っている機種との2重払い機関が発生してしまったりするためですね。ですが各社2年縛りをしないプランや、最初に機種代を一括払いするプラン、手持ちの機種を使って格安スマホのMVMOで回線を契約するなど、スマホの使い方にも自由度が増えてきています。

また好みの携帯電話メーカーや機種がある場合やいつも最新機種を使っていたいというガジェット好きの方なら、欲しい機種が出たタイミングで買い替える人も。その一方でスマホは使えればそれでいいという機種にこだわりがない方の場合、3~4年壊れるまで使うパターンもありますね。

こんなサインが出たら要注意!

image by iStockphoto

スマホを長く使っていると、そろそろ買い替え時かな?と感じるさまざまなサインが出てきます。

アプリの起動が遅い

検索やSNS、写真加工にゲーム、電子マネー…スマホを使う上でアプリは欠かせない存在ですよね。アプリを起動するとき時間がかかったり、ゲームがカクカクしてスムーズに動かなかったりする場合、アプリの動作環境にスマホの性能が追い付いていないと考えられます。CPUの処理性能やメモリ容量は、当然新しい機種のほうが優れていますし、アプリは日々更新され使用するメモリ量なども増えていますよね。

2年以上経った頃から…

スマホは2年で買い替える人が多いとはいえ、2年ですぐダメになるものではありません。ですが昔の携帯電話のように、充電池を交換することができない機種が多くなっていて、2年を超えると充電池の寿命が近づいていることは否めませんね。また新しい機種がどんどん発売されていく分、古くなった機種の部品は在庫がなくなっていきます。スマホに何か不具合が起こったり、故障したから修理したいと思っても、もう部品が無かったりかえって高価になる場合が。2年を超えてスマホを使っているなら、次壊れた時は新しい機種に買い替えたほうが良いと考えておきましょう。

使いたい機能が使えない

スマホの頭脳ともいえるOSは、毎年大きなバージョンアップが行われています。アプリ自体は使えているけれど、使っているスマホのOSバージョンによっては、機能が制限されたり対応していないことも。特に新しくリリースされたアプリなどは、新しいスマホで動作することを想定して開発されているため、バージョンが追い付いていないんですね。また古いOSのままでは、セキュリティの問題でブロックされてしまうこともあります。最新のアプリやセキュリティ機能を使いたいなら、機種の買い替えが必要になりますよ。

通信が重くなった気がする

通信環境はしっかり整えているのに、なんだか通信が遅くなった感じがしたり、ダウンロードやゲームが重い感じがしてきたら、機種が古いせいでデータ通信規格が現在のものに合っていない可能性があります。データ通信が遅い・エラーが出るというのは、スマホを使う上でも大きなストレス。これらの不満を感じ始めたら、買い替えを検討したほうが良いかもしれませんね。

次のページを読む
1 2 3
Share: