ライフスタイル

一人暮らしと実家どっちにする?メリットをデメリットを実体験から紹介

大学入学や就職のタイミングで一人暮らしを検討する方もいるでしょう。実家暮らしは楽だけど、自由気ままな一人暮らしにも憧れてしまいますね。それぞれメリットデメリットがあり、自分のライフスタイルや性格に合わないと余計なストレスを感じてしまうかも。一人暮らしを始める前に気を付けたいポイントをご紹介致します。

経済的な負担から考える違い

image by iStockphoto

一人暮らしを始めるうえで最も大切なのが経済的な負担ですね。学生の方であれば、親からの仕送りの額によって生活の質は大きく変わります。仕送り額が十分でない場合にはバイト三昧になってしまいますし、想像していたような自由な時間は取れないでしょう。急に両親の経済状況が変わることもありますね。

社会人になったからと言って初年度から満足な手取りがあるわけではありません。都市部では家賃も高額になりますし、女性が安心して暮らせる物件はさらに高くなる傾向にあります。社会人になって一人暮らしを始めても、現実には生活が苦しく、親からしばらく仕送りをしてもらってやりくりしている方も。一人暮らしを始める前に、余裕を持って生活できるかどうかお金の負担をよく考えることが大切ですね。

実家暮らしは圧倒的にコスパが良い

経済的な負担を考えるなら、実家暮らしの方が圧倒的にコストパフォーマンスに優れています。光熱費や食費は別居すると割高になりますし、実家暮らしなら両親がこれまでの延長で負担してくれることも多いですね。社会人になると実家にお金を入れる方も増えますが、都市部での家賃と比較しても微々たるものでしょう。

実家へ入れるお金の金額は筆者の周りでは1~5万円と差がありました。渡したお金を結婚資金として両親が代わりに貯金してくれていたという家庭も多く、実際に光熱費や食費として使われているわけではないことも。大学へ実家から通える範囲の場合や、入社する会社の寮や家賃補助が十分でない場合には、一人暮らしは見送った方が経済的には楽でしょう。

貯金をしたいなら実家の一択

image by iStockphoto

社会人の方が貯金をしたいなら、実家暮らしをおすすめします。上記でも説明したように、家賃と光熱費、食費の負担は想像以上に重く、年収が十分でなければ暮らしていくだけで精いっぱいです。会社で低額の寮が用意されていたり家賃補助を受けられる場合を除けば、一人暮らしは生活が苦しくなる可能性が高いですね。

どうしても一人暮らしをしたいなら十分な額を実家暮らしのうちに貯金しておくか、手取り年収が上がってから始めた方が良いでしょう。筆者の周りでも、一人暮らしで困窮し実家暮らしに戻した方もいましたが、嘘のように貯金ができると話していました。貯金が一番の目的であれば、実家暮らしを選択した方が良いでしょう。

一人暮らしは初期費用が高い

一人暮らしは初期費用も高額です。最低限の家具や家電を揃えるだけでも10万円以上のお金がかかります。さらに家の契約には敷金・礼金・家賃を初月にまとめて2か月分支払うなど、まとまった資金が必要となりますね。家賃が安くても礼金が2~3か月分かかる物件もありますから、余裕をもって支払える額かどうか確認しておく必要があります。

新生活の始めには予想外の出費がかさむものです。初期費用で貯金が減ってしまうと精神的にも不安が強まり、心に余裕がなくなってしまいます。気に入った物件があっても勢いで契約することのないように注意しましょう。

仕送りの平均額も減少傾向に

学生の場合、上京したり遠方の大学に通うことになる場合も多いですね。近年は学生に対する両親の仕送り額の平均値は減少傾向にあると言われています。普段は両親の経済的な負担を目にすることはないかもしれませんが、大学の学費と家賃光熱費、仕送りまでねん出するのは大変なことです。一人暮らしをするからと言って、十分な仕送りが得られるとは限りません。

仕送り額が十分でない場合、多くの学生はバイトして生活費やこずかいをまかないます。1~2年のうちは取得必須な単位も多く、サークルや部活での付き合いもあり、バイトばかりしている時間もないため困窮しやすいです。せっかく自由になれると一人暮らしを選択しても、予想していたような自由な時間は少ないかもしれません。

家賃や光熱費の負担は想像以上に重い

自分で支払ってみると、家賃や光熱費を毎月負担するのは想像以上に負担があります。実家暮らしの時には給料やバイト代で何を買おうか考えられても、一人暮らしを始めると初めに浮かぶのは家賃や光熱費の支払いのこと。「残った額を自由に使う」という思考に切り替わっていくので、一人暮らしをすることで、節約志向になったり、生活力がつくことは大きなメリットともいえますね。

自由な時間を比較すると

image by iStockphoto

一人暮らしを選択する方の多くは時間に対する制約が減ることが大きな理由の一つでしょう。一人暮らしでは基本的に門限も食事の時間もすべてが自由になります。自分のペースで心地よい生活リズムを作れる方もいれば、昼夜逆転したり自堕落な生活になってしまう方も。一人暮らしと実家のメリットデメリットを比較致します。

次のページを読む
1 2 3
Share: