アイデア・コツライフスタイル家事掃除料理・食事暮らしの工夫・知恵

~主婦の憧れ!~ピカピカなキッチンを手に入れる掃除術

キレイに整頓されたピカピカのキッチンは主婦の憧れ!ですが現実は、換気扇やコンロは油汚れでベタベタで、シンクや水回りも水垢や汚れでくもっている、そんな方も多いのではないでしょうか。気にはなりながらもなかなか手を付けられないキッチンのお掃除。今回はそんな方達へ向けて、お掃除大好きな筆者が、キッチンの汚れを簡単に落とせるお掃除術をご紹介していきたいと思います。一緒にピカピカのキッチンを目指しましょう!

■キッチンの汚れの正体は?

image by iStockphoto

まずはじめに、キッチンの汚れの正体についてお話したいと思います。キッチンの汚れは多岐にわたりますが、大きくわけると『シンクまわりの汚れ』と『コンロまわりの汚れ』の2つに分類することができますよ。それぞれどんな特徴があるのか、みていきましょう。

その1. シンクまわりの汚れ

image by iStockphoto

シンクまわりの汚れの正体は、水が乾いてできる『水垢』と、生ごみや雑菌、カビなどが合わさった『ヌメリ汚れ』です。水垢は水道水に含まれる『マグネシウム』や『炭酸カルシウム』などのミネラル成分が残ってできるもの。白いウロコ状の汚れで、放置すると積み重なって硬くなってしまうので、とても厄介です。

ヌメリ汚れは生ごみなどをエサにして、雑菌やカビが繁殖することで発生します。三角コーナーや排水口など、汚れや水分が残りやすい場所で多くみられ、ニオイや排水口のつまりの原因にもなってしまうので、きちんとお掃除するようにしましょう。

その2. コンロ周りの汚れ

image by iStockphoto

コンロまわりの汚れの正体は、料理中に飛び散った『油汚れ』と吹きこぼれなどの『焦げ』。そして油汚れにつく『ホコリ』です。油はコンロの上だけでなく、コンロまわりの壁や床、料理中の湯気にのって換気扇の中までにも入り込んでしまいます。放置してしまうと油汚れとホコリが合体して、より頑固で強力な汚れに成長してしまうので、こまめなお掃除が大切です。

また焦げも、コンロまわりのホコリや食材のカスなどが焼け焦げたもののため、とても硬く落とすのが大変。こびりついてしまう前にお掃除してしまいましょう。

■キッチン掃除をはじめる前に必要なこと

image by iStockphoto

キッチン汚れの正体がわかったところで、さっそくお掃除に取り掛かりたいところですが、その前に大切なことがあります。それは『キッチンの片付け』と『時間の確保』、そして『道具の準備』の3つです。この3つことができていないのに掃除をはじめてしまうと、途中で上手くいかずに失敗してしまう可能性が高まります。はやる気持ちをグッとこらえて、まずは準備を整えていきましょう!

その1. 不要なものは『片づける』or『処分』しておく

キッチンのお掃除をはじめる前に、キッチンにある不要なものは片づけるか、処分しておきましょう。キッチンにものが多いと、ものをどかしながらの掃除になってしまうので大変!時間も大幅にロスしてしまいます。せっかくお掃除するのですから、これを機に一緒にキッチンの断捨離も進めてしまいましょう!

【チェックするポイント!】
・賞味期限の切れているものがないか
・壊れていて使えない調理器具がないか
・1年以上使っていない調理器具や食器がないか
・シンクやコンロまわりに掃除に邪魔なものがないか

この他にも、キッチンから移動できるものは移動させておくと、お掃除をよりスムーズに進めることができます。

その2. 時間をたっぷり確保する

image by iStockphoto

長年放置してしまった頑固な汚れは、削り落とすのにも洗剤を染み込ませるのにもそれなりに時間が必要になります。掃除のあとに予定が入っていると、その時間までに終わらせようと焦って掃除をしてしまうので、洗剤をかけてから放置しておく時間などが不十分になってしまい、きちんとした効果を得られない可能性がありますよ。そうならないためにも、1日、もしくは半日くらいは掃除にあてるつもりで、予定を詰め込まずに時間をたっぷり確保してからお掃除をはじめてましょう。

その3. 掃除に必要な道具を準備しておく

掃除をする当日にはすぐに掃除がはじめられるように、前日までに必要な道具を準備しておきましょう。きちんと準備ができていないと、いざ掃除をはじめてから「あれがない」「これがない」ということになってしまい、時間もロスしてイライラしてしまいます。事前に段取りを確認して必要なものを用意しておくことで、スムーズに掃除を進めることができるようになりますよ。

次のページを読む
1 2 3
Share: