マナー文化礼儀作法豆知識・雑学

【寺社仏閣】それぞれの初詣マナー知ってる?正しいマナーで良い年を迎えよう

初詣と聞くと、どうしても神社というのが頭に浮かびますが、テレビの「行く年来る年」で紹介されるようにお寺ももちろんできます。しかし「年が明けたから初詣にでも行くか~」だと面白くないですよね。そして意外とマナー違反を知らずにしているかもしれませんよ。ここでは神社とお寺と2つに分けて、それぞれ正しいマナーを紹介していきましょう。そうすると初詣も楽しくなっていくかもしれませんね。

まずは初詣はいつ行ったらいいの?

image by PIXTA / 42311282

お正月になったら「初詣」ということから1年が始まりますが、いつ行けば良いのか知りたいですよね。

古来からの風習だと、大晦日は家にいるのが本当で、お正月になると家に訪れる「歳神様」を待ちます。そして元旦にお節やお雑煮を食べてから行くといわれていますね。

歳神様?と思われる人もいるかもしれませんね。地方によっては「お歳徳(とんど)さん」「正月様」「恵方神」「大年神(大歳神)」「年殿」「トシドン」「年爺さん」「若年さん」などという言い方もあるそうですよ。豊作の神様・祖霊といわれていますね。元々は正月の飾り物は歳神様を迎えるためのもので、 門松は歳神様が来訪される時の依代で、鏡餅は歳神様への供え物なんですよ。知ってましたか?

初詣は三が日だけしか行けないの?

いつの頃からかテレビでも「行く年来る年」にテレビで写されている大晦日の夜から元日にかけてお参りをしているのを見ますが、それは「二年参り」と呼ばれていて、より功徳が積めるともいわれますね。しかし混む時間をさけて行くこともあったりして、厳密なルールはないようですよ。

つい三が日だけしかダメなのかとも勘違いしがちですが、歳神様が家におられる「松の内」に行ったらいいといわれてますよ。そうなると「松の内っていつまで?」となりますよね。

松の内というのは、門松や注連縄などお正月飾りを飾る期間で、関東では7日まで、関西などの地方は古式にしたがって「小正月」といわれる15日までのことです。お正月に行きそびれたらそれまでに行きましょうね。

初詣に行く順番を知ろう

初詣に行くといったら、つい有名なお寺や神社に行こう!となってしまいますが、行く順番もあるんですよ。まずは自分の家のご先祖様のいる仏壇や神棚で1年のごあいさつ。次には地元の氏神様と菩提寺。氏神様は縁があってそこで生まれたり暮らさせていただいていますので、大切にした方がいいですよね。そこから人気のある有名寺院や神社にいきましょう!

そうそう、年内に身内の方が亡くなった場合は、お寺は全く問題はないのですが、神社は50日たっていなかったらやめておいたほうがいいそうですよ。年賀状みたいな感じですね。

神社へ初詣に行こう!

image by PIXTA / 19344838

まずは神社からいってみましょう。有名な神社だと人混みに流されて、そのまま入って拝殿に行ってという感じになっちゃいますよね。おまけに神社の駐車場は屋台とかで駐車ができなくなっていたり、交通規制があったりで、なにをしに行ったのかわからなくなります。そこで色々と裏技みたいなものから、せっかくお参りに行くのですからマナーも知っておきましょう。

行く前に確認しておくこと

だいたい人気があったり有名なところになると神社に限らずお寺でも人混みや交通規制などがあって、行ってビックリ!ということになります。そこで下準備をしましょう。

1.参拝時間を調べる。元旦以外は夜中の参拝はできませんからね。
2.車で行く場合は、周辺の交通規制を調べる。
3.近辺の駐車場を調べる。もしくは予約できるようだったらしたほうがいいですね。
4.混んでいる時間をさける。
   だいたいは夕方以降が空いているようです。ネットでの情報を見るのもいいですね。

できるだけ電車などを使った方がいいとは思いますね。満員電車を覚悟したほうがいいですが。

次のページを読む
1 2 3
Share:
紫蘭