マナー文化礼儀作法

正装じゃなきゃ駄目?神社参拝時の正しい服装は?

年末年始やお祭時だけではなく、折に触れお祈りしたいタイミングで訪れる神社。身近な存在ではありつつも、いざ参拝しようとなると何を着ていけば良いのか迷ってしまいませんか?こちらでは神社に参拝する際の服装について解説していますので、お出かけ前に一度チェックしてみてくださいね。神職の方の服装についても豆知識としてご紹介していますよ。

神社参拝はシーン別で服装を分ける!

image by iStockphoto

全国各地さまざまな場所に神社はありますから、自宅の目と鼻の先に神社があるという方もいらっしゃるでしょう。近所へのお出かけとなると手を抜いてしまうこともありますが、お参り内容によってはきちんとした格好で神社に行くべきなのですよ。ではどのような服装が望ましいのか、ここで参拝目的別に確認していきましょう。

気軽な参拝なら普段着でもOK

神社は人々の祈りの場であり神域でもありますが、普段お参りに行くぶんには特別服装に気をつけることはありません。神様の御前とはいえ開かれたエリアですし、神様に手を合わせたい・敷地内を歩きたいといった目的であれば、神社に普段着で行っても問題ないのですよ

とはいえ、神様の前に出向くということである程度の礼儀は守るべきといえます。以下にいくつか例を挙げておきますが、肌の露出や清潔感のない服装で参拝するのはご法度ですよ。また、NGではないものの危険を伴う靴もありますから、足元のファッションにも注意が必要です。

[NGファッション]

・露出の多いセクシーな服(お腹や肩が開いているものなど)

・ミニスカート

・あまりにも目立つコーディネート(他の人のお祈りの妨げとなる可能性があるため)
・汚れの目立つ服

・洗濯をしていない服

[避けたほうが良い靴]

・サンダルやミュール(玉砂利で足が傷ついたり足を取られたりするため)

・大切にしている革靴(玉砂利で傷がつくことがあるため)

なお、「殺生をイメージするから毛皮や赤色のものは駄目」と認識している人も多いようですが、神社に行くときは毛皮や赤色のものを身に着けていてもOKです。ただしあまりに派手な見た目となるものは、他の人の居心地を悪くしてしまいかねませんから避けたほうが良いでしょう。

祝詞をあげてもらうなら正装がベスト!

人生のうち、神にもすがりたい思いをすることは何度かありますよね。そういったタイミングで神主さんに頼んで祝詞をあげてもらうこともあるでしょう。そういった、神様により近くなる行事のために神社へ行くのであれば、普段着ではなく正装に準じた服装を選ぶようにしてください

[男性の場合]

・スーツに柄の目立たないワイシャツとネクタイ(夏場は背広無しでもOK)

[女性の場合]

・礼服用などのシックな雰囲気のワンピース

・落ち着いた色味のオフィスカジュアルコーデ

※男女ともに派手な柄・色味を取り入れないこと。

正装といってもモーニングやドレスではなく、上記したように男性ならスーツ・女性ならシックなワンピースや落ち着いた雰囲気のオフィスカジュアルなどが良いですね。普段より神様との距離が近くなるということで、整った格好で臨むことが望ましいというわけです。

次のページを読む
1 2 3
Share: