おすすめアイテムコスメビューティーメイク女子力自分磨き

頬骨が高いと悩んでいる人必見!カバーメイク法とおすすめコスメ8選

頬骨が高いことに悩んでいる人は、「カバーしたくても、できない」と諦めている人もいるでしょう。そんな人は、いつものメイクを一工夫してみませんか。悩みを解消するには、アイテムをプラスしたり、使い方を少し変えるだけでも叶えることができます。では、頬骨をカバーするメイク方法やNGメイク、おすすめのコスメなどをご紹介しましょう。

頬骨が高いことはマイナスだけじゃない!

image by iStockphoto

人には、それぞれ顔に特徴があるもの。その特徴が、悩みやコンプレックスになっている人も少なくありません。

そんな悩みやコンプレックスを抱えている人の中には、「頬骨が高い」と思っている人もいるはず。

頬骨が高いと、ゴツゴツとした印象になり、男性っぽいイメージに。

そのため、メイクに苦労している人も多いでしょう。

しかし、頬骨が高いことはプラスになることも。例えば、頬骨が高い人は立体的なメイクがしやすいというメリットがあります。

外国では、頬骨が高いことが美人顔とも言われるほど、魅力的な骨格

これをメリットととるか、デメリットととるかはあなた次第です。

頬骨が高い人のカバーメイクとは?

image by iStockphoto

頬骨が高いことにコンプレックスを抱えている人は、「メイクで、なんとかカバーしたい」と思っているでしょう。

しかし、なかなかカバーしようと思っていても、思った通りのメイクが叶わない人も多いはず。

では、頬骨の高さをカバーしてくれるメイク方法をご紹介しましょう。

頬骨をカバーするベースメイク

頬骨が気になっている人は、ベースメイクはどのように作っていますか。

基本、ベースメイクを作るためには化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、フェイスパウダーの4段階で仕上げることになります。

まず、下地は使っていない人もいると思いますが、ファンデーションのもちを良くするためにも用いることがおすすめ。頬骨が気になっている人は、ラメやパールが入っていないタイプを選ぶようにしましょう。

コンシーラーは、頬骨をカバーしていきます。カラー選びは、肌よりもワントーン暗めのカラーを選ぶことがポイント。頬骨の一番高いところにコンシーラーを乗せ、肌に馴染ませ、ぼかしましょう。

次にファンデーションで肌を整えていきます。ファンデーションは、マットな仕上がりになるタイプを選ぶようにしましょう。艶感の出るものは、避けた方が無難です。

そして最後は、フェイスパウダーで仕上げます。フェイスパウダーも、ラメやパールが入っていないものを選び、頬の高い場所は二度つけをしてマット感をプラスしていきましょう。

頬骨カバーのハイライトの入れ方

メイクでハイライトを入れる場合、本来であれば頬骨の一番高い部分に入れるのが一般的。

しかし、頬骨の高さが気になる人にとっては、必要のないテクニックとも言えます。

ただし、更に頬骨を目立ちにくくするためには、違ったハイライトのテクニックが必要。へこんでいる部分にハイライトを入れることで、ふっくらと見せる効果があり、頬骨の高さをカバーすることができます。

頬骨が高い人は、影になる部分にハイライトを入れていくことが重要。ナチュラルなカラーを入れることで、頬骨をカバーしながらも自然に仕上げることができます。

くれぐれも、キラキラ発色するようなカラーは選ばないようにしましょう。

頬骨カバーにはチークが重要

頬骨が高いことを気にしている人にとって、チークはとても大切なもの。

チークをどう入れるかによって、仕上がりが大きく変わってきます。

本来であればチークは、血色を良く見せてくれるという役割がありますが、頬骨の高さが気になっている人にとっては、陰を付ける効果があり、頬骨のカバーの役割も果たしてくれるでしょう。

頬骨をカバーするためには、カラー選びも重要。ブラウン系の落ち着いたカラーを選ぶことがポイント

また、クリームタイプのチークがおすすめ。クリームチークは、指で肌にのせることになりますから、頬骨の位置などを確認しながら入れることができるため、自然に仕上げることができます。濃淡も調整しやすいですから、失敗しても安心です。

くすみや顔色を明るく見せたいと思って入り人は、オレンジ系から選ぶと良いでしょう。

チークの位置は、頬骨の高い場所ではなく、少し下にずらして入れるのがコツ。高い位置に入れてしまうと、より頬骨を強調してしまうことになるため、ずらして入れるのがポイントです。

そして、黒目の外側の位置からすっとこめかみに向かってチークを入れることで、自然な仕上がりを目指すことができます。

頬骨カバーメイクで、やっていはいけないメイクとは?

image by iStockphoto

メイクは、その時々で流行りがあります。

最近では、ばっちりメイクよりもナチュラルメイクが基本。眉などもあまりいじらず、自然な状態のメイクが人気です。

そのため、下地やファンデーションなどでは、艶感を出してくれるタイプのものが増えています。肌に艶感があると、まるですっぴんのような仕上がりになるため、「あんなメイクをしたい」と思っている女性も多いでしょう。

しかし、頬骨の高さが気になっている人にとっては、艶感あるメイクは避ける必要があります。

なぜなら、ツヤ感を出してしまうことで余計に骨格が出やすくなり、頬骨が協調されてしまうため。

憧れ、好みのメイクと似合うメイクは違うということ。

頬骨の高さをカバーしたいと思うのであれば、マット感あるメイクを心がけるようにしましょう。

頬骨をカバーする髪型とは?

image by iStockphoto

顔の輪郭や骨格をカバーしようとすると、髪型を気にする人も多いでしょう。

確かに、骨格もヘアスタイル次第で与える印象が大きく変わります。

頬骨の高さが気になっている人におすすめのヘアスタイルは、セミロングエラ部分には、パーマをかけるなどしてボリュームを出すことで、柔らかい印象に仕上げることができます。

中には、前髪にこだわりを持っていて、ぱっつん前髪が定番になっている人もいると思いますが、頬骨が気になる人にとっては、前髪のぱっつんはNGスタイル。

頬骨カバーしたいと思うのであれば、縦ラインが協調されるようなスタイルを意識すると良いでしょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: