おすすめアイテムコスメビューティーメイク女子力自分磨き

冬のファンデーションはどう選ぶ?2019おすすめの秋冬ファンデーション

寒くなってくると、肌乾燥が気になる人も多いはず。あなたは、今お使いのファンデーションは冬にも納得のメイクを叶えてくれていますか。寒い季節には、メイクアイテムも保湿対策が必要。では、乾燥に負けない冬のファンデーション選びやおすすめのファンデーションをご紹介しましょう。

そもそもファンデーションはどう選ぶ?

image by iStockphoto

あなたは、今お使いのファンデーションの満足していますか。

「メイク崩れがしやすい」「気になる部分が、ちゃんと隠れていない」といった不満を持っている人は、自分にあったファンデーションが選べていない可能性があります。

そもそも、納得できるファンデーションを選ぶためには、目的を明確にすることが大切

例えば、乾燥が気になるのであれば、乾燥対策ができるファンデーションが必要ですし、シミなどを隠したいと思うのであれば、カバー力の強いファンデーションを選ぶ必要があります。

同じパウダーファンデーションでも、メーカーやタイプによって叶えられる効果が変わってくるため、それらを理解した上で選ぶことが大切。

そうすれば、納得のファンデーション選びができるはずです。

冬場は、保湿力のあるファンデーション選びがおすすめ

image by iStockphoto

ファンデーションには、様々なタイプがあり、それぞれ特徴があります。

人によって、肌悩みも異なれば、コンプレックスなどもあるでしょうから、それらをカバーしてくれるファンデーションを選ぶことが基本です。

しかし、冬場は多くの人が乾燥という悩みを抱えています。「乾燥していない」と思っている人の中にも、隠れ乾燥を引き起こしている人も少なくありません

そのため、冬場のファンデーション選びは保湿力を重視することがおすすめ。

リキッドファンデーション、クリームファンデーション、クッションファンデーションは特に保湿力が高いものが多いですから、こういったタイプから選ぶと良いでしょう。

もちろん、カバー力、紫外線対策といったプラスの効果もあるファンデーションが多いですから、肌悩みに関してもしっかりと叶えてくれるファンデーションが見つかるはずです。

2019年秋冬おすすめのパウダーファンデーション

image by iStockphoto

メイク直しも簡単に行えるパウダーファンデーション。

メイク初心者にとっても、使いやすいタイプのファンデーションといえるでしょう。

では、2019年秋冬のおすすめパウダーファンデーションをご紹介します。

6種類の保湿成分配合!セザンヌ/ウルトラカバーUVパクト

パウダーファンデーションの場合、乾燥が気になる人も多いはず。

そんな人にもおすすめなのが、6種類の保湿成分と皮脂吸着パウダーが配合されたセザンヌのパウダーファンデーション。

朝、気になる部分をカバーすれば、一日中キープしてくれます。

IMAGE

セザンヌ ウルトラカバーUVパクト 2 ライトオークル 11g ファンデーション 11.0g

Amazonで見る
価格・情報の取得:2019-11-09Amazonで詳しく見る

ふんわり肌を叶えてくれる!アルビオン/パウダレスト レフィル

濃密な保湿成分が染み込まれた、溶け込みパウダーが魅力のアルビオンのパウダーファンデーション。

重ね付けしても厚塗り感がなく、美しい素肌感を実現。

柔らかな光発肌を演出してくれ、シルキーでふんわりとした肌へと導いてくれます。

IMAGE

アルビオン パウダレスト 選べる全6色展開 ※レフィルのみ -ALBION- 010

Amazonで見る
価格・情報の取得:2019-11-09Amazonで詳しく見る

毛穴レスの肌を実現!カバーマーク/シルキーフィット リフィル

霧状の微細粉体のパウダーで、毛穴をしっかりとカバー。

保湿成分もしっかりと含まれており、皮脂崩れが気になる人にもおすすめ。

今まで毛穴に悩んでいた人も、納得の仕上がりを叶えてくれます。

IMAGE

【要専用ケース】カバーマーク シルキー フィット SN20(リフィル)

Amazonで見る
価格・情報の取得:2019-11-09Amazonで詳しく見る

2019年秋冬おすすめのリキッドファンデーション

image by iStockphoto

肌乾燥に悩んでいる人には、保湿力の高いリキッドファンデーションがおすすめ。

一見、リキッドファンデーションというと「使いにくそう」といったイメージがあるかもしれませんが、テクスチャーが軽いものであれば初心者でもムラなく馴染ませることができます。

では、2019年秋冬のおすすめリキッドファンデーションをご紹介しましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: