おすすめアイテムコスメビューティーメイク女子力自分磨き

メイクが最近似合わない?脱ギャルメイクの方法とおすすめコスメ10選

あなたは、メイクにどんなこだわりを持っていますか。長い間、ギャルメイクにこだわってきた人もいるはず。しかし、ギャルメイクは年齢とともに似合わなくなってしまいます。では、なぜ脱ギャルメイクは似合わなくなるのか、脱ギャルメイクを目指す方法、誰でも簡単にナチュラルメイクが叶うおすすめのコスメをご紹介しましょう。

あなたは自分のメイクに満足してる?

image by iStockphoto

毎日のように行うメイク。

女性にとってメイクは、気になる部分を隠してくれ、魅力を引き出してくれる大切なもの。

しかし、中には「もう、何年も同じメイクをしているな」「最近、今までのメイクが似合わなくなってきた」と感じている人もいるはず。

特にギャルメイクをしている人は、年齢とともに「このままのメイクで良いのだろうか?」と不安を抱えている人もいるでしょう。

「メイクを変えたい」と思っても、その方法が分からなかったり、きっかけがない人もいるはず。

そんな人は、これを機にナチュラルメイクに変えてみませんか。

ギャルメイクはなぜケバく見えるのか?年齢とともに似合わなくなるのか?

image by iStockphoto

若い頃には、メイクをする際に「少しでも大人っぽく見せたい」と言う気持ちがあったはず。

特に、ギャルメイクはメイクが濃いですから、幼さもカバーすることができたでしょう。

しかし、ギャルメイクは濃い故に「ケバい」と思われがち。若い頃は、それでも「おかしなメイク」と思われることはありませんが、年齢とともにメイクだけが浮いてしまいます。

そもそも、なぜギャルメイクはケバく見えるのかというと、ベースメイクが濃いため不自然に見えててしまい、「メイクをしています」と宣言しているようなもの。

更に、アイメイクのカラーも濃く、アイラインもばっちり引き、マスカラもたっぷりと付けていれば、誰だってケバい印象になってしまいます。

そして、そのメイクは年齢とともに違和感を感じ、逆に老けた印象に。

ベースメイクが濃ければ濃いだけ、年齢は上に見られてしまうもの。年齢とともに、ナチュラルに仕上げるのが魅力的なメイクのコツといえるでしょう。

脱ギャルメイクの方法とは?

image by iStockphoto

ギャルメイクから卒業したいと思っている人の中には、「どうすれば、ナチュラルメイクになるのだろう?」と思っている人もいるはず。

長年続けてきたメイク方法は、そう簡単に変えることは難しいでしょう。

しかし、ナチュラルメイクはそれほど難しいものではありません。ポイントさえ掴めば、あなたも簡単にナチュラルメイクができるはず。

では、脱ギャルメイクの方法をご紹介しましょう。

ナチュラルメイクの基本はベース作り

ギャルメイクをしていた人の多くは、今までしっかりとしたベース作りをしていたはず。

しかし、濃いベースメイクは年齢とともに浮いてしまいます。

ナチュラルメイクのベースは、基本質感重視

ギャルメイクでは、肌よりも少し濃い目のファンデーションを選び、たっぷりとファンデーションを付けた人が多いと思いますが、脱ギャルメイクを目指すのであれば、自分の肌の色に近いファンデーションを選ぶこと。

そして、マット感が出るものよりも、艶感を出してくれるファンデーションを選ぶことがポイントです。保湿効果の高いオイルタイプやクリームタイプのファンデーションを使うことで、簡単に艶感ある肌に仕上げることができるはず。

艶感ある肌に仕上げることで、ナチュラルでありながらも、大人の魅力を引き出すことができるでしょう。

気になる部分はコントロールカラーでカバー

若い頃には、ニキビ跡やニキビを隠そうとファンデーションを濃い目に付けていた人も多いはず。

しかし、ナチュラルメイクをしているのに、部分的にファンデーションを濃くしてしまうとその部分だけが浮いて、逆に目立ってしまいます。

気になる部分は、コントロールカラーを用いて、肌をカバーしていきましょう。

例えば、くすみが気になる人は、ブルーやパープル系のコントロールカラー。赤みが気になる人は、グリーン系。青白い顔色をカバーしたい人は、ピンク系のコントロールカラーを用いることで、肌色を補正することができます。

アイメイクはやり過ぎない

メイクの際には、アイメイクにポイントを置いている人、時間をかける人が多いはず。

魅力的な目元というのは、やはり女性にとって理想的です。

しかし、ギャルメイクを卒業するのであれば、やり過ぎは禁物。今まで、ギャルメイクをしていた人にとっては「物足りない」と思うかもしれませんが、ナチュラルメイクを叶えるためには物足りないくらいが丁度良いでしょう。

まず、アイラインは太く描かず、まつ毛を埋める程度で充分。

アイシャドウは、パールが含まれたブラウン系、ベージュ系などの落ち着いたカラーを用いてグラデーションをつくることで、落ち着きがありながらも華やかな印象に仕上げることができます。

マスカラは、ボリュームを出すのではなく、長さを出してくれるタイプを用いることで、自然に仕上げることができるでしょう。

チークは血色を良く見せてくれるカラーを選ぶ

ギャルメイクの際には、チークは赤やピンクといったカラーを選んでいた人が多いはず。

しかし、ギャルメイクを卒業したいと思うのであれば、落ち着いたカラーを選ぶことがおすすめ。

オレンジなどの血色を良く見せてくれるカラーを選ぶことで、自然に仕上げることができるでしょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: