コスメビューティーメイク女子力自分磨き

マツエクをしたらマスカラはしても大丈夫?マツエク初心者にありがちな疑問を徹底解説!

自まつげの長さは関係なく、理想のまつ毛を手に入れることができるマツエク。メイクの時短にも繋がり便利ですよね。一度は施術を考えてみた方も多いのではないでしょうか?でも「普通にメイクしても大丈夫?」「マスカラはダメ?」など、マツエクの施術を受けたことがない初心者は疑問がいっぱい。そこで今回は、初心者にありがちな疑問を解説していきます!

マツエクとマスカラどっちが良いの?

image by iStockphoto

ご自身のまつげの長さに関係なく、マスカラやビューラーをしなくても充分な理想的なまつげが手に入る「まつ毛エクステ」、通称「マツエク」。

やってみたいけれど「施術後のアフターケアやメイクはどうしたら良いのか分からない」。そもそも「マツエクとマスカラどっちが自分に合っているの?」など、マツエク初心者の方は、疑問がたくさんですよね。

まずは、マツエクとマスカラのメリット・デメリットをご紹介します。どちらが合っているかは、生活環境やメイク方法など人によって異なるものです。勢いでマツエクの施術をして後悔する前に、ぜひこの記事の情報を参考にしてみてくださいね。

マツエクのメリット・デメリット

【メリット】

・まつげの太さや長さ・カールの形状など、自由に決められるため、理想のまつげになる

・マスカラやビューラーを使わなくても、目を大きく見せられるため、目元のメイクの時短になる

・すっぴんに自信がつく

【デメリット】

・2~3週間に1度はリペアが必要なため、コストはマスカラより高くなる

・まぶたへの負担は、マスカラよりかかる

・オイルクレンジングはマツエクが剥がれやすくなるため使えない

・摩擦に弱いため、うつ伏せで寝る癖がある方や目をこする癖がある方は取れやすくなる

一番のメリットは「やはり理想のまつげが手に入ること」だと思います。ご自身のまつげにコンプレックスを感じていて、デメリットが気にならない場合は、マツエクにしてみても良いのではないでしょうか?

マスカラのメリット・デメリット

【メリット】

・その日の気分でカールの形状や色など、自分で決められる

・商品によってはかなりコスパが良い

・まつげの負担は少ない

【デメリット】

・毎日のメイクに時間がかかる

・長さや形状など、ビューラーやマスカラだけでは限界がある

・汗をかきやすい時期はマスカラが崩れやすくなる

マツエクに比べて、マスカラはメリットは弱くなります。しかし、その分デメリットが少なく使用するリスクも少ない、どなたでも使いやすいアイテムです。まつげのコンプレックスをあまり感じておらず、マツエクのデメリットが気になる場合はマスカラの方が合っているかもしれません。マツエクをする際は「試す」気持ちで施術することをおすすめします。

マツエクの施術前に準備すること!

image by iStockphoto

マツエクを初めてする方にとって、施術前は緊張しますよね。施術前に注意することを知っていれば、その緊張も少しは和らぎますし、予約を入れるタイミングも計りやすいはず。サロンによっては多少異なる場合もありますので、実際に予約を入れる時に必ず確認してくださいね。

・施術前までにアイメイクを落とす

アイシャドウやマスカラなど、アイメイクをしたままマツエクをつけるのは、とても不衛生。OKにしているサロンもありますが、持ちを良くするためには施術当日は施術した時間にもよりますが、クレンジングも避けるのがおすすめです。ぜひオフしてからサロンへ向かいましょう。

・コンタクトレンズは外す

当日つけて行っても、つけたまま施術をされることはないと思います。しかし外すよう促された時、コンタクトレンズケースがないと困りますよね。施術当日はメガネかコンタクトレンズケースを持参していくのがおすすめです。

マツエクの施術後はいくつか注意すべきことがある!

image by iStockphoto

「マスカラはしても大丈夫?」「メイク・クレンジングはいつも通りでも良いの?」など、初心者にありがちな疑問は、マツエク施術後のものが多いのではないでしょうか?ここからはそんな初心者さんが気になる疑問を中心に、施術後の注意すべきポイントをお届けします!

理想のまつげが作れ、メイクの時短にもなるメリットの多いマツエクですが、大体2~3週間程度で少しずつ外れ始めます。その時期は早く訪れる方もいれば、遅い方も。その違いは施術方法もありますが、多くは施術後の行動が大切です。

施術後にサロンのスタッフさんから説明があるはずですが「それもやっちゃダメなの?知らなかった…」なんて結果にならないように、事前に把握しておくことも大切ですよ。

施術した当日は細心の注意を!

マツエクが取れやすいのは、実は施術直後です。原因はマツエクをつける際に使用する専用接着剤のグルーにあります。

グルーは、完全に乾くまで約4~6時間程かかると言われおり、施術直後はまだ不安定な状態です。完全に乾くまでの間に水に濡れたり、刺激を与えたりすると取れやすくなってしまいます。汗や入浴などの湿気、強く風も取れやすくなる原因です。

夕方以降に施術を受ける方は、普段の入浴や寝る時間にも影響するので、予定を調整して予約入れましょう。慣れるまでは、時間に余裕を持てる休日の午前中に予約を入れることをおすすめします。どうしても仕事帰りなどに施術したい方は、翌日の朝に入浴するなどの工夫を。

アイメイクにも注意が必要!

・アイライン

まぶたのキワ、マツエクの根元に触れるようにラインを引くと刺激に繋がり、取れやすくなる原因になります。まつげの隙間を埋めるようにラインを引いている方は、注意が必要です。アイラインをやめる、暗めの濃いアイシャドウで目の際に触れないように代用するなど工夫しましょう。

・ビューラー

基本的には使用禁止です。ビューラーが必要にならないようにするには、入浴や洗顔後はドライヤーの冷風を下から当てるのがおすすめ。マツエクのデザインを保ちやすくなりますよ。

・マスカラ

ウォータープルーフのマスカラ以外は、基本的に使用できます。オフしやすいフィルムタイプがおすすめです。どうしてもウォータープルーフのものが必要な方は、マツエク専用のマスカラから選びましょう。マスカラを使う際は、根元は塗らないように注意してくださいね。

次のページを読む
1 2
Share: