マナー出産子育て礼儀作法

友人への妊娠報告はいつが最適?トラブルを避けるマナーを二児のママが解説

妊娠がわかると、嬉しさからすぐに身近な人に報告したくなってしまいますね。しかし妊娠や結婚は女性にとっては非常にデリケートな話題になりますし、妊娠中はトラブルも多いため、報告するタイミングは慎重にならなければなりません。友人との関係を良好に保つために必要なマナーを二児のママが解説致します。

妊娠報告はいつするのがベスト?

image by iStockphoto

妊娠発覚後は早い方だと4週目ごろからつわりが始まったり、心拍確認後までは初期流産の可能性が高い時期であったり、何かと母体のトラブルの多い時期です。不安定な時期だからこそ周囲の方への報告時期は慎重に決めたいですね。友人への妊娠報告のベストなタイミングを解説致します。

安定期に入ってから報告する方が大半!

友人への妊娠報告は「安定期に入ってから」している方が大半。実際、筆者の周りでも安定期に入ったからと話してくれる友人が多いですね。安定期はつわりが落ち着いて精神的にも楽になってくる時期ですから、積極的に友人と会う約束をしやすくなりますね。

妊娠初期のうちに早く報告したいと感じる方も多いと思いますが、初期のトラブルは予想以上に多いです。切迫流産や初期流産を経験している方、ひどい妊娠悪阻で寝たきりや入院している方など、仕事との両立や通常の日常生活を送ることが出来ないこともよくあります。妊娠初期は本当に不安的な時期ですから、自分は大丈夫と思っていても急に体調が悪化することも。むやみに報告することは避けた方が良いでしょう

本当に親しい親友には妊娠発覚直後の場合も

ごく一部の親友には妊娠発覚直後に報告したという方も多いです。筆者も親しい友人2人だけには事情があり早めに報告しました。万が一流産してしまった場合、報告済みの友人には流産の事実も伝えなければなりません。相手に気を遣わせてしまうことになりますし、今後の友人関係にも影響する可能性がありますから、伝える相手は慎重に選びましょう。

実際に筆者の周りでは妊娠後期に流産してしまった方がいます。周囲の方ほとんどに報告済みだったため、本人も連絡するのが本当に辛そうでしたし、無事に次のお子さんを出産するまでは数年連絡が途絶えてしまいました。お互いに気まずい思いをしてしまいますから、妊娠報告は慎重に行ってくださいね。

友人よりも職場への挨拶が優先

友人への報告も大切ですが、職場への挨拶や報告を優先させましょう。つわりがひどい場合や切迫流産で入院になったときには、職場の方に大きな迷惑をかけてしまうことがあります。時短勤務にしてもらったり、検診や体調不良でお休みをいただくことも増えますから、心拍が確認できたら直属の上司や身近な方だけには先に報告しておくのも良いでしょう

二人目妊娠は報告が遅くなる傾向が

すでに一人目の子供を出産している場合、二人目の妊娠報告は遅くなる傾向にあります。筆者も二人目妊娠時は特に周囲に連絡せず、出産後に報告した友人もいました。頻繁に会う機会があればそのタイミングで報告すれば良いですが、上の子が幼いうちは独身の友人となかなか会う機会がないことも多いですね。無理に報告しようとせず、機会があれば…と気楽に考えても良いでしょう。

妊娠報告はどうやってする?

image by iStockphoto

妊娠報告はどうやってしている方が多いでしょうか?共通の友人からのまた聞きのようになってしまうと、不快に感じる方もいますから、報告する順番には配慮すると良いですね。

直接会ったときに言うのがベスト

最も多いのは直接集まったときに伝える方法です。定期的に友人同士で女子会を開いている場合には、集まったタイミングで報告している方が多いですね。仲の良い友人に一斉に伝えることができますし、女子会も盛り上がります。たまたま欠席している友人がいる場合には、女子会直後に個別に報告の電話やメールをすると良いでしょう。自分だけ聞いていなかった…と感じると後々友人関係にひびが入ることもありますから注意してくださいね。

メールや電話で伝えることもできますが、おめでたい話ですから時間が取れるなら直接伝える方が良いでしょう。結婚や妊娠の時期になると、ライフスタイルの違いから女友達が疎遠になってしまうことも少なくありません。直接伝えることで、相手との絆も深まりますよ。

次のページを読む
1 2 3
Share: