コスメビューティーメイクライフスタイル家事掃除料理・食事洗濯

界面活性剤は身体に悪い?界面活性剤の種類と用途別役割を紹介

あなたは、界面活性剤にどんなイメージを持っていますか。「できるだけ、取り入れたくない」と思っている人も多いはず。しかし、本当に界面活性剤は悪い物質なのでしょうか。では、そもそも界面活性剤はどういったものなのか、種類や用途別役割についてご紹介しましょう。

そもそも界面活性剤ってなに?

image by iStockphoto

あなたは、界面活性剤という存在は知っていますか。

知っているという人でも、どういったものなのか詳しく知らない人も多いはず。

界面活性剤は、私たちに身近な存在。シャンプーやボディーソープ、台所洗剤などには界面活性剤が含まれています。

そもそも、この界面活性剤は界面の性質を変える作用がある物質

例えば、水分と油分を混ぜると混ざり合いません。水と油が混じり合わない部分には界面が存在し、界面活性剤を入れることで性質を変え、交じり合わせることができるようになります

界面活性剤には4つの種類がある

image by iStockphoto

普段、何げなく使っている界面活性剤。

実は、界面活性剤にも種類があり、大きく分けると4つの種類があり、用いられる用途も異なります。

では、それぞれの用途や特徴をご紹介しましょう。

殺菌効果もあるカチオン界面活性剤

カチオン界面活性剤は、洗濯用の柔軟剤やヘアリンス、殺虫剤などに用いられる界面活性剤。

特徴としては、繊維などに吸収する力があり、帯電防止の効果を得ることができます。

また、殺菌性があるため殺菌剤としての効果も発揮してくれるのが特徴です。

身近な存在でもあるアニオン界面活性剤

アニオン界面活性剤は、私たちの生活に知らないうちに取りいれられている界面活性剤。

例えば、シャンプーやボディーソープ、洗たく用洗剤などに含まれています。

特徴としては、泡立ちを良くし、乳化や分散性に優れており、洗い心地の良さを実感させてくれるでしょう。

また、温度の影響を受けにくいにも特徴です。

皮膚に優しい両性界面活性剤

界面活性剤と聞くと、「肌に悪そう」「身体に悪そう」といったイメージを持つ人も多いでしょう。

その中でも、両性界面活性剤は皮膚にマイルドな界面活性剤。

例えば、ボディーソープやシャンプー、台所用の洗剤などに用いられています。

特徴は、皮膚にマイルドであり、水への溶解性に優れているところ。

また、活性剤との相乗効果もあるため、様々な用途に用いることができます。

泡立ちが少ないノニオン界面活性剤

ノニオン界面活性剤は、洗濯用洗剤や分散剤、金属加工あぶら、乳化・可溶加材などに含まれている界面活性剤。

温度の影響を受けやすく、泡立ちが少ないのが特徴です。

また、疎水性と親水性のバランスを調整してくれる力があり、可溶化力や乳化に優れています。

界面活性剤の用途別役割とは

image by iStockphoto

界面活性剤という物質は、普段あまり意識することはないでしょう。

しかし、私たちが毎日使っているものの中に含まれています。

では、界面活性剤の用途別役割についてご紹介しましょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: