おすすめアイテムコスメビューティーボディケアリラックス女子力自分磨き

基本から本格的なケアまで!自分で簡単にできるネイルケアの方法とおすすめアイテム

あなたは、ネイルケアをしていますか。「時間がない」「面倒」といった理由から、ネイルケアをしていない人も多いのではないでしょうか。では、自分で簡単にできるネイルケアの方法や意外としらない正しいやすりの使い方、甘皮の処理方法をご紹介しましょう。

初心者でも不器用でもできる!普段からの基本ネイルケア方法とは

image by iStockphoto

あなたは、自分の自爪に自信がありますか。

ネイルケアというと、「面倒臭そう」「初心者には難しそう」と思われがち。

そのため、スキンケアやハンドケアはしているにも関わらず、ネイルケアはしていない人が多いでしょう。

しかし、ネイルケアはそんなに面倒なものでも難しいものでもありません。

では、普段からできる基本のネイルケアをご紹介しましょう。

1.ネイルにも保湿ケアを

ネイルケアというと、特別なアイテムや方法が必要と思いがちですが、決してそうではありません。

まず、爪も肌と同じように乾燥しやすいということを理解することが大切。乾燥しやすいと分かっていれば、「保湿しなければ」と自然と思うことができるはず。

そうすれば、ネイルも毎日のスキンケア同様に保湿ケアができるようになるでしょう。

ネイルの保湿ケアは、ネイル用オイルがおすすめ。面倒な人は、ネイルケアもできるハンドクリームを使えば、気軽に保湿ケアをすることができるでしょう。

2.爪周りの皮膚にも保湿ケア

手がカサカサしてくると、ハンドクリームを使ってケアしている人が多いでしょう。

そんな人は、爪の周りの皮膚にもクリームを塗っていますか。

ハンドクリームを塗る時、ついついカサカサする手の甲にばかり気を取られてしまいがち。

しかし、爪のことも考えれば爪周りの皮膚にもクリームを付けることが欠かせません。

手の甲を擦り合わせてクリームを馴染ませるだけでなく、指先まで綺麗にクリームを付けて、手全体の保湿をするように心がけましょう。

3.爪を伸ばしすぎない

女性は、爪を伸ばしている人が多いでしょう。確かに、ちゃんとケアした長い爪は綺麗なもの。

しかし、あまりケアしないのであれば、爪は伸ばしすぎない方が良いでしょう。

爪は長くすればするほど、刺激に弱くなり、清潔さに欠けてしまいます。

ただし、深爪には注意が必要。切り過ぎてしまうと、逆に皮膚や爪に負担がかかってしまいます。

爪は、白い部分を最低3ミリ程度は残すようにしましょう。

4.爪の長さ調節は爪切りではなく爪ヤスリで

あなたは、爪の長さを調節する際、何を使っていますか。

多くの人は爪切りを使っているのではないでしょうか。

実は、この爪切りというのも爪に大きなダメージを与えていることになります。

爪のダメージを抑え、長さを調節するためには、爪切りよりも爪ヤスリが理想的

また、爪ヤスリはお風呂上りなど、爪をやら若くしてから行うことがおすすめです。

5.マニキュア・除光液はダメージの少ないものを選ぶ

少しでも指先を綺麗に見せようと、自分でマニキュアを塗っている人も多いはず。

マニキュアが綺麗に塗られた指先というのは、女性らしくて魅力的です。

しかし、このマニキュアや除光液は爪に負担を与えていることを知る必要があります。

除光液に関して、米国皮膚科学会では月に2回以上使わないようにと推奨しているほど、爪に悪影響を及ぼしてしまう恐れが。

セルフネイルを楽しんでいる人は、マニキュアや除光液を選ぶ際、できるだけダメージの少ないものを選ぶようにしましょう。

正しい爪ヤスリの使い方と甘皮処理の方法

image by iStockphoto

ネイルサロンでケアをしてもらうと、爪ヤスリで綺麗に長さや形を整え、甘皮の処理をしてくれます。

このケアをすることで、自爪をより綺麗に見せることができ、自爪に自信が持てるようになるでしょう。

しかし、自分で行うとなると自信がない人も多いはず。

では、正しい爪ヤスリの使い方と甘皮処理の方法をご紹介しましょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: