おすすめアイテムアイデア・コツライフスタイル趣味

海外旅行の鍵は「準備」快適に旅する準備のコツ・便利グッズ・その他のコツはこれ!

海外旅行って、飛行機やホテルの予約から、現地でのスケジュール、空港までの交通手段だったり、結構準備する物がたくさんあって出発するまでの準備が大変だったりしますよね。数ある飛行機の中で何をチョイスするか、どこのホテルがいいのかなど、迷っているうちに予約が埋まってしまったり…。荷物も、あれもこれもと準備しているうちにスーツケースいっぱいになってしまって、取捨選択に迫られたり…。そこで今回は、これまでの海外旅行30ヶ国以上の経験のある筆者が、海外旅行を快適に旅するための準備や現地での過ごし方のコツを伝授してまいります。

海外旅行を快適にするかは準備にかかっている!?

image by iStockphoto

と、タイトルの通り言ってもいいほど、海外旅行というのは「準備」が大切です。なぜならば、答えはカンタン、「日本とはすべてが違う」から。環境も違うし、食べるものだって違う。たった数日間の旅でも準備をしっかりしておかないと、十分に楽しめなかったり、旅先で困ったことになったりと、いろいろ問題も起きるのです。

では、海外旅行を快適にするための準備のコツとは、具体的にどんなものなのか。項目ごとに分けてお伝えしていきます。

少しでもお得に旅行するために…必要な準備のコツ8つ

image by iStockphoto

海外旅行って、結構お金がかかりませんか?飛行機代はもちろん、国内の交通費、宿泊費にお土産代…などなど。どんなに現地の物価が日本より安くても、お金はかかるもの。まずは、事前準備として、少しでもお得に旅行をするために必要な準備のコツを○つお伝えしてまいります。

1.とにかく早く準備!予約しよう(特に飛行機)

image by iStockphoto

お得に旅をするならば、早く予約するのは必須です。航空券は、日にちが近づけば近づくほど高くなることがほとんど(たまに直前セールなんかもありますが稀)。ここに旅行に行こう!と思い立ったなら、すぐに予約をしましょう。そのためには、仕事をいつからいつまで休むのか、きちんと会社に有休の申請をすることもお忘れなく。おおよそ、3ヶ月前くらいには予約を完了させておきたいところです。

2.航空券はとにかく出発日と時間、値段を徹底比較すること

人気の国ならば、キャリアはたくさんありますので、ある程度比較ができると思います。出発日は、やはり金曜の夜遅くや土曜の朝イチは人気があって、お値段はお高め。このあたりは避けて予約できればベスト。

次にチェックするのは時間。朝早く、夜遅い時間帯はお値段も安めですが、その分朝が早いと空港までの電車が間に合わなかったり、夜中発だと何時間も前に空港に到着して待つ必要が…。そのあたりがクリアできるならば、朝や夜中の時間帯は比較的安くてオススメ。時間に見合う値段なのかも、徹底比較してみてください。

3.安いチケットにはトランジットに時間がかかるパターンもあるので注意しよう

航空券を比較していると、他のキャリアに比べてチケットが半額近くまで安くなっているものをチラホラ見つけることがあるはず。安さにつられて即予約!する前に、しっかりと時間を確認してみてください。安いチケットの多くは、LCCかトランジット(経由して乗り換え)便がほとんど。トランジットって、要するに乗り換えなので、時間がかかります。中には、経由地で10時間以上次に乗る飛行機を待つことも…。いくら安いからとはいえ、空港で10時間以上も待てますか?

安い値段で旅行できるのはいいけれど、目的地に到着する前に疲労でヘトヘト…なんてことのならないように、トランジットがある場合は所要時間をしっかりチェック!

4.とにかく安さを求めるならばLCCをチョイスして旅費を節約

安さを徹底重視して旅行をしたいというならば、LCCを選ぶことをオススメします。LCCとは、格安航空のことで、ネットでのチケット販売や、機内食などの廃止、都心に近い空港使用料の安い空港の発着によって通常よりも安く移動できる航空会社のこと。

ただし、機内食がないということは事前に何か食べ物を自分で調達しなければなりません。空港で販売されている食料は結構割高。空港使用料の安い空港は、都心から若干離れていたり、都心にでる交通手段があまりなかったりと不便な面も多いので、事前にしっかり調べておいた方が良いです。

5.セールなどで安宿をチェックして即予約

image by iStockphoto

宿泊に関しても、早めに予約することにこしたことはありませんが、今は色々な旅行サイト(agodaやexpediaなど)の日替わりセールなどで、格安に予約できたりもします。筆者のオススメはagoda!これまでも他のサイトと比較してきて微々たる差ではありますが、若干安い印象を受けます。

安さだけではなく便がいいかどうかもチェックしてから予約するように!

6.空港の送迎はナシ、自力で移動する方が安上がり

ホテルを予約すると、空港までの送迎をオプションで付けることができることが多いのですが、結構割高。ホテル・空港まで送ってくれることを考慮すれば、安心安全だし安上がりなのかもしれませんが、よほど夜中に到着する出発する便でない限りは、空港のリムジンバスや電車を利用した方が金銭的にはお得です。ただし、治安が悪い地域であれば、ホテルの送迎を付けた方が無難。

7.焦ることなかれ、ツアーは現地で予約しましょう

image by iStockphoto

ツアー予約は現地の方が確実に安いですので、現地予約がオススメ。日本の大手旅行会社(HISやJTBなど)は、ほとんどの地域に現地支店がありますので、そこを利用しましょう。もし、ある程度英語がわかる場合や、少し理解できればいい、現地を適当に案内してくれればOKというのであれば、現地の旅行会社での予約の方が格安。こんな価格でツアーに参加できるの?というほど安いのでびっくりですよ。

8.両替はむやみに日本でしない(クレジットのキャッシングを使用するのもオススメ)

両替をするにあたり、日本国内(空港)で両替するのと、現地で両替(現地空港はほとんど割高なのでオススメしません)するのと、通貨によってお得感が違います。たいていのガイドブックには記載があるので、チェック必須。損をしたくない人は、必要最低限のお金を日本で両替しておいて、残りは現地で両替するようにしましょう。

また、クレジットカードを持っている場合は、キャッシング機能を利用するのも○。キャッシングというと借金のイメージがどうしても付きまといますが、クレカひとつで現地のお金を引き出せて、しかも両替手数料がかからない(キャッシング手数料はかかります)ので、案外両替するよりも安かったりします。ただし、帰国したらすぐに返済をしないと、どんどん利息がついて高くついてしまうので要注意。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: