アイデア・コツライフスタイル料理・食事暮らしの工夫・知恵趣味

【家飲みのすすめ】家飲みのメリット&デメリットと簡単アイデアおつまみレシピ9選

居酒屋やバーではなく、家でお酒を楽しむ『家飲み(宅飲み)』。実はこの家飲みが、今若い世代の人を中心に、秘かなブームになりつつあります。そこでこの記事では、家飲みのメリットやデメリット、そして家飲みが盛り上がる簡単に作れるおつまみレシピをご紹介していきたいと思います。あなたも美味しいお酒とおつまみを用意して、家飲みを楽しんでみてくさいね!

■家飲みのメリットとは

image by iStockphoto

まずはじめに、家飲みの『メリット』についてご紹介していきます。街にはお酒を楽しめるおしゃれな飲食店がたくさんあるの、どうしてあえて家飲みをする人が増えているのでしょうか?詳しくその理由を見ていきましょう。

その1. 外で飲むよりもコスパがいい

家飲みの最大のメリットは、コスパが良いという事です。同じお酒を1杯飲むにしても、お店で出されるお酒にはサービス料などが含まれているので、お値段が高くなります。それならば、飲みたいお酒をスーパーやコンビニなどで買って家飲みした方が、断然費用を抑えることができるのです。

またお酒と一緒に食べるおつまみも、スーパーなどで買った方がお値段が安いことがほとんど。材料を買ってきて自分達で作れば、さらに費用を節約することができますね。予め予算を決めてから買い物に行けば、お会計の時にその金額の高さに驚くこともありません。家飲みをすることで、予算内で楽しくお酒を楽しむことができるようになりますよ!

その2. 時間を気にしなくていい

image by iStockphoto

外で飲み会をする場合、お店の混み合う時間帯や人気のお店を利用してしまうと、『2時間制でお願いします』などと、席の時間に制限が設けられる場合があります。これではゆっくりと話をすることができなくなってしまいますし、ちょうど話が盛り上がっているタイミングでお店を出なければならないなんてこともありえますよね。

ですが家飲みなら、そんなことはありません!時間を気にすることなく、ゆっくりと飲み会を楽しむことができますよ。また日頃のグチや恋愛相談など、他の人には聞かれたくないようなプライベートな話も、自宅なら周りの人を気にせずに話しをすることができます。

家飲みをするお家に泊まることができるのであれば、もし酔いつぶれて寝てしまっても大丈夫。終電を逃してしまって、高いタクシー代や宿泊代を払う心配もいりません。時間を気にせず、心ゆくまで楽しめますね。

その3. 服装に気を使わなくていい

外で食事をしたりお酒を飲む場合は、少なからず服装などの見た目に気を遣う必要があります。特に女性は、スッピンでというわけにはいかないので、お化粧をして身だしなみを整える時間と手間がかかってしまいますよね。

しかし家飲みなら、服装の気遣いは不要です!ラクな部屋着のままでも飲むことができますし、女子同士ならスッピンにパジャマという格好でもへっちゃら。眠くなったらそのまま眠ることができるなんて、最高に幸せですよね。

■家飲みのデメリット

image by iStockphoto

ここからは、家飲みの『デメリット』についてご紹介していきます。コスパがよくて時間に制限がなく、外よりもリラックスすることができると、メリットたくさんの家飲みですが、デメリットももちろんありますよ。主なデメリットは3つ。さっそく詳しく見ていきましょう。

その1. 準備や片付けの手間がかかる

image by iStockphoto

外の飲食店なら、お酒やおつまみを注文したら、後は店員さんが運んで来てくれるのを待つだけですが、家飲みではお酒やおつまみの買い出しから、料理などの全てを自分達でやらなければなりません。準備の段階から、みんなで楽しみながらできればさほど手間に感じないかもしれませんが、もしも家飲みをする家の人が1人で準備するようなことになってしまうと大変です!

人数が多ければそれだけたくさんのお酒やおつまみを用意しなければなりませんし、お酒は重いので運ぶのも一苦労。家飲みをする時には、準備を1人に任せてしまうのではなく、みんなで分担してやるようにしましょう。またお酒を楽しんだ後の後片付けも、もちろんみんなで済ませてから帰るようにしましょうね。

その2. お酒やおつまみのクオリティが下がる

家飲みをする場合は、お酒はスーパーやコンビニで買ったもの、おつまみもお惣菜やデリバリーなどを利用することが多くなると思います。そうなるとやはり、飲食店ほどの高いクオリティのお酒やおつまみを用意することはできません。そこは妥協する必要がでてきます。

もちろん料理が得意な人がいる場合は、本格的な手料理を頂くこともできるかもしれませんし、最近のお惣菜や冷凍食品のクオリティは素晴らしいので、それで満足できる可能性もあるでしょう。ただ、「今日はちょっと贅沢したいな」という時や、「美味しいお酒やおつまみが食べたい」という時には、飲食店を利用した方がよいかもしれませんね。

次のページを読む
1 2 3
Share: