アイデア・コツライフスタイル家事料理・食事

冷蔵庫の選び方のポイントは?アラサー主婦が重視するべき点を解説!

一度購入したら10年以上使用することも多い冷蔵庫。各メーカーから様々な機能がついたモデルが販売されていますが、何を重視して選べば良いか悩んでしまう方は多いですね。転勤族の妻である筆者が、数度の引っ越しを経て感じた冷蔵庫選びのポイントと、主婦目線で選ぶ便利な機能や買い替えのタイミングを解説致します。

冷蔵庫選びの基本

image by iStockphoto

冷蔵庫を買い替える時、種類が多くて何から選べばよいか悩んでしまいますね。小型のものから高性能機種まで比較すると、価格差は数万円から30万円以上と大きな幅があります。まずは冷蔵庫選びの際に参考にしたい基本事項を確認していきましょう。

#1 容量の目安は?

image by iStockphoto

一般的な容量の目安ですが、一人当たり70リットルの計算で、常備食材や予備のスペースとして170リットルを足して計算します。二人家族なら70×2+170=310リットル、四人家族なら70×4+170=450リットル、六人家族なら70×6+170=590リットルの計算ですね。

普段から冷凍ストックが多い家庭やまとめ買いをする方の場合には、これより大きめの冷蔵庫を選ぶと良いでしょう。冷蔵庫はすぐに買い替えられるものではありませんから、家族が増える予定がある場合にはその分大き目の冷蔵庫を購入しておくと間違いがありません。

#2 各社の省エネ性能の違いは?

最近は冷蔵庫の省エネがかなり進んでおり、正直どのメーカーの製品も省エネ性能に大きな差は出ていないようです。メーカーの優劣よりも、容量や値段による違いが大きくなります。値下げされていて安いからという理由で小さめの冷蔵庫を選んだ場合、上位機種の大型冷蔵庫の方が省エネ効果が高く電気代が安くなるという場合も。1~2人用の小型の冷蔵庫よりも400リットルを超えるもののほうが省エネ効率は高くなる傾向にあります。

大型の冷蔵庫だから電気代も高額…ということはないため、省エネを重視するなら高性能高価格帯のものを選ぶと良いでしょう。10年以上前の冷蔵庫と比較すると、近年の製品は毎月1000円以上も電気代が下がる可能性も高いそうですので、電気代が気になる方は買い替えも検討すると良いでしょう。

#3 冷蔵庫の平均使用年数は?

冷蔵庫の平均使用年数はおよそ10~15年程度と言われています。10年以内で最新機種に買い替えをする方もいれば、故障するまで使い続ける方も多く、平均すると12年程度になるようですね。筆者も故障するまでは使い続けたいと考えていますが、10年を超えてくると故障する可能性も高まります

冷凍庫に霜がびっしりついていたり、氷冷皿に氷が作られていない…など小さなトラブルが故障の兆候になる場合も。冷蔵庫は常備食材も多く、急な故障時には生活に大変不便します。古い冷蔵庫の場合メーカー側も部品を保管しておらず、修理不能となってしまう可能性も。使用年数が長くなってきたら買い替えも視野にいれておくと安心ですね。

#4 型落ちやセール時期はいつ?

どうせ買い替えるなら、型落ちやセール時を狙ってお得に手に入れたいと考える方は多いですね。各社の新モデルの発売時期は9~11月のものが多いため、冷蔵庫の型落ちを狙うなら8月中旬~9月ごろにかけてが狙い時です。8月になったら下見をして、機種の狙いを定めておくと良いでしょう。

2月下旬~3月末に行われる大手量販店の決算セールを狙う方法もあります。3月末は決算前で多くの売り場で割引セールが行われ、値引き交渉もしやすい雰囲気がありますね。季節に関わらず、家電量販店へ行くと販売促進のためにメーカーの方が販売スタッフとして出張している場合もあります。メーカーの方との直接交渉になり、大きく値引きしてもらえる可能性が高いですから、買い替えを検討している際には頻繁に店舗へ足を運ぶのも良いでしょう。

#5 店頭販売の利点は?

近年では家電製品もネット販売に注力されており、ヨドバシカメラやヤマダ電機などの大手量販店、Amazonや楽天などのネットショップでの購入も簡単になってきていますね。店頭で購入すべきか、ネット販売を利用すべきか悩んでいる方もいるでしょう。

店頭販売の利点は何と言っても実物を目で見て感じることができる点です。いくら採寸していても、いざ届いてみたら大きすぎたり小さすぎたりイメージと違っていた…という失敗を防ぐことができます。冷蔵庫は毎日何度も開け閉めするものですから、ちょっとしたポケットの位置や使い勝手なども、実物を見て決めたほうが間違いがないでしょう。

実店舗での購入の場合、直接値引き交渉をしたり、配送設置料金やアフターサービスが無料で付属したりという利点もありますね。時期によっては大幅な値引きの提示、下取りを行ってくれる場合もありますから、結果的にネットショップより安く購入できることも多いです。

#6 ネットショップの利点は?

ネットショップの良い点はオールシーズン通して低価格で購入しやすいこと、他サイトとの価格比較が容易なこと、在庫が豊富で取り寄せなど面倒な手間がないことがあげられます。即日配送をうたうサイトもありますね。日中どうしても店舗に行けない場合に、いつでもすぐに購入できるのは大きなメリットです。

大手のネットショップの場合、製品ごとの口コミなどを確認できるのも良い点ですね。店頭販売では担当してもらう販売員の方の情報に影響されやすくなりますが、口コミでしたらユーザーの方の実生活に基づいた多角的な意見を知ることができます。余計な機能や実際の使い勝手を知るチャンスですから、筆者は必ず確認するようにしていますよ。

時期やタイミングによってもどちらがお得に購入できるかは変わります。時間があればネットショップで希望する製品を絞り込み、店舗で実物を確認し、双方の値段の比較を行うと良いですね。

次のページを読む
1 2 3
Share: