ライフスタイル仕事自分磨き

仕事がうまくいかない時に自分を励ます6つの呪文

会社勤め、フリーランス、在宅仕事などなど、どんな仕事でもうまくいかない時ってありますよね。それは自分が失敗した時もそうですし、他の要因が重なってどうしようもない時もあると思います。そんな時どうしても落ち込んだり仕事そのものにストレスを感じたりしませんか。そんな時には自分で自分を励ましながら気持ちを上向きにするしかありません。そこで学生時代はアルバイト、結婚前は会社員、現在はフリーランスの私が、仕事が上手くいかない時に唱えてきた呪文を並べてみました。いくつか決まった言葉を決めておけば、意外と気持ちが落ち着くんですよ。

#1 自分のミスが原因の時に唱える呪文3つ

image by iStockphoto

ミスを全くしない完璧な人などいません。多かれ少なかれ、みんなミスをします。でも自分のミスで仕事が遅延したり会社の仲間にしわ寄せがいくと、やはりとても辛いですよね。申し訳ない気持ちになりますし、周囲から責められている気持でいっぱいになります。けれども、ミスをした本人が腐っていたのでは周囲も困りますよ。何とか気持ちを奮い立たせて、挽回していきましょう。

その1:「でも」を封印する!

仕事でミスをしたら、どうしても言い訳したくなりませんか。これが本来の実力ではないことや、原因が自分だけにないことなどを説明して楽になりたいと思う気持ちは正直あると思います。けれど周りにどんなに主張してもミスが無くなるわけではありません。それどころか、周囲は言い訳をする姿を見たら、責任を取りたくない人だと感じます。ミスをしたときの「でも」は、あなたの価値を下げるだけかもしれませんよ。

自分から「でも」と言い訳をしない。これだけで、周囲からの印象はずいぶん変わります。もちろん、原因を聞かれたらきちんと説明してください。自分を守るために「でもでも、だって」とごねる姿だけは封印しましょう。

その2:こんな時こそホウレンソウだ

image by iStockphoto

ホウレンソウとは、報告・連絡・相談ですね。ミスをしたら叱られることが嫌でつい隠したくなりませんか。ちょっとくらいのミスなら大丈夫、このくらいなら報告不要、などとミスを報告しないのは良くありません。ミスをしたら、程度を自分で判断せず、上司に相談してみましょう。怒られるかもしれませんが、最初に相談してしまえば的確なアドバイスがもらえる可能性も多々あります。

自分で判断して、ミスにミスを重ねるのが一番ダメなパターン。会社にも大きな損害を与えかねません。一人で抱え込み思い悩まず、ホウレンソウしましょう。

その3:過剰に卑屈にならないぞ

ミスをしてしまうと、どうしても自分の能力がないからだと自分を責めてしまいませんか。原因や結果を見て反省するのは良いことですよね。同じミスを防ぐことができますし、次につながっていきます。ですが「自分には何もない」「どうせ私なんかダメ」「他人と比べて能力がなさすぎる」と、自分を過剰に卑下するのは良くありません。

それは自分で自分を傷つけるだけです。そして、職場でそんな態度を取っていたら、周囲も嫌な気持ちになりますよ。落ち込む気持ちは痛いほどわかりますが、社会人として周囲にこれ以上迷惑をかけないよう、プライドを保ちましょう。

#2 巡りあわせが悪いとしか思えない時の呪文3つ

image by iStockphoto

重大なミスもしていない、特に仕事の質を落としたとも思えない。それなのに、どうしても仕事がうまくいかない時ってありませんか。特にフリーランスですと、コンペで競り負けたり営業がうまくいかなかったり、仕事を突然切られたりなどなど。それが同じ時期に重なってしまって、どうにもならず……何となく巡り合わせが悪いとしか思えない時があるんです。そんな時は思い悩んでも辛いだけですよね。前に進むために、前向きな気持ちになれるよう、自分の機嫌を取るしかないのかもしれません。

その1:勉強できてよかったな

image by iStockphoto

コンペに落選したり、仕事を切られたりするのは、諸事情あるとは思いますが自分の実力不足を感じますね。仕方のない事ですが、やはり自分の能力は今あるだけ。仕事がうまくいかないなら、うまくいくような実力を手に入れるしかないんですね。私も自分に言い聞かせる時には、勉強できてよかった、そのうち成果に繋がることもあるよと言う風にしています。

成長するいいきっかけになれば儲けもの。気持ちを切り替えて前に進みましょう。ひとつひとつ経験を重ねて、実力をつけていきたいですね。仕事がうまくいかない時は辛い時期ですが、辛いだけではなくもう一つ何か別の感情を付け加えて自分を励ましましょう。

その2:理由を無理に突き詰めないように!

本当は仕事はすべて成功するのが一番いいですよね。でも実際問題として、何となくダメな時ってあるじゃないですか。そんな時に何故そうなのかと理由を突き詰めていたら、余計に疲れてしまいます。なんとなーく運気が低下してるのかもね、くらいの心構えで乗り切る気持ちも大切ですよ。時と場合にもよりますが、とことん理由を突き詰めたところで、幸せが待っているとは限りません。

巡り合わせが悪いと感じたら、肩の力を抜いてみてください。今まで積み上げてきたものがあるのですから、そのうち何とかなるくらいの気持ちを持ちましょう。ちなみに私は、行き詰まった時には考えるのをやめて運動します。肩の筋肉をほぐしリラックスできたら、良いアイデアが浮かんだりしますよ。

次のページを読む
1 2
Share: