おすすめアイテムコスメビューティーメイク女子力自分磨き

今更聞けない!オルチャンメイクの5つのポイントとおすすめコスメ5選

あなたは、オルチャンメイクを知っていますか。「実は、どんなメイクなのか詳しくは知らない」という人も多いはず。そんな人は、この機会にオルチャンメイクにチャレンジしてみませんか。では、オルチャンメイクの意味や5つのポイント、オルチャンメイクを叶えてくれるおすすめコスメをご紹介しましょう。

今更聞けない!オルチャンメイクとは?

image by iStockphoto

メイクも、洋服や髪形同様に流行があります。

そんな流行メイクの中には、韓国からきたオルチャンメイクも上げられるでしょう。

「オルチャンメイクは効いたことがあるけれど、どんなメイクか分からない」と言う人もいるはず。

オルチャンには、かわいいや美人といった意味があり、美人メイク、可愛いメイクといった意味合いがあります。

韓国アイドルなどに憧れを抱いている女性にとっては、理想的なメイクといえるのではないでしょうか。

オルチャンメイクも時代と共に変化していますから、今年流のオルチャンメイクを取り入れてみませんか。

オルチャンメイク5つのポイントとは?

image by iStockphoto

オルチャンメイクも、年々変化しています。

今からオルチャンメイクをするのであれば、やはりポイントを抑えたメイクが必要。

では、今のオルチャンメイクのポイントをご紹介しましょう。

1.マット感と透明感ある肌を作る

オルチャンメイクでは、ベースメイクが重要。

イメージは、マット感がありながらも、透明感ある肌を作ること。

そのためには、コントロールカラー機能のある下地で肌を整えることがポイント。肌の赤みを抑えるためには、グリーン。透明感を出したいのであれば、パープル。明るい肌を作るのであれば、ピンクを用いることで、理想的な肌に仕上げることができるでしょう。

下地で肌を整えたら、次はファンデーション。

ファンデーションは、顔の外側に向かって放射線状に馴染ませていくことがポイント。ファンデーションを伸ばす際には、最初は手で馴染ませ、ある程度馴染ませたらスポンジで伸ばしていきましょう。

そして、ニキビ跡はクマなどを隠したい場所はコンシーラーを馴染ませて、カバーしていきます。

最後は艶を出してくれる効果のあるフェイスパウダーを使えば、理想的なベースメイクに仕上がるでしょう。

2.涙袋を作る

メイクの際、アイメイクにこだわりを持っている人も多いはず。

しかし、オルチャンメイクではポイントが変わってきます。アイメイクのポイントは、涙袋

いつも通りアイホールにアイシャドウを塗り、アイラインを引いたら、目の下に涙袋を作りましょう。

下瞼のカーブに合せて、ぷっくらと膨らんだ涙袋を白のアイシャドウで作ります。そして、眉ペンシルを使って涙袋の下部分に影を描き、綿棒などでぼかせば自然な涙袋が完成。

その後は、いつも通りビューラー、マスカラで仕上げます。

こうして涙袋を作ることで、うるんだような瞳を作ることができ、魅力的なメイクへと仕上げることができるでしょう。

3.眉毛は太目でナチュラルが基本

あなたは、普段どのような眉を描いていますか。

オルチャンメイクでは、眉はナチュラルが基本

眉山などもあまり強調せず、太目なナチュラル眉を描くようにしましょう。

描く際には、眉の下部分を並行になるように描き、眉尻は少し垂れさせます。

次に、上部分を描き、中を埋めていきましょう。

最後は、眉パウダーを軽く乗せればナチュラルな眉が描けます。

4.スッとした鼻筋を作る

オルチャンメイクでは、鼻筋を意識することもポイント。

普段のメイクでは、ノーズシャドウなどを使っていない人も多いと思いますが、せっかくオルチャンメイクにチャレンジするのであれば、ノーズシャドウ、ハイライトをを使って鼻筋もメイクしていきましょう。

やり方は、簡単。

ハイライトは、両眉の上あたり、おでこから鼻に向かってすっと入れます。そして、眉尻から目の下に向かってすっと両方に入れましょう。最後は、口の下部部に入れればOK。

ノーズシャドウは、眉頭から、鼻筋を通って鼻のワキまで両サイド入れます。

ハイライトは、白すぎると浮いてしまう為、ピンクやベージュ系のカラーがおすすめ。

ノースシャドウは、濃い目のファンデーションを使ってもOKです。

5.リップメイクはグラデーションを作る

リップメイクは、グロスや口紅などをスッと縫って終わらせている人が多いはず。

しかし、オルチャンメイクはひと手間加えます。

まずは、唇をコンシーラーで抑え、内側に赤いリップを塗りましょう。

そこに透明やピンクのグロスを乗せれば完成。

グラデーションの利いた、魅力的な唇に仕上がります。

次のページを読む
1 2 3
Share: