マナー礼儀作法

引っ越し祝いのマナーってある?マナーを知って喜ばれる引っ越し祝いを贈ろう!

大人になると、車や家財道具など大きな買い物をするようになりますよね。家もその中の一つで、結婚や出産に伴って引っ越す方も多いです。知人が引っ越した際には引っ越し祝いを考えるかと思いますが、贈り方のマナーに不安はありませんか?こちらでは引っ越し祝いに関するイロハをご紹介していますので、大人の常識としてぜひ覚えていってくださいね。

そもそも引っ越し祝いとは?

image by iStockphoto

読んで字のごとく、誰かが家を引っ越した際に贈るギフトを引っ越し祝いと呼びます。しかし厳密にはちょっとした違いがあり、引っ越し祝いと表現しないケースもあるのですよ。せっかくなので、ここで引っ越し祝いというものの定義について確認しておきましょう。

引っ越し=引っ越し祝いではない!?

引越し先が中古物件の場合は「引っ越し祝い」で正解ですが、家を建てた・新築マンションに越したという場合には「新築祝い」となるのですよ。また企業の店舗移動の際には「移転祝い」と、住居や拠点が移るからといって全て引っ越し祝いにはならないのですね。引っ越し祝い・新築祝いの内容はあまり変わりませんが、のし紙の表書きに関わる部分なので、名称の使い分け方も心得ておくと便利でしょう。

▼振り返りポイント

・新築物件に越す場合は「新築祝い」。

・店舗などの移転であれば「移転祝い」。

引っ越し祝いの相場はどのくらい?

image by iStockphoto

贈り物の例にもれず、引っ越し祝いもお相手によって相場が変わってきます。一般的な額とあまりにかけ離れたものを贈ってしまうと気を遣わせてしまいますから、相場をチェックしたうえでギフト選びに進む必要がありますね。また金銭で贈る場合の形式についてもここで一緒に確認しておきましょう。

相手との関係別にチェック

引っ越し祝いは物入りのタイミングということもあり、日常的な贈り物の中では比較的高額となる傾向にあるようです。相場は以下の通りですので、親しさやお財布事情に合せて額を調整するようにしましょう。

・友人や職場関係の人には5,000~1万円

・兄弟や親戚には1~3万円

金銭で贈るなら…

新しい生活を応援する、肯定的な意味を持つ引っ越し祝いでは、金銭を包む際に祝儀袋を用意しましょう。以下にイラスト付きでご紹介しておきますので、現金を贈る場合の参考にしてくださいね。

次のページを読む
1 2 3
Share: