マナー出産子育て

出産後すぐのイベント!お宮参りのマナーって?

赤ちゃんが産まれると何かと慌ただしいことが続きますが、そんな中でも家族のイベントは積極的に計画していきたいですよね。赤ちゃんと初めて一緒に外に出るというケースも多いお宮参りは、数ある行事の中でも特別なものでしょう。そんなお宮参りをするための決まりごとやマナーについて、こちらで一緒に確認していきましょう。

お宮参りをする意味・時期は?

image by iStockphoto

聞いたことはあっても、理由や時期などお宮参りの詳細は知らないという方もいらっしゃるでしょう。まずは本質について理解していただき、赤ちゃんにもご両親にとっても有意義なお宮参りになるようにしてくださいね。

お宮参りで子どもの健康を祈願

お宮参りはその名のとおり、赤ちゃんと神社に参拝することがメインの儀式です。お宮参りで産土神(うぶすながみ)・氏神さまにご挨拶するとともに、「今後はこの子もよろしくお願いします」と赤ちゃんの健康と長寿をお祈りするという目的があるのですよ。

ちなみに産土神さまは産まれた土地縁の神様で、氏神さまは住んでいる土地縁の神様のことをいいます。本来お宮参りは産土神にお参りするものでしたが、昔とは違い産まれた土地にずっといる方は少ないでしょうし、難しく考えずお近くの神社にお宮参りしても問題ありませんよ

生後1ヵ月ほどが目安

お宮参りに行く時期は、本来男の子は生後31日目、女の子は生後32日目とされていました。しかしパパさんがどうしても休めないこともあるでしょうし、ママさんの体調が優れない日と重なるかもしれませんね。ですからあまり細かく捉えずに、お宮参りは生後1ヵ月前後に行けば良い、と考えればOKですよ

▼振り返りポイント

・お宮参りは子どもの健康と長寿を願うために行なうもの。

・お宮参りには生後1ヵ月前後で、無理のない日を選ぶこと。

お参りの仕方をチェック!

image by iStockphoto

お宮参りは神社に参拝してこそ意味があるものですから、きちんとお参りして赤ちゃんの健康祈願としたいものですよね。普段神社に足を運ばないとお参りの仕方を忘れてしまいがちですから、ここでしっかりおさらいしてくださいね。

神社に入ってから出るまでのマナーをおさらい!

神社参拝時に注意すべきことは、参道と鳥居を行き来する時・お清めの仕方・拝礼方法の3つです。それぞれ以下のとおりですので、おさらいのつもりでチェックしておきましょう。

[参道と鳥居での注意]

・参道の中央は神様の通り道と考えられているため、参道の端や砂利道を歩くこと。

・鳥居をくぐる際はお辞儀をするか、心の中で「お邪魔します・お邪魔しました」と言うこと。

[手水舎でのお清め]

1.右手で柄杓を持ち、左手に水をかける。

2.柄杓を左手に持ち替え、右手に水をかける。

3.柄杓を右手に持ち直し、左手に水を溜めて口をすすぐ(すすいだ水は水瓶の足元に出すこと)。

4.左手に水をかける。

5.最後に柄杓ですくった水が持ち手にかかるようにし、柄杓は伏せて立てかけておく。

※赤ちゃんには手などに軽くかけてあげるのみでOK。

[拝礼方法]

1.お賽銭を入れる(投げ入れないこと)。

2.鐘を軽く振り鳴らす。

3.ニ礼四拍手一礼で手を合わせる。

4.最後に軽く一礼する。

次のページを読む
1 2 3
Share: