おすすめアイテムコスメビューティーボディケアリラックス女子力自分磨き

ハンドクリームと言えばロクシタン!至福の香りで癒されるおすすめアイテム7選

上品なローズやラベンダー、春の爽やかなサクラ、ユニセックスに使えるヴァーベナなど香りが良いと評判の「ロクシタン」のハンドクリーム。香りだけでなく保湿効果も高いハンドクリームは、ロクシタンの強みです。今回は、そんなロクシタンの人気のハンドクリームをピックアップしてご紹介するのでぜひチェックしてみてくださいね!

ポーチの中の必需品!みんなが持っているロクシタンのハンドクリーム

image by iStockphoto

皆さんは、ハンドクリームを選ぶときに何に重視して選んでいますか?感触、香り、価格など選ばれる理由はさまざまですよね。その中でも特に女性から圧倒的な人気を誇るロクシタンのハンドクリームは、香りも保湿力もトップクラスのアイテム!しかもお値段もお手頃なため気分に合わせて変えてみるのもおすすめ◎

今回は世界中で愛されている人気のロクシタンのハンドクリームの魅力についてたっぷりとご紹介します!

世界中で愛されている「ロクシタン」とは?

デパートや百貨店などで取り扱いされている、ロクシタン。お店の前を通ると魅惑的な香りが広がり、思わず足を止めてしまう方も多いですよね。

ロクシタンは、1976年に南仏プロヴァンス地方の伝統と原料を厳選して作られたコスメティックブランド。ロクシタンの主原料は、プロヴァンス地方または地中海沿岸で生産された、オーガニックの植物素材。プロヴァンスの豊かな暮らしの中で作られた、テクスチャーや香りは、世界中で愛されているブランドに。ラインナップも豊富で、スキンケア・ハンドクリーム・ヘアケアまでユニセックスで使用できるものが多いのも人気の秘密です。

ロクシタンのハンドクリームが選ばれている理由

image by iStockphoto

ロクシタンと言えばハンドクリームを1番に想像される方いらっしゃいますよね。それほど、ロクシタンの中でも定番の人気商品ですが、なぜこんなにも人気なのでしょうか?ロクシタンのハンドクリームの特徴を3つご紹介します。

【特徴1】植物由来の香りでリラックス効果も

ロクシタンのハンドクリームを選ばれている方の大きな理由は、他のブランドにはない植物由来の爽やかで上品な香りではないでしょうか。ロクシタンは、植物療法とアロマテラピーの原則に従って開発された、高品質の製品を提供。プロヴァンスのライフスタイルにインスピレーションを受けた優雅な香りは、使うたびに幸せと癒しを与えてくれます。

また季節によって限定商品も発売。特に春らしい「チェリーブロッサム」は、初恋を思わせるような甘酸っぱい香りが広がります。

ロクシタンは最初、「香りがきつい」と思われがちですが、時間が経つにつれて自然と馴染むので、香水代わりに付けている方も多いですよ!男性にも好評の「ヴァーベナ」は、リラックス効果も高く寝る前に付けるとリラックスした気持ちになります◎

【特徴2】全国展開で購入しやすい

ロクシタンは百貨店や駅ビルなどでよく見かけますよね。全国でも多数店舗を拡大しているため、気になるアイテムがあれば気軽にチェックできるのも嬉しいポイント◎また公式サイトや楽天などのネット通販でも販売されているため忙しい方にも買い物しやすく、特にハンドクリームはロクシタンの中でも人気アイテムのため限定ギフトボックスでの販売もあるのでチェックしてみてくださいね。

筆者はよく海外に行った際に免税店でロクシタンを購入します。お土産としてもハンドクリームは喜ばれるのでおすすめですよ◎

【特徴3】お値段もお手頃でギフトに最適

ロクシタンのハンドクリームは、1本約1500円で購入できます。少量でしっかりと伸びるため、コスパ面でも満足度が高いでしょう。またシンプルな見た目とチューブタイプで持ち運びにも便利。カバンに入れてもかさばらないため、毎日のお出かけ時には持っていきたいアイテム。

ロクシタンはその高級感のある香りでプレゼントで選ばれる方も多いです。1500円から3900円とサイズや香りによってさまざま。最近では結婚式などの内祝いやプチギフトとして贈る方も多いそうですよ!ぜひ感謝の気持ちを込めて、ロクシタンのハンドクリームを贈ってみてはいかがでしょうか。

ロクシタンのおすすめのハンドクリームのラインナップをご紹介

image by iStockphoto

次に、筆者も実際に使用したことがあるおすすめのハンドクリームをご紹介します!特に筆者はローズのハンドクリームが好きで、バッグに常に入れているほど長年愛用しているアイテムの1つ。また母の日のプレゼントとして贈ったりとどの世代からでも受け入れやすいブランドなのも良いですよね。ぜひプレゼント選びで悩まれた方は、参考にしてみてくださいね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: