マナー冠婚葬祭

結婚前の両家顔合わせの段どりは?アラサー主婦がポイントを解説!

プロポーズ後は両家顔合わせや式場の手配など面倒な手続きや段取りがたくさんあり、時間が足りないくらい慌ただしくなりますね。結婚を家と家の繋がり…と考える人も多いですから、両家の仲を二人で取り持つことが大切です。お互いの第一印象を左右する両家顔合わせで気をつけたい点をアラサー主婦が解説致します。

顔合わせの段どりは?

image by iStockphoto

プロポーズ後にまず考えたいのが、両家の顔合わせの日程や結納の日取りですね。顔合わせが初対面となることも多いですから、印象を良くするためにできることはすべて行いましょう。残念な話にはなりますが、実際に両家の両親との折り合いが悪く破談になってしまった方を筆者は知っています。祝福されて円満に結婚の日を迎えられるように二人で協力し合えると良いですね。

日程はいつにする?

まず決めるのは顔合わせの日程です。それぞれの実家へ挨拶へ行った際などに、都合の良い日程を確認しておくと良いでしょう。顔合わせの日程は、結婚式の6か月前頃までに済ませる方が多いようですね。プロポーズをして、挨拶を済ませた後に顔合わせをスムーズに行っておくと、その後の結納や結婚式、入籍までの日程が立てやすいです。

年配の方は日柄にこだわる方が多くいらっしゃいます。筆者の両親もそうですが、「おめでたいことは必ず大安に」というこだわりが強い年代ですね。相手のご両親が日柄を気にするタイプの方かどうかはしっかりチェックしておきましょう。顔合わせの日程だけでなく、結納や結婚式の日取りにも影響します

ランチかディナーか

日程が決まったらお昼の会食にするか夜の会食にするかを決めます。12~14時、もしくは18~20時ごろを選ぶ方がほとんどですね。夜遅くなっても大丈夫かどうか、お酒をどのくらい飲むか、夜景などの雰囲気を重視するか、格式を重視するかを見極めて時間帯を定めると良いでしょう。悩むようであればランチの時間帯にしておくのが無難です。

会場はどこにする?

両家顔合わせに利用する会場として、一流ホテル・料亭・レストランなどを利用する方が多いですね。一生に一度のことですから、格式の高い会場を選んでおくと安心です。それぞれの両親の意向を確認した上でセッティングしてくださいね。個室のある会場を選べば気兼ねなく話をすることができておすすめです。

格式の高い多くの会場では、結納や顔合わせ用の特別なコースなどが用意されている場合が多いですから確認してみましょう。メニューの内容が海老や鯛を利用したような「祝い膳」になっていたり、乾杯酒がセットになっているものなど、食事の手配も簡単です。お祝い用のコースを用意している会場であれば、顔合わせの段どりも手慣れていますし、安心してお任せすることができますね。

両家の実家が中遠距離の場合には、中間地点の都市を会場に選ぶ場合が多いです。両家の負担を公平にすることで今後の関係も良好になります。一方に負担を強いることのないように、慎重に決めてくださいね。適当な場所が見当たらず、一方のみ宿泊を要する場合には結婚する当人同士で交通費や宿泊費を負担するなど気遣いを見せると良いでしょう。

出席する人数は?

出席する人数は両親+当人を含めた6人で行うことが多いです。近い親族の顔合わせも同時に行う場合もあり、兄弟姉妹やその伴侶を含めることもあります。両家の人数比が極端に違わなければ問題ありません。会場は向かい合わせの席が用意されることが多いですから、バランスのとれた人数を意識しましょう。

料金の相場は?

両家顔合わせの料金相場はランチタイムであれば五千円~一万円のコース、ディナーであれば一万円~二万円弱のコースを選ぶ方が多いですね。個室を選択した場合には個室料やドリンク代が別途かかります。都市部の会場であれば場所柄料金が高額になりやすいですね。総額として5~10万程度を想定している方が多いです。顔合わせプランを用意している会場はインターネットでも多数見つけることができますから、先に予算を設定して絞り込むと失敗がありません

支払い分担まできっちり決めておく

必ず先に決めておきたいのが、支払い分担。晴れの席ですから、支払いで戸惑うことがあるのは野暮ですね。両家の負担を公平にするために、完全に両家折半にする場合が多いです。人数比が異なる場合には人数割で折半するなど事前に取り決めておくと安心ですね。支払いをどうするか事前に伝えておくことで余計な心配をかけずに済みます

互いの両親が支払いを行う場合もあれば、当人同士が招待という形で全額支払う場合も。親の立場からすると子供に払わせたくない…と感じることもありますね。お手洗いに離席したタイミングを利用して支払いを済ませておくなど配慮し、スムーズに行いましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: