アイデア・コツライフスタイル家事掃除暮らしの工夫・知恵

効率よくサクサク済ませる!時短でピカピカ大掃除のコツ教えます

12月は師走と言われるように忙しくあっという間に過ぎてしまいますが、年末しっかりとやっておきたいことのひとつが、おうちの大掃除なのではないでしょうか。「今日こそはやらなくちゃ」と思っていても、なかなか重い腰が上がらない…それなら今年は、効率よくサクッと大掃除を済ませちゃいましょう!今回は誰でもすぐに実践できちゃう、時短でピカピカな部屋が目指せる大掃除のコツをご紹介します!

楽ちん大掃除で気持ちの負担も軽く!

image by iStockphoto

私はちょっとズボラな新米主婦。いろいろ家事がありますが、その中でも苦手意識を感じていたのが大掃除でした。あれもこれもと考えるだけで気が重くて、なかなか手が進まない…。ですが今回紹介する大掃除のコツは、ズボラな私でも簡単に取り入れられたものばかりなんですよ!普段からしっかりと掃除をしていても、半年、1年と経つと細かいところに汚れが溜まっているもの。楽ちん大掃除で気持ち良く新年を迎えましょう。

大掃除で大切なポイントって?

image by iStockphoto

大掃除をいざ始めようと思っても、いったい何から手を付けたらよいのか分かりませんよね。まずは大掃除で大切なポイントを押さえておきましょう!

掃除の基本は上から下へ

目についた部分からいきなり掃除するのはNG!例えばフローリングを掃除してからエアコン掃除をすると、エアコン掃除をした際のホコリなどが下に落ちるので、またフローリング掃除をすることになってしまい二度手間です。掃除の基本は「上から下へ」ということを覚えておきましょう。順番をよく考えてから掃除を始めることで、手間をかけず段取りよく掃除を進めることができますね。

物の分量を減らそう

どんなに片付けをしようとしても、そもそも物が多すぎると収納場所に収まりませんし、自分自身でも何を持っているのか分かりにくくなります。大掃除というタイミングを使って、この1年使わなかったものを処分してみたり、着なかった服を整理してみたり、思い切って量を減らすことが大切ですよ。

「もったいなくて捨てられない」という方もいるかもしれませんが、ずっと着ないままの服がクローゼットを占領している方がもったいない!不要なものに家賃を払っていることになりますし、物が多いと本当に必要なものを探す時間も取られてしまいます。自分にとって必要なものを精査して残すことで、部屋の居心地も良くなりますし、整理整頓もしやすくなるんです。捨てるということをネガティブに捉えるのではなく、これからの暮らしをスムーズにするためのポジティブな作業として捉えてみると、意識が変わるかもしれませんね。

汚れの種類と洗剤の関係

家の中にはさまざまなタイプの汚れがありますが、大きく分けると酸性とアルカリ性の汚れに分けられます。酸性の汚れというのは、例えばコンロ周りに付きがちな油汚れ。アルカリ性の汚れというのは、お風呂やキッチンなど水回りに付きがちな水あかなどです。酸性の汚れには、アルカリ性の洗剤やアルカリ性の重曹・セスキ炭酸ソーダなどが効果的。アルカリ性の汚れには、酸性の洗剤やお酢・クエン酸など効果的ですよ。落としたい汚れのタイプをよく見極めることで汚れ落ちが格段に変わってくるので、汚れと反対の性質の洗剤を使ってサクサク大掃除を進めましょう。

自分でできないことはプロに任せるのもOK

何でもかんでも自分で掃除しようと思うと気が重いですし、頑固な汚れが蓄積しているような部分に手間取っていると、体力的にも精神的にもグッタリ。大掃除に時間がかかってしまいます。また素人が手を出してはいけない部分もありますよね。自分では難しい部分やどうしても気乗りしない部分に関しては、プロの手を借りるのもOK!少々費用は掛かってしまいますが、見違えるようにピカピカにしてくれるプロの技に感動ですよ。

大掃除スケジュールの立て方って?

image by iStockphoto

ここまで大掃除に関して大切になってくるポイントをご紹介しました。それでは大掃除を始める前に、まずは頭の中を整理整頓してスケジュールを立ててみましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: