マナー趣味

女性は特に注意!?ゴルフ場の服装のマナーって?

緑豊かな敷地内でボールを青空へ飛ばす、ゴルフはとても開放的なスポーツです。どんな年代でも楽しめますが、特に社会人には仕事の場としても使われ、男性のプレイヤーが多いですね。ゴルフをしたことがない女性でも付き合いで参加することがあるかと思いますが、スポーツとはいえゴルフにジャージを着ていってはいけないのですよ。こちらではゴルフに不慣れな女性向けに服装のマナーをご紹介しますので、お呼ばれの際は参考にしてみてくださいね。

ゴルフは格式あるスポーツだった!?

image by iStockphoto

紳士の国イギリスで始まったと考えられているゴルフ、実は服装に関するマナーには厳しいスポーツなのです。知らずにゴルフ場まで行くと施設に入れない可能性もありますので、ここで服装選びのポイントをおさえておきましょう。

本来はフォーマルが基本スタイル

ゴルフは元々上流階級の人々が社交の場に隣接した場所でプレーしていたとされており、そのためパーティードレスやスーツウェアなど格式高い服装で出入りするものでした。それが徐々に庶民にもスポーツとして浸透したのですが、おめかしして出かけるものという概念だけは受け継がれていったというわけです。今でこそ広く知られているゴルフですが、貴族のたしなみであったという歴史的背景があったのですね。

現在はセミフォーマルが正解!

上流階級のスポーツであった名残から、現在もゴルフクラブのクラブハウス(ゴルフ場の受付などがある施設)まで行くにはある程度整った服装であるべきとされているのです。オフィスカジュアルレベルでOKですが、普段カジュアルスタイルで通勤される方もいらっしゃるでしょうし、参考までに女性用コーディネートをご紹介しておきますね。

[OKなコーディネイト例]

・露出が少ない上品なトップス。

・ロング、もしくはミディアム丈のパンツやスカート。

・ローヒールのパンプスやローファーなど、シックなスタイルに合うシューズ。

[NGなコーディネイト例]

・胸元や肩が開いたトップス。

・ショートパンツやレギンス無しのミニスカート。

・サンダルやミュール。

ちなみに、同じゴルフでも打ちっぱなしの場合はオフィスカジュアルでなくても問題ありませんよ。ゴルフに興味を持たれた場合、練習には比較的ラフな服装で行ってもOKということも覚えておきましょう。

ゴルフウェアを着たまま行き帰りはいけない?

例えば海水浴やプールに遊びに行く時は、水着の上から服を着るといったことをしますよね。そのまま入れるわけですし、行きの着替え時間を気にしなくていいため多くの人が実践していることでしょう。これと同じように、ゴルフに行く際もゴルフウェアを着て行き帰りができるのか疑問に思われるのではないでしょうか。グリーン上でも襟付きのトップスが良しとされるように、ゴルフウェアのコーディネイトはある程度きちんとした見た目になるはずですよね。

このことからもゴルフウェアを着て行き帰りすることはOKとされており、自宅から着て行っても大丈夫なのですよ。お洒落なゴルフウェアも多くありますし、着替えが面倒という方はトップスだけ自宅から着てくる方も多いのだとか。ただし高級ゴルフクラブではジャケット着用を義務付けている場合もありますので、各クラブハウスのドレスコードは事前にチェックしておくと安心です。

▼振り返りポイント

・ゴルフは元々社交の場としての役割があった。

・現在でもクラブハウスに入るにはセミフォーマルのドレスコードが敷かれている。

・打ちっぱなしはドレスコード無し。

・行き帰りはゴルフウェアにジャケットでもOK。

次のページを読む
1 2
Share: