アイデア・コツライフスタイル家事料理・食事暮らしの工夫・知恵

忙しい朝でもしっかり朝食を食べたい!簡単時短アイデアの紹介

一人暮らしでも家庭のある人も、朝は大忙しです。仕事の準備や子どもの支度で毎日バタバタで、朝食の支度が負担に感じる人も多いでしょう。一人暮らしなら作らない人も多いくらいです。しかし朝食は朝から体を動かすための大事なエネルギー源。簡単に済ませるよりはしっかり食べるべきものです。しかし実際そんな時間はないという人のために、手抜きでもきちんとした朝食が作れるコツをお教えします!

時間のない朝でも朝食は簡単に作れる!

image by iStockphoto

きちんとした朝ご飯といえば、朝早くに起きて鍋に火をかけて食材を切る音がトントンと台所に響く…というイメージですが、そこまでしなくても十分美味しい朝ごはんは作る事が出来ます。中には前日からの準備が必要なものもありますが、当日の朝に全部調理するよりは遥かに簡単なので普段キッチンに立たない人でもハードルが低いです。和食も洋食もどちらも時短で作れるコツがあるので、以下でご紹介します。

時短朝食になる6つのアイデアご紹介

image by iStockphoto

これから紹介するのは当日の朝にしっかり台所に立つことなく簡単に朝食を作る時短のアイデアです。前日に食材の下ごしらえが必要だったり当日には調理器具を使うものだったりしますが、どれも難易度が低く継続しやすいものばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。慣れてくるとそこから応用を自分で考えられるようになるので、知っておくと便利なものばかりですよ。

1 オーブントースターでおかずを一気に作る

オーブントースターはパンやグラタンを焼くだけが仕事ではありません。調理プレートが最初から付いているものなら、プレートをアルミホイルで包み、その上にウインナーや冷凍ブロッコリー、卵を割ったものを乗せて、塩コショウして5~10分焼きましょう。時間が来た頃には過熱されたウインナーとブロッコリー、目玉焼きが出来上がります。目玉焼きは下にベーコンを敷いておくと剥がすのが簡単なのでおすすめです。一緒に冷凍ポテトを焼くのも良いですね。

これだけでおかずが出来上がりました。食パンをトーストしても良いですし、ロールパンなど買っておいたパンを合わせても良いでしょう。ご飯派でもおかずになります。

プレートはアルミホイルで包んでおくことで食材がプレートに触れて汚れるのを防ぐことができるので、洗う手間がありません。使い終わったらアルミホイルをあたらしいものに変えてしまって置くと、次回もすぐに使えます。

2 味噌汁は種を作ってお湯で溶くだけ

朝に鍋で味噌汁を作ると時間がかかります。そのためインスタント味噌汁もおすすめなのですが、毎食インスタント味噌汁を使うとなるとお金がかかるもの。そこでおすすめなのが味噌種のストックです。味噌種とは、味噌に顆粒の和風だし、乾燥ワカメや乾燥ネギなどを混ぜ込んだものをいいます。

よく1回分をラップに包んで味噌玉にする人はいますが、ラップから取り外すときに味噌がラップからうまく離れなかったり、1回分ずつをラップに丸める手間などもあるので、容器に種のままで保存する方が時短でストレスも少ないのでおすすめですよ。

油揚げを使う場合は事前に油を切って炒る必要がありますが、スーパーによっては乾燥油揚げの取り扱いがあるところもあります。また、ネットでは味噌汁の具が乾燥された状態でも販売されているので、作るのは結構簡単です。

IMAGE

永谷園 業務用 みそ汁の具 その3 100g×2個

Amazonで見る
価格・情報の取得:2019-09-22Amazonで詳しく見る

3 温泉卵は電子レンジですぐに作れる

温泉卵が作れるキットや器具が無くても、茶碗と電子レンジがあれば温泉卵が作れます。工程はとても簡単で、茶碗の半分より少し上くらいまで水を入れ、そこに卵を割り入れ、黄身につまようじで穴を開け、ラップをかけずに電子レンジで50秒~1分20秒ほど温めるだけです。黄身は穴を開けないと爆発してしまうので忘れずにつまようじを刺してください。

簡単になりがちな朝食で温泉卵が出てくると、少し手間のかかった本格的なご飯になったように見えます。温泉卵の小鉢と、さらに納豆があれば立派な朝食ですね。また、この技は覚えておくとハンバーグやカレーのトッピングなどにも使えるのでとても便利ですよ。

4 魚は焼いて冷凍保存すると朝ごはんにも◎

和食派の人は朝食に焼き魚があると嬉しいものですが、朝から魚を焼くのはなかなか面倒なもの。「グリルなら早い」という人もいますが、グリルが大変なのは使用後の片付けです。朝からグリルを積極的に洗いたいと思う人は少ないでしょう。

魚は、切り身をまとめ買いした日に一気に全部焼いてしまうのがおすすめです。焼いた魚が冷めたら1切れずつラップに包んで冷凍します。食べるときは食べたい分だけ電子レンジで解凍すればOKですし、解凍時間も20秒~40秒くらいで良いのでとても時短になるのです。

お弁当のおかずにも便利なので、すぐに使える魚の切り身があると朝の支度が心強いですよ。

5 前日仕込みの炊き込みご飯でボリューム満点!

おかずを何品も用意するのが面倒だったり、朝からたくさん食べられないという人であれば、炊き込みご飯だけでも構いません。ニンジンやひじき、鶏肉などを入れた炊き込みご飯ならタンパク質も鉄分もビタミンも入って栄養バランスが良いご飯になります。味付けに困ったなら、麺つゆだけで作るのでもとても美味しく出来るのでおすすめですよ。

これに味噌種があれば、当日の朝はお湯を沸かしてお椀に注いで味噌を溶くくらいしか工程がありません。前日の夜に炊飯器に材料仕込む必要がありますが、晩ご飯を作るときについでで切ればそんなに手間は感じないものです。オリジナルの具材の炊き込みご飯が面倒であれば、炊き込みご飯の素などでもOKですよ。

次のページを読む
1 2
Share: