マナー

楽しむにはマナーが鍵!テーマパークで気をつけたいことは?

家族や友達、カップルで行くレジャーとして人気のスポット・テーマパーク。ディズニーリゾートに代表されるように、土日ともなればどこもかなりの人で混雑していますが、楽しい時間と思い出づくりのために人の流れが途切れることはありません。連日多くの人が訪れるテーマパークで過ごすには、その分周りに配慮しなくてはいけませんね。こちらでテーマパークで気をつけるべきマナーをまとめましたので、お子さんにも教えてあげてくださいね。

列の並び方・待ち方は?

image by iStockphoto

テーマパークの風物詩ともいえる行列、週末となると話題のアトラクションは数時間待ちということも珍しくありません。大人とは違い辛抱が難しい子どもたちと一緒に並ばないといけない状況ですから、ご家族で長時間列に並ぶ場合は以下に注意してください。

子どもを大人しくさせておく!

大人と違い元気が有り余っている子どもたちはジッとしていることがとても苦手ですから、ともすると列を整える鎖を掴んで揺らしたり、列の先の方まで進んでしまったり、長時間放置してしまうと他の人の迷惑となりうることをしてしまいがち。そこで順番待ちの列に並ぶ際は小さなお子さんが大人しくできるよう、携帯動画や手のひらサイズのおもちゃなどを持たせて意識を集中させてあげましょう。普段の生活の中で特にお気に入りのものを選んであげると良いですね。おもちゃは大きいもの・硬い材質のものを与えると人にぶつける可能性がありますから、ぬいぐるみなどの柔らかいものを選ぶようにしてください。

また並んでいる最中お子さんが泣き止まなくなってしまった場合は、周囲の人への配慮を優先し終盤であっても列外に抜けるようにしましょう

▼振り返りポイント

・長時間並んで子どもが退屈しないよう、携帯の動画などを見せておく。

・泣いてしまった場合は列から抜けること。

アトラクションの乗り方は?

image by iStockphoto

年代を問わないレジャースポットであるため、テーマパークには基本的に閉園日がなく平日でも開園されています。よって園内のアトラクションはほぼ年中稼動するわけですから、利用者全員が綺麗に乗れるよう心がける必要がありますね。何かトラブルがあれば一時停止しなければなりませんし、その場合多くの人が待ちぼうけとなるかもしれません。アトラクションに乗る際には以下の二点に気をつけてくださいね。

汚さないように注意して!

乗り物タイプのアトラクションは、足を上げると靴底が壁面に付いてしまうほどコンパクトなものが多いですね。お子さんは特に足を伸ばすとぴったり壁に足を付けることができるでしょうし、その時靴底の泥や汚れが付着するかもしれません。またアトラクションに乗る直前に手を使っておやつを食べていた場合、ベトつきが手すりなどに付いてしまうことでしょう。こうした汚れは見えにくいためそのまま次の人が乗せられてしまうことも珍しくないため、アトラクションの内部を汚さないことが大切です。次の人が乗った瞬間顔をひそめるような状態にしないよう、足裏を壁に付けたり手を汚したままにしないでくださいね。

キャストの指示どおりに乗ること

基本的にキャストの指示どおりにしていれば問題は起こらないはずですが、それでも度々イレギュラーな行動をとってしまう人もいます。例えば動画投稿や写真撮影のために高所に放り出されるような乗り物で携帯電話やカメラを持っていたり、稼動中乗り物から抜け出してしまったり…余計なトラブルはアトラクションが停止される原因になりますし、周囲の人の安全も脅かしてしまいますから、キャストの指示には必ず従うようにしてくださいね。もし危険な行動をしそうな人を見かけたら、キャストに相談するか周りの人で注意してあげることが大切ですよ。

▼振り返りポイント

・乗り物の壁などに足跡を付けるなどして汚さない。

・指示に従い、イレギュラーなことはせずに乗ること。

次のページを読む
1 2 3
Share: