コスメビューティーメイク女子力自分磨き

ちゃんと肌と調和してる?イエベメイクの色選びのコツをご紹介

あなたのメイクは、自分の肌の色味を活かせてますか?好きな色だけを選び続けるのは10代まで。年齢を重ねた今、肌を美しく見せる為にも自分の肌がイエローベースなのか、ブルーベースなのか考慮する事も必要。今回は、日本人の8割が該当するイエベタイプにスポットを当て、間違いのないイエベメイクの色選びをご紹介します。

間違いたくないイエベのベース選び

image by iStockphoto

イエベタイプの肌の特徴と言えば、黄色味の強い肌。茶系の瞳と地毛。似合うカラーも、暖色系の黄色味の入った色が良く似合うイエベ。真逆となるブルベタイプの寒色系の色を合わせると、肌がくすみ、シミなどのトラブルも目立ちやすくなります。これは、洋服の色選びだけでなきく、メイクアイテムの色選びにも共通すること。まずは、絶対失敗しないイエベに似合うベースの色選びから!

イエベがベース選びに悩んだら肌に馴染む黄色をチョイス

ベースメイクの色選び、いつもどうしていますか?手の甲につけたり、首のあたりに少しつけて顔との色の差がない色を選ぶ。実際の肌色に合わせる事は絶対に必要。それ以外にも、自分の肌色の特徴を考慮した選び方もプラスしてみましょう。

特にイエローベースの方は、肌に馴染む色がポイント。黄色味のあるベージュやオークル系を基本に選びましょう。元々持っている肌の色味と同じ色合いを持つ色を選ぶようにすれば白浮きしてしまう心配はありません。

2タイプ別で異なるイエベの下地選び

image by iStockphoto

イエローベースと言った大きなくくりから、更にもう一歩踏み込んだ色選びも参考にしてみませんか?パーソナルカラー診断で存在する2タイプのイエローベース。肌ツヤがあり、血色が良い肌が特徴のスプリングタイプ。スプリングタイプとは真逆の特徴を持つ、オータムタイプ。血色が少なく、色白の方は陶器肌の様にマットな肌。もしくは、ベージュや褐色の肌が特徴。同じイエローベイスでも、これほど特徴が異なるなら、使用する下地のアイテムも変わってきます。最もベストなベースメイクに仕上げる為に、それぞれのタイプにマッチする下地選びのポイントを抑えておきましょう。

1.スプリングタイプは肌質を活かす下地を!

スプリングタイプは、本来持っている血色・ツヤのある肌質を活かした下地選びがベスト。肌の色を補正するコントロールカラーを使用するよりも、イエローや、オレンジ、ベージュと言ったイエローベースの物を選ぶ事。ポイントは、血色のある肌色を邪魔しない色。血色がある肌と言う点では、ピンクのベースカラーもOK。

仕上がりの質感は、本来の質感を閉じ込めてしまうマットタイプより、持ち前の肌質を活かしたツヤ感のある仕上がりがおすすめ

2.オータムタイプにはパープルのコントロールカラー

オータムタイプで、血色の赤みがなく肌の黄ぐすみを気にしている方、透明感のある肌に憧れている方が多いのでは?そんなオータムタイプには、コントロールカラーで黄みを抑え、補正するベースメイクがおすすめ。コントロールカラーも様々ありますが、オススメはパープルのコイントロールカラー。青みで黄ぐすみを抑え、ピンクで血色の色味を補う事だできる。1つで2つの悩みを解消。更にもう1つ。透明感のある肌にみせてくれるのも、パープルの特徴。

色味の補正はパープル。では、オータムタイプの最もベストな質感は?それはやはりマットな質感。元々持っている特徴を活かすことが最もナチュラルな仕上がりになります。

 

イエベのポイントメイク選び

image by iStockphoto

ベースとなる下地の色選びは、肌をナチュラル且つキレイに見せる事を重視。ポイントメイクはカラーを載せ、色を楽しむ。しかし、好きな色だけで選ぶ事は禁物。ポイントメイク色選び自分に合っていれば、肌が明るく見えトラブルが目立たなくなりますが、間違っていれば逆にくすんで見えてしまったりもします。これからご紹介する、イエベのポイントメイクの色選びを参考にして見てください。

イエベがアイシャドウを選ぶならブラウン&ゴールド

イエベの目元には、ブラウンカラーのアイシャドウなら絶対に間違いなし。ラメは、シルバーよりも断然ゴールドカラー。そのほかにも、オリーブカラーやオレンジ系、サーモンピンクなどのカラーもOK。

同じイエローベースでも、スプリングタイプとオータムタイプでは少々ベストカラーの特徴も異なります。スプリングタイプは、くすみのない黄色みのあるブラウンがおすすめ。質感もベースメイクの時と同じ、マットよりもツヤ感のあるパール入りのものがお似合い。

一方のオータムタイプは、落ち着いた色がよく似合います。ブラウンやモスグリーンと言った土の色や深い緑の色の自然色。そして、黄色みのある落ち着いたカラーならOK。渋いカラーが似合うオータムタイプ。地味になりがち…と思うなら、ゴールドのラメを取り入れるのがコツ。派手になりすぎず、オータムタイプにはとてもマッチしてくれます。

次のページを読む
1 2
Share: