おすすめアイテムコスメビューティーメイク女子力自分磨き

そばかす隠しにぴったりのおすすめのコンシーラー10選をご紹介

人には、それぞれ悩みやコンプレックスがあるもの。そばかすがある人は、「何とかして隠したい」と思っている人も多いのではないでしょうか。そんな人は、コンシーラーを使えば一気に悩みを解消することができます。では、コンシーラーの役割や選び方、おすすめのコンシーラーをご紹介しましょう。

そもそもコンシーラーってどんな役割があるの?

image by iStockphoto

あなたは、肌をカバーしたい時、どのようにメイクをしていますか。コンシーラーを使っていない人は、「ファンデーションを厚塗りすることで、気になる部分をカバーしている」と言う人もいるはず。

しかし、ファンデーションの厚塗りは老けて見られますし、ケバイ印象に。肌にカバーしたい部分がある時には、コンシーラーを使うことがおすすめです。

そもそも、コンシーラーとはどういった役割があるかというと、そばかすやシミ、ニキビ跡、目の下にできたクマなどを集中的にカバーしてくれるコスメ。部分用化粧品とも呼ばれており、隠したい部分がある人にとっては、頼もしい商品です。

実は、コンシーラーにも種類がある

image by iStockphoto

そばかすが気になっている人は、「コンシーラーを使ってみよう」と思っている人もいるはず。

しかし、コンシーラーと一言で言っても実は様々な種類が存在します。

そのため、コンシーラーを選ぶ際には、それぞれの特徴を理解した上で選ぶことが大切です。

初心者にも使いやすい、リキッドタイプのコンシーラー

コンシーラーを使ったことがない人にとっては、「使いやすいタイプを選びたい」と考えている人も多いはず。

リキッドタイプのコンシーラーは、とても柔らかいテクスチャーで薄付きなため、はじめて使う人にとっても使いやすいタイプ。

リキッドタイプの中には、更にチューブタイプや筆タイプなどが存在しており、用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

カバー力の高いスティックタイプのコンシーラー

隠したい部分は、人によって様々。

「しっかりと隠せるコンシーラーが良い」と思っている人には、スティックタイプがおすすめ。

スティックタイプのコンシーラーは、硬いテクスチャーが特徴的。

堅い故に、伸びは悪いですが、その分カバー力は抜群です。

細かい部分に最適なペンタイプのコンシーラー

ペン型になったコンシーラーは、手を汚すことなく簡単に気になる部分をカバーすることが可能。

ペンタイプのコンシーラーは、一番テクスチャーが硬く、細かい部分のカバーに適しています

全体のメイクが終わってから、最後の手直しの際にもおすすめです。

カラーバリエーションが豊富なクリームタイプのコンシーラー

リキッドタイプとスティックタイプの中間にあたるのが、クリームタイプのコンシーラー。

クリームタイプは、更にチューブタイプやパレットタイプ、筆タイプなどがあり、用途やそれぞれの好みに合わせて選ぶことができます。

また、コンシーラーの中でもカラーバリエーションが豊富なため、自分の肌色に合わせやすいという魅力も。

テクスチャーもやわらかいため、初心者でも使いやすいでしょう。

そばかすを隠すためのコンシーラー選びとは?

image by iStockphoto

コンシーラーには、様々なタイプや種類があるため、それぞれの用途に合ったものを選ぶことも大切。

では、そばかすをカバーしたいと考えている人には、どんなコンシーラーが良いのか、ご紹介しましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: