マナー公共マナー出産子育て暮らしの工夫・知恵

ベビーカーで公共機関を利用するためのマナーを二児のママが解説!

子育て中のママにとって必需品とも言えるベビーカー。子育て中は荷物も多くなりますし、子供の体重がどんどん増えて抱っこ紐だけでは腰や膝を痛めてしまうことも。便利な反面、幅を取り周囲の方の目が気になってしまう方も多いですね。ベビーカーの絶対に守りたいマナーと利用する際のポイントを二児のママが解説致します。

ベビーカーで公共機関を利用するには?

image by iStockphoto

ベビーカーで公共機関を利用するとき、迷惑にならないか躊躇してしまう方も多いでしょう。近年、ベビーカーと電車やバスの乗客とのトラブルは問題になっており、残念なことに暴力沙汰になってしまったケースも。ベビーカーを利用するママ達を「ベビーカー様」と揶揄するよな発言も出ていることは、二児のママとしても悲しく感じています。

しかしベビーカーは便利な反面、場所を取りますし、利用している側からしても迷惑だと思われても仕方ないと感じることも。「ベビーカーマーク」が設置されたり、「電車でベビーカーをたたまなくても良い」とルール化されたり、環境も整えられてきていますから、利用する側にもしっかりしたマナー意識が必要です。

子育て中は疲労も溜まり、周囲への気配りが大変な時もありますが、自分の子供を危険な目に合わせないためにも、周囲の方と思いやりを持って生活していくためにも、最低限のマナーは守りましょう。実際に筆者の経験も踏まえて、マナーやポイントをご紹介します。

「ベビーカー様」と思われないためのマナー

image by iStockphoto

「ベビーカー様」という言葉は知っていますか?これはベビーカーを利用しているママが我が物顔で通路をふさいだり、通行人にぶつかっても謝罪しないなど、マナーのない利用者を揶揄した言葉です。子育て中は子供から目を離せず、余裕がなくなってしまうことも多いですが、だからと言って周りの方への配慮がなくて良いはずがありません

陰で「ベビーカー様」と陰口を言われることのないように、自分の行動をよく見なおしてみましょう。最低限のマナーを守っていれば、周囲も温かく見守ってくださることが多くなりますよ。

ベビーカーが空ならたたむ

ベビーカーは大きくて場所を取ります。基本的なことですが、ベビーカーが空の状態であれば、たとえ空いている時間帯の電車であってもたたむ方が望ましいですね。突然電車やバスが混みだすこともありますし、動いてしまって通路をふさいでしまうことも。各鉄道会社のルールでは「ベビーカーはたたまなくてよい」とされていますが、できるだけたたむ努力をするとトラブルを防げます

お子さんが眠ってしまっているとき、ベビーカーに座りたいとぐずっている場合、荷物が大量で抱っこでは危険な場合など、たためない事情があることもありますね。ベビーカーのストッパーを忘れずにかけて、子供から目を離さないように心がけましょう。周囲の方から見ても不快に感じさせないよう配慮が大切です。

通路をふさがないように配慮する

ベビーカーを狭い通路で停めてしまうと、ほかの乗客の方が通れずに迷惑をかけてしまうことになります。立ち止まる場所や乗車する位置はよく考えましょう。ママ友と一緒に電車に乗車するとき、多数のベビーカーが一か所に溜まっているととても迷惑ですね。話したいからとベビーカーを向かい合わせにしたり、広げたままにすることのないように心がけましょう。複数のベビーカーが車内にある時は、出来るだけたたむようにすると良いですね。

ぶつかったり通路が狭くなっている時は謝罪する

電車やバスが混み合っているとき、どうしても周囲の方と接触してしまうこともあります。すぐに謝罪する、迷惑をかけて申し訳ないと意思表示することが大切です。赤ちゃんや子連れのママが公共機関を利用して良いのと同様に、ほかの乗客の方も気持ちよく公共機関を利用する権利があります。できるだけ迷惑をかけないように心がけましょう。

どうしても空いたスペースがなく通路を狭めてしまう場合にも、こまめに「すみません」と声をかけましょう。できるだけ端に寄せる努力も必要です。「申し訳ないと思っている」と感じさせるだけでも周囲の方の目は変わります。子育て中は謝ってばかりになりますが、短い間と割り切ってすぐに謝罪する癖をつけましょう。

ベビーカーを放置して話し込まない

トラブルになりやすいのは、ベビーカーを放置して話し込んでいる時などです。電車の中で子供が大人しくしてくれているとつい目を離してしまいがちですが、突然の揺れでベビーカーが動き、通路をふさいだり周囲の方にぶつかったりすることも少なくありません。ベビーカーが動かないようにしっかり目を光らせておくこと、子供がぐずって騒ぎ出さないようにしっかりコミュニケーションを取ることも大切ですね。

混雑する時間を避ける

やむを得ない事情がある時以外は、ラッシュ時や混雑しやすい時間を避けて公共機関を利用しましょう。並べば座れる可能性が高い場合には、一本電車を見送る判断も時には必要です。混雑時はたたんでいたとしてもベビーカーを置くスペースが確保できない場合もあります。外出先でベビーカーの貸し出しがある場合には、抱っこ紐で電車に乗る方がママも大変な思いをしなくて済むかもしれません。

筆者も日中の空いている時間帯以外は、なるべくベビーカーを持ち込まないようにしています。満員電車ではベビーカーを入れるスペースがとれない可能性が高いですし、子供を抱っこしてたたんだベビーカーを抑えるのは危険ですね。ベビーカーが必須の方もいるかと思いますが、ラッシュ時にベビーカーを持ち込むのであれば、パパや親族につき添ってもらうなど、子供一人に対して大人二人以上人員を確保すると安心です。

次のページを読む
1 2 3
Share: