ビューティー女子力自分磨き

誰にでも似合う&顔の形をカバーする「ボブ」の特徴はこれ!

ずっと同じ長さで、変わらない髪型は安心ですが、つまらなくなってくるもの。そんな時は、ヘアスタイルを変えてしまうのが最も効果的。髪を切るのは簡単ですが、ショートにするには勇気も必要。そんな、時にはボブがオススメ。「誰にでも似合う」と言われるボブの特徴と、コンプレックスの顔の形もカバーするボブの特徴をご紹介します。

万人受けするボブの3つの特徴

image by iStockphoto

ボブが似合う人の特徴はズバリ、顔は卵型で小顔。頭が小さく、髪質はクセの無いストレート。卵型で小顔なら正直なところボブだけでなく、どの長さのヘアスタイルにもマッチする理想像。しかし、ボブは「誰にでも似合うスタイル」とも言われています。ベストマッチする人の特徴はあるものの、なぜボブスタイルは誰にでも似合うと言われるのでしょう。

1.ボブの長さの領域の広さ

「ボブが誰にでも似合う」と言われる最も大きな理由は、ボブの定義が広いこと。ボブのイメージとしては、おかっぱ。トップの毛が長く、その表面の髪の毛が内側の髪の毛を包みこむスタイルが”ボブ”と言われています。長さ的には、肩につかない程度の長さが定番。しかし、最近ではロブというボブスタイルも人気。ロブは、ロングボブの事で、ロングの様に長すぎず、ショートの様に短すぎずの長さが特徴。肩上2〜肩下5cm位がロブの範囲。ロブだけでも幅広いですが、他にも顎より上のショートボブもあります。ボブと一言で言っても、長さだけでもこれだけの領域がある為、それぞれの顔の形やコンプレックスを上手にカバーできる武器が備わっているという事。

2.カットによって変わるボブ

ボブはカット方法によっても、様々なイメージを作ることができる事も誰にでも似合うと言われる理由の1つ。例えば前髪を作る作らないもそうですが、作った場合の前髪の長さ。ショートバングにしてインパクトを重視するか、目の上あたりで斜めバングにカットしピュアで清潔感のある印象にするか。他にもシースルーバング、アシメバング、ツーバングなど前髪だけでも色々取り入れてイメージを変えたたりできる事もボブの特徴。

更に前髪だけでなく、全体的にどの様なカットをするかでスタイルの幅が広がるボブ。切りっぱなしのシンプルなボブにするのか、レイヤーを入れて毛先に動きを出すか、前下がりの大人の女性らしさを出すスタイルにするかなど、カットの仕方で十分楽しめます。

3.パーマorストレート

パーマを取り入れるかどうかも、選択肢として挙げられる1つ。パーマは、どの長さの髪型でも印象を変える手段として大きな役割を果たしてくれます。もちろん、ボブでも活躍してくれるパーマスタイル。緩めにかけて、外国人のくせ毛風にしてみたり、毛先に動きを出す事も、パーマのかけ方でもフェミニンにもキューにも、大人っぽくも変身可能。イメージを変えるだけでなく、ボリュームを与える為にも使えるパーマスタイル。

ストレートのボブは、典型的なボブの基本のスタイルを最も美しく魅せてくれます。本来自分が持っている、”髪の質”といった美しさを活かせるスタイル。コンプレックスをカバーするだけでなく、本来自分が持っている良さをアピールする事も、自分に似合うスタイルの重要ポイント

3タイプの「顔の形別」似合うボブの特徴

image by iStockphoto

ボブの領域が広いとなると、選べるスタイルも増えてきますよね。イメージや雰囲気の選択肢が増えた中でも、自分に似合うかどうかが気になるポイント。雰囲気だけで押し通す事も、1つの選択肢で有りだとは思いますが、やはり「コンプレックスをカバーしたい!」という言う思いは拭いきれないはず。顔の形別に似合うボブスタイルの特徴となるポイントをご紹介します。

1.丸顔さんは隠すよりも前髪アップがポイント

横幅が気になる丸顔タイプの方は、顔全体を常に髪の毛で隠そうとしていませんか?丸顔さんは、全て隠すよりも前髪をかきあげたスタイルで、縦のラインを強調させる事がポイント。

また、前下がりのボブはフェイスラインをカバーしてくれます。更に、可愛いらしい印象が強くなりやすい丸顔タイプは、前下がりのスタイルで大人っぽさを出すことができるのでイメージを変えたい方にもオススメ。

2.面長さんはフェイスラインのボリュームがポイント

顔の横幅が狭く縦の長さをカバーしたい面長タイプは、前髪ありの頰の部分にボリュームを持たせたボブがオススメ

前髪を作るなら、重めの前髪を作ってあげると大人っぽくみられがちな面長タイプは、可愛らしい印象にチェンジ。面長でも、前髪なしのスタイルがお好みの場合は、かきあげた前髪をサイドに流し横にボリュームを持たせたスタイルににすればOK。

面長さんは、基本的には鼻から下の頰の部分にボリュームを与える事で、狭い顔幅をカバーし丸みがある様に魅せてくれます。意外かもしれませんが、ボブの中でも最も短いボックスボブと言われるスタイルで耳がくれるギリギリのおかっぱ。このスタイルが、実は小顔効果もあり、横に重みがあるスタイルで面長さんにも似合うボブスタイルの1つ。

次のページを読む
1 2
Share: