アイデア・コツディズニーライフスタイル

冬場のディズニーランド・シーで快適に過ごせる服装は?

日本どころか世界のテーマパークの中でも来訪者数トップクラスの東京ディズニーリゾート。特に冬はロマンチックなクリスマスや期間の短いお正月のイベントで盛り上がりますよね。しかし浦安市舞浜は海沿いですので、寒さとの戦いに…!極寒のパークを満喫するためにおすすめの服装をご紹介します。

パーク特有の事情に合わせた服装を

image by iStockphoto

先ほども申し上げた通り、舞浜は海風が強いのなんの!朝晩の冷え込みはこたえます。しかし、日中はポカポカ陽気で過ごしやすい…と(晴れている日なら)1日の中で寒暖の差が結構激しいのです。

パークの中も、飲食店やシアター型のアトラクションを中心に室内はとても暖房が効いています。マーメイドラグーンにあるトリトンズキングダムはエリア全体が地下なのでその最たるものです。

朝晩の冷え込み対策で厚着をしすぎると、日中汗をかいて却って風邪をひいてしまうこともあるんですね。ですので、脱ぎ着がしやすい重ね着が鉄則になってくるんです!

トップス編

ブラウス・ワイシャツ・薄手のカットソーにカーディガン・トレーナー・パーカーを重ねるがスタンダードでしょう。アトラクションを中心に回りたい人は体を動かしやすいよう、少しサイズに余裕があるものがおすすめ。

寒さに弱い人はコートの下に着るウインドブレーカーを予備で持っておくとよいかも。ウインドブレーカーなら薄くて軽いのでそこまで荷物にもならないですしね。

コート丈はボトムスとのバランスにもよりますが、ヒップラインより下のほうが寒さを感じにくいですね。

ボトムス編

歩きやすくかつ厚手の生地のものを。雨や雪が予想されるときは乾きにくいジーンズは避けたほうが無難。晴れならむしろ推奨。

スラックスタイプが最も活動的に行動できますが、慣れている方ならロングスカートでも平気ですよ。見た目の女性らしさと動きやすさ両方を兼ね備えているならスカンツ(ガウチョやスカーチョ含む)。もちろんミニスカートでも大丈夫ですが、普段から脚を出しなれていない人にはお勧めしません。

インナー編

トップスの下にインナーも必須。薄手で保温性の高いものがベスト。ヒートテックが代表ですね。

タイツやレギンスは逆に厚手のものを。ゲートやショー・パレードの待機時間が長くなる方なら2枚重ねでもいいくらいです。特にミニスカートの人は生足の露出は避け、タイツやレギンスを履きましょう。

トップス用のインナーは1枚余分に持っていきましょう。予想外に暖かくなって汗をかいたときに放置していると風邪をひきます。

シューズ編

冬に限らず通年でお勧めするのが底が厚目の(できればクッション入り)のスニーカー。雪の場合には必ず底の溝がしっかり残っているか確認して。履きなれたものだと意外とすり減っているので、注意です。

ブーツ・ブーティも寒さ対策にはOK。タイツ等を重ね履きする場合は、その厚みでシューズがきつく感じることがよくあります。足を傷つける原因にもなるので、パークに行く前にフィット感に問題はないかチェックしておきましょう。

 

身に着けグッズ

プチ仮装にも使えるイヤーキャップは防寒グッズとしてこれ以上ない活躍をします。ミッキーグローブもインパクト大。指先を暖かくしてくれるほか、キャストさんやキャラクターからハイタッチを求められるでしょう。

パークグッズすぎて普段使いしづらいな、という方は普通のイヤーマフや手袋でももちろん問題なし。キャラクターのワンポイントがあるとパークらしさがあって素敵です。

首元をぴっちり閉めないトップスならマフラーも忘れずに。スリルライドに乗るときはレール等に絡まないようにしっかりと押さえてくださいね。そういう点ではネックウォーマーやスヌードのほうが便利かも。

防寒アイテム

服装だけで防寒対策をするのは心もとないですよね。そんなときに便利なアイテムを紹介します。

次のページを読む
1 2
Share: