マナー礼儀作法趣味

誰も教えてくれない!?テニスする時のマナーって?

部活動やサークルなどでポピュラーな球技といえば真っ先にテニスが挙げられるでしょう。世界的に活躍する日本人プレイヤーも多いですし、大人になってから始めてみたいと思うようになった方もたくさんいらっしゃるスポーツです。そんなテニスのマナーは実践中に徐々に覚えていくものなのですが、社会人になってから始める場合はあらかじめ知っておきたいところですよね。そこでこちらではテニスを楽しむためのマナーについてまとめましたので、これから趣味にしたいという方はぜひお読みになってくださいね。

テニスを練習中にもマナーは大切?

image by iStockphoto

趣味として続けるにも大会に出るにも、テニスをするには日々の練習が欠かせません。テニスにはレンタルコートを借りて行う練習だけでなく自宅周辺でできる練習方法もありますが、それぞれどういったことに気をつければ良いのでしょうか?

ネットを越えてしまったボールは…

レンタルコートだけでなく自宅での練習時でも起こりうることですが、高く上げすぎたりコントロールミスをすると、ボールが民家など他の敷地に入ってしまうことがあります。この時「物を壊した訳でもないし」とボールを回収しに行かないと、その土地にボールがどんどん溜まってしまい片付けの手間となってしまうのです。例え一個であっても、別の場所に飛ばしてしまったボールはきちんと回収するようにしましょう。

ただし、崖の上など周囲が危険な場所であればこの限りではありませんので、無理をしてボールを拾いには行かないでくださいね。

セルフ練習は周りの状況をみて行う!

壁打ちや素振り・道具を使った方法など、テニスの自主練習のやり方はさまざまです。しかし全てに共通することとして、集中しすぎてしまうという特徴が挙げられるのですよ。ともすると周りに意識を向けられなくなってしまうため、一人で行う練習の際は周りに人がいないか・子どもが遊びに来る場所ではないかなどに気をつけてくださいね。練習の区切りには必ず休憩し、意識を周囲に戻すようにすると安心ですよ。

ボールが他コートから来た・行ってしまったら…

レンタルコートは多くの人が利用する施設ですから、お隣さんの邪魔にならないよう練習しなければなりません。例えばボールが他コート間を行き来することはよくあることですが、その場合は以下のように対応してくださいね。

[利用中の他コートに行ってしまった場合]

・「すみません」と声をかけ、お手隙で渡してもらう。

・コート外で止まった場合、邪魔にならないように取りに行く。

[利用されていないコートに行ってしまった場合]

・クレーコート(※)であればコートの線上に沿って取りに行く(できるだけ整備された部分を乱さないようにする)。

※クレーコート:土がベースとなっているコートのこと。

[他のコートからボールが来た場合]

・練習や試合がストップしていれば、そちらに向かってバウンドするように投げる。

・テニスが続いているようであれば、隣コートの後方や休憩スペースなどの方に流しておく。

コート横切る際はタイミングが大切!

通常レンタルコートは複数のコートが柵によってひとまとめにされている形です。そのため各コートの近くに出入り口があるのではなく、どこか一箇所のドアを利用者全員が行き来することになるスタイルが一般的でしょう。行き帰りの時だけでなく休憩時にもドアを使うことがあると思いますが、他のコートの後ろを通らねばならない時は、そのコートのゲームが一区切りついたタイミングにするようにしてください。

これにはゲームに集中してもらえるようにという配慮からだけでなく、ボールや人どうしの接触事故を防ぐという目的もあります。場合によっては数分待つこともあるかもしれませんが、特に後ろを通ろうとしているコートで激しいラリーが続いている時やサーブのタイミングでは、お互いの安全を考慮し待っているようにしてくださいね。

レンタルコート利用は15分前まで!?

レンタルコートは時間制のため、予約時間終了前に次の利用者が待機しているということも少なくありません。滞りなくスムーズにコートを空け渡すために、利用可能時間終了の15~20分前には練習を切り上げるようにするのがベストです。コートを使った後はボール拾い・ネット処理やコート整備をする必要がありますから、その時間を考慮して早めに練習を終えておくと丁寧に後片付けができるというわけですね。

なお利用状況によっては延長することも可能ですから、練習し足りないという方は管理室に早めに問い合わせてみると良いでしょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: