マナー仕事

不安解消!転職前後の心構えが未来を変える!?

さまざまな働き方ができるようになってきた現代では、就活後入社した会社に骨を埋めるべきという概念は古いものとなっています。多くの転職サポートサービスも利用できるようになり、別の仕事・会社に憧れることは当たり前の時代といえるでしょう。とはいえ日常から脱する行為には不安が伴うものですし、「転職したいのに踏み出せない」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。そこでこちらでは転職する際に必要な心構えを、転職活動の段階別にまとめました。転職の際の「あるある」にも触れていますので、転職を少しでも考えている方は要チェックですよ。

転職活動に踏み出す際のニ箇条

image by iStockphoto

頭の片隅に「転職」の二文字が浮かんだからといって、がむしゃらに突き進んで転職活動を成功に導くことは難しいでしょう。何事も始まり・基本が肝心ですから、転職活動の基礎となる心構えについてまずは確認していきましょう。

何故転職したいのかを明確に!

面倒な仕事や残業が続くと、ぼんやり「転職したい…」と思うことは誰にでもあるでしょう。その漠然とした思いのままその環境を抜け出すことも一つの手ではありますが、転職活動を始める前に転職への思いをより明確にしておくべきだと言えるのですよ。もし「何となく」で始めてしまうと転職へのモチベーションが保てず、いざ面接までこぎつけても相手側に受け入れてもらえない可能性が高くなるのです。そうなれば結局同じ環境に留まる以外に道がなくなり、転職活動をする時間と労力が無駄となってしまうでしょう。

転職活動ではまず「転職したい…」が「転職しよう!」に変わっているかどうか、そして何故転職したいのかが自分の中で明確か否かを見定めることが第一歩となるというわけです。

お金や有給の確保を!

会社に所属したまま転職活動をする場合、意気込みと同じく大切な基盤として貯金・有給休暇の有無が挙げられます。

お給与を貰いながらであればお金の心配は少ないかも知れませんが、転職には交通費や教材費・転職エージェントサービスを利用するならばその分の費用がかかることでしょう。これらをまかないきれるのか、もしもの時に切り崩せる貯金はあるかどうかは転職活動中の安心感を左右するのですよ

また有給休暇は面接の際に使用することが多いため、できるだけたくさん残っている方が有利といえるでしょう。面接は平日にセッティングされることが多く、夕方に時間をとってもらえたとしても業後に向かうようでは間に合わない可能性があるためですね。有給休暇の多さは面接のチャンスに直結するといえるため、転職活動前はできるだけ消費しないようにしましょう。

▼振り返りポイント

・自身の「何故転職したいのか」という問にはっきり答えられなければ転職しない方が賢明。

・転職活動のカギとなる貯金や有給休暇をある程度確保しておくこと。

穏便な転職活動のための三箇条

image by iStockphoto

現在フリーランスや外回り担当の営業マンという方でない限り、会社に所属しながら転職活動をするにはさまざまな制約がありますね。例えば周囲の人への配慮や引き継ぎが挙げられますが、このあたりがネックで転職が億劫となっているケースはかなり多いです。対応方法が分かれば対策しやすく心の持ちようも変わってきますから、波風立てずに転職活動をするためのコツをここで覚えておきましょう。

周りに協力者を得られると頼もしい!

転職活動中の社内での振る舞い方は、隠れてひっそり行う方法と信頼できる先輩や同期にカバーしてもらう進め方の二種類に分けられます。どちらにもメリット・デメリットがあるため、社内の雰囲気や状況に合わせて転職の進め方を選ぶ必要があるのですよ。

[ひっそり転職活動をする]

メリット :社内に情報が漏れ、それにより引き止められる・居心地が悪くなるといった心配がない。

デメリット:急に仕事を振られても断りにくい。有給休暇を連続して取りづらい。

[信頼できる人にカバーしてもらう]

メリット :急な仕事や口裏合わせに協力してもらえる。

デメリット:社内に情報が漏れる可能性がある。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: