ビューティー自分磨き

敬遠される「短気な人」に見られる8個の特徴と直し方

短気を直すには?

image by iStockphoto

短気に悩んでいる人の中には、「自分自身の短気をどうにかしたい」と思っている人もいるはず。

短気であるが故に、うまく人とコミュニケーションが取れなくなっている人もいるでしょう。

では、短気を直すにはどうしたら良いのかご紹介します。

自分を客観的に見る

あなたは、イライラして人を怒鳴ったり、起こっている人を見るとどう感じますか。多くの人は、「どうして、あんな風に怒るんだろう?」と良い気分はしないはず。

しかし、短気な人はそれを他人に向けて行っているのです。

客観的に見て、「嫌だな」「不快だな」と感じるのであれば、イライラした時に自分自身を客観的に見てみましょう。ゆっくりと深呼吸をして、冷静になることで今の自分を客観的に見れるはずです。

イライラしている自分、怒鳴っている自分を客観的に見ることで、「恥ずかしい」と気づき、感情を抑えられるようになるでしょう。

なぜイライラしているのか

短気な人は、何かに対しイライラし、怒りを覚えるからこそ切れるのです。何も理由がないのに、切れるはずはありません。

そのため、イライラしたり、怒りを覚えたら、まずは「なぜ、こんなにイライラしているのだろう?」と考えてみましょう。イライラの原因と冷静に向き合うことができれば、「そこまで怒ることではない」と気づくことができます。

「自分の怒りが正しい」と思った時には、怒鳴るのではなくなぜ自分が怒っているのかを冷静に伝えれば良いだけ。

そうすれば、相手を引かせることなく、あなたの気持ちも伝えられるはずです。

好きなものを口にする

短気な人は、イライラするとすぐにそれを口に出してしまいます。

そのため、イライラした時には口に出さないように好きなものを口にすると良いでしょう。

例えば、机の中にいつも飴やチョコレートなどを入れて置けば、イライラした時にすぐに口に入れることができます。

糖分を取ることで、疲れやイライラを抑え、冷静に考えることができるでしょう。

相手の立場に立ってみる

イライラする時、イライラさせた相手がいるはず。あなたにとっては、不快を与えた相手かもしれませんが、相手にもあなたと同じように考えや事情があります。

そのため、イライラした時には心を落ち着かせ、相手の立場に立って考えてみましょう。

「こんな風に考えているのかも」「こんな事情があるのかも」と気づくことができれば、あなたの不快感も消えるはず。

また、あなたが怒鳴った時、相手はどんな気持ちになるかも想像してみましょう。誰だって、怒鳴られるのは嫌なもの。相手の気持ちを考えれば、どんな言い方をすれば嫌な思いをさせないかも想像することができるでしょう。

書き出す

嫌なことがあると、短気な人はすぐに顔に出したり、態度に出てしまいます。

しかし、こういった行動が他人を不快にさせていることも。

他人を不快にさせたり、迷惑をかけないためには、イライラした時には口や態度に出すのではなく、ノートなどに書き出してみましょう。

殴り書きでも構いませんから、怒りを書き出すことで心をすっきりとさせることができるはずです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: