ビューティー自分磨き

敬遠される「短気な人」に見られる8個の特徴と直し方

7.孤立することを怖がる

短気な人は、小まめなコミュニケーションを求めます。なぜなら、「自分だけが知らない」という、孤立を恐れているため。

自分抜きの会議や飲み会などがあると、「どうして、誘ってくれなかったの?」と詰め寄ることになります。

自分がいない時に話しが盛り上がっていると、「何の話をしているの?」と内容を聞きだそうとするでしょう。

これも、自分の評価が気になっている故の行動と言えます。

8.不平不満を口にする

短気な人は、感情が表に出やすいタイプ。

何か嫌なことがあった時には、すぐに不平や不満を口にします

悪口を聞かされる方は、嫌な気持ちになりますが、短気な人は誰かに話すことですっきりとしているでしょう。

「あの人、いつも悪口を言っている」「不満ばかり言っているな」と言う人は、短気な人が多い傾向にあります。

短気な人と付き合うには

image by iStockphoto

短気な人が周りにいると、「仕事がしにくい」「ストレスが貯まる」と感じる人が多いでしょう。

友達であれば、ある程度我慢することができても、職場となれば「人付き合いが面倒」と感じる人も多いはず。

では、短気な人と付き合うには、どういった付き合い方をすれば良いのかご紹介しましょう。

距離感を保つ

短気な人が職場にいる場合には、「できるだけ、関わりたくない」と思うはず。しかし、職場となれば関わらない訳にはいきません。

そんな時には距離感を保ち、最低限の付き合いだけで済ませることがおすすめ。

例えば、仕事上での関わりがないのであれば、「おはようございます」「お疲れ様」といった挨拶はしっかりとしながらも、余計な話をしないこと。コミュニケーションを無理に取ろうとせずに、距離感を保てば、余計なトラブルもストレスも抱えることはなくなるでしょう。

おだてて気分を上げる

短気な人とうまく付き合いたいと思うのであれば、何よりも相手を良い気分にさせることが効果的。

短気な人は、すぐに切れるという特徴がありますが、気分よく接することができれば悪い人ではないはず。

そのため、おだてて良い気分にさせれば切れることはありません。おだてていれば、相手は「この人は、自分の味方だ」と思い、あなたに切れることもなくなるでしょう。

万が一、ミスや間違いに気付いた時には、内容にもよりますが下手に指摘をせず、流すことが必要です。

切れるポイントを探る

短気な人は、切れやすいという特徴がありますが、何にでも切れる訳ではありません。

そのため、何が切れるポイントとなっているのかを探ることがおすすめ。ポイントが分かっていれば、「これを言ったら切れるな」ということにも気づくことができるはず。

そうすれば、イライラさせることもなく、切れられることもなくなるでしょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: