ビューティー自分磨き

敬遠される「短気な人」に見られる8個の特徴と直し方

職場に短気な人がいると、「職場の雰囲気が悪い」と感じている人もいれば、「関わりたくない人がいる」と言う人もいるでしょう。それだけ、短気という性格は周りに不快感を与えているということ。では、短気な人にはどんな特徴があるのか、短気な人との付き合い方や短期の直し方をご紹介しましょう。

短気な人に見られる8個の特徴

image by iStockphoto

すぐに起こったり、機嫌が悪くなる人を見ると、「どうして、こんなに短気なんだろう?」と思う人もいるでしょう。

しかし、知らず知らずのうちにあなた自身も短気な態度を取っていることも。客観的に見ると、自分自身が「短気だったんだ」と気づくこともあるでしょう。

では、短気な人にはどんな特徴が見られるのか、ご紹介しましょう。

1.プライドが高い

短気の人は、プライドが高いという特徴があります。

そのため、人から馬鹿にされたり、下に見られるとすぐに切れる傾向に。

周りは、冗談のつもりでいったことでも真面目に捉え、起こってしまうこともあります。

周りから見ると、「冗談も通じない相手」と敬遠されてしまうこともあるでしょう。

2.自分が正しいと思っている

短気な人の多くは、「自分の考えが正しい」と思っています。

そのため、人からアドバイスや助言をされても聞き入れようとしないという特徴が。

自分の考えがあるということは悪いことではありませんが、周りの意見を受け入れないことで、どんどん視野が狭くなるでしょう。

その結果、仕事でも悪影響を及ぼしてしまうことがあります。

3.熱しやすく冷めやすい

熱しやすく冷めやすいというのも、短気な人の特徴のひとつ。

例えば、短気な人はちょっとしたことでも切れ、すぐに起こりますが、数時間経つと何事もなかったような態度を取ります。

そのため、周りからは引かれることも。

怒りの感情が持続しないというのは良いことではありますが、切れられた相手にとっては「何を考えているのだろう?」と驚かれることもあるでしょう。

4.不快なことに反応する

あなたは、人が良かれと思ってしてくれたことをどのように受け止めますか。

実は、短気な人は人が良かれと思ってしてくれたことでも、自分にとって「嫌だな」と思うことは相手の気持ちを考えず、否定したり断わったりします。

そのため、悪気がないものの人を不快にさせることが。

深いに思うことは誰だって嫌なものではありますが、相手の気持ちも考えた反応をすることが大人としての対応といえるでしょう。

5.評価が気になる

短気な人は、自分の感情を思うままに出すタイプではありますが、意外にも周りからの評価を気にする傾向に。

周りからすれば、「思うように感情を出しているのに、評価が気になるんだ」と呆れるかもしれませんが、短気な人は怒鳴って数時間経てば怒鳴ったことを忘れてしまいます。なぜなら、怒鳴ったには、自分なりの理由があるため「それは仕方がないこと」と解釈しているため。

それ故に、「周りは、自分のことを良く思っているはず」と思い込んでいるのも、短気な人の特徴と言えるでしょう。

6.何事にもせっかち

短気な人の多くはせっかち。何をするにも、「早く進めたい」と思っています。

そのため、チームなどで仕事を進める際にも周りの状況なども考えず、「早くして」と催促することに。当然、周りからは「自分のことしか、考えていない」と思われてしまうでしょう。

そうなれば、当然風当りは悪くなり、仕事もしにくくなるはずです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: