ディズニーライフスタイル

【レギュラーメニュー】ディズニーランドで1度は食べておきたいフード17選

何もかもがおとぎの国中のようなディズニーランド。パークフードも大変魅力的ですよね。パークを訪問する頻度が少ない人は、期間限定メニューに目を奪われがち。もちろん季節メニューも美味しいですしそこだけ攻めても多くのメニューを堪能できます。しかし、今回特集したいのは通年でオススメできるレギュラー商品。ずっと固定で店頭に並んでいるということはそれだけ人気があるという証です。なかでも1,000円以下で購入できるものを集めてみました。ぜひぜひ遊びに行った時にトライしてみてくださいね!

肉!肉!肉!なメニュー4選

image by iStockphoto

朝から晩までディズニーランドで遊びつくすならスタミナ必須!そんながっつりお肉のメニューがこちら。

1.スモークターキーレッグ

ディズニーランドのお肉メニューといえばコレ!というくらい人気の商品。以前はウエスタンランドのワゴンスタンドで販売していましたが、あまりの人気っぷりに専門店が登場。久々に食べようと思ったらワゴンが消えてる!?と焦ってしまった人もいるようです。

チキンよりも脂身の少ないターキー(七面鳥)を使用。じっくりと燻製させることであっさりとしながらもパサつきの少ない仕上げになっています。糖質も少ないので、実はダイエットメニューとしても優秀。よって男女問わず大人気のメニューとなっています。手が汚れやすいのでウエットティッシュの用意を忘れずに。

1本800円。かつては500円で販売していたなんて信じられないですよね…。販売店は以下の2店舗。どちらもウエスタンランドです。

・カウボーイ・クックハウス

・キャンプ・ウッドチャック・キッチン

2.テリヤキチキンレッグ

日本人だけでなく海外の方も甘辛いテリヤキ味はみんな大好き!そんな美味しいソースとぷりっぷりの柔らかなチキンレッグをドッキングさせたメニューがコレ。1本500円とリーズナブルなのが嬉しい。

大人気のため、お店の前には長蛇の列が…。あまりにも人が多すぎてトグロを巻いている時すらあるくらい混雑します。空いているな、と思ったら即購入が推奨。販売店はこちら。ディズニーシーでは食べられないメニューなので、ぜひともお試しあれ。

・スキッパーズ・ギャレー(アドベンチャーランド)

3.ポークライスロール

ふっくらモッチモチのもち米スティックを、甘辛く味付けした薄切りの豚バラで包み込んだ軽食。濃い目タレがご飯に染み込んで、いと美味し。バクバク食べ進んでしまいます。

肉々しさは上記のメニューほどではありませんが、お米を使っている分、腹持ちは良いです。軽めのお昼ご飯の代わりにもなりますよ。1本500円と、ワンコインなのも学生にも優しい。販売店はこちら。

・ペコスビル・カフェ(ウエスタンランド)

4.骨付きソーセージ

まるでカートゥーンから抜け出してきたような見た目のソーセージ。骨の部分をつかめるので手が汚れにくく、食べ歩きしやすい点はポイント高し。しかも、ソーセージ本体に隠れている骨の部分は本当に少ないので、見た目以上に食べる部分が多いです。

1本350円とフードメニューの中で最もリーズナブルな部類なのも魅力。小腹が空いたときにピッタリ。販売店はこちら。

・ヒューイ・ルーイ・デューイのグッドタイムカフェ(トゥーンタウン)

お手軽!サンド系メニュー3選

image by iStockphoto

気軽に食べやすいサンドイッチやバーガー系のメニューを特集。パークフードとしては低価格帯なので学生やファミリーにもオススメです。

1.グローブシェイプ・ローストチキンパオ

ミッキーの手袋の形をしたパオです。そこにローストチキンとスクランブルエッグ、みずみずしいレタスがサンドされています。見た目が可愛いので全体を写真に撮りたいですが、ペーパーを取り除いてしまうと崩れやすいのが悩みどころ。

卵があるおかげでお肉の味をかなりマイルドに感じられます。小さな子供も大好きな味ですね。単品は600円。販売店はこちら。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: