ディズニーライフスタイル

ディズニーホテルの共通・オリジナル宿泊特典を徹底解説!

ディズニーリゾートの提携ホテルはたくさんありますが、トップに君臨するのが「ディズニーホテル」。デラックスタイプの「ディズニーアンバサダーホテル」、「ディズニーシー・ホテルミラコスタ」、「東京ディズニーランドホテル」とバリュータイプの「ディズニーセレブレーションホテル」です。ディズニーホテルの宿泊特典を、どのホテルにも共通のものとホテルオリジナルのものと分けて徹底的に解説していきます。せっかく宿泊したのに、見逃した特典があったらもったいないですからね!

ディズニーホテル全ての共通特典

image by iStockphoto

ディズニーホテルの特典には全ホテル共通のものと各ホテルごとの特色ともいえる特典があります。デラックスタイプとバリュータイプの違いもあるので、まずは共通の特典から紹介していきましょう。

ハッピー15エントリー

パークのオープン時間15分前に入園でき、特定のアトラクションを体験・ファストパスを取得できるシステムです。

東京ディズニーランドでは「バズのアストロブラスター」、東京ディズニーシーでは「トイストーリー・マニア」と「ソアリン・ファンタスティック・フライト」が対象。メンテナンスや新アトラクション運用開始等で対象アトラクションが変更になることもあります。

これらのアトラクションを体験しなくても一般ゲストよりも早くお目当てのエリアに到達できるため、ショー・パレードの場所取りなどゲストにとっては非常にありがたいシステムです。一番乗りをしてウォルト像とシンデレラ城の間に誰もいない写真を撮影できた時は手が震えました。こんな特別感も味わえる特典です。

マルチデーパスポートスペシャル

マルチデーパスポートとは、2~4日連続してパークを訪問できるパスポートのこと。通常のマルチデーパスポートは、1日目と2日目はどちらか片方のパークのみ入園が可能で、行き来をできるのは3日目から。ホテルの宿泊者のみが購入できるマルチデーパスポートスペシャルは初日からパークの行き来が可能という、特別な仕様となっています。

また、名刺タイプのチケットは窓口でアップグレード(対象日数を増やす)ができなくなりましたが、ディズニーホテル宿泊者が未使用のパスポートをアップグレードする場合に限り現在でも手続きが可能です。ですので、バケーションパッケージは2daysだけれども、ディズニーホテル宿泊中の1日分をプラスして3日間のパスポートに変更することも可能。ただし、パーク利用期間中ディズニーホテルに宿泊している必要があるので、オフィシャルホテルとの抱き合わせはできません。

入園保証制度

せっかく奮発してディズニーホテルに泊まり、特別なパスポートも購入したのに入園制限を掛けられてパークに入れなかったら目も当てられません。そんなことにならないように、ディズニーホテル宿泊者には入園保証制度が設けられています。

ハロウィンやクリスマス、春休みなどの激込みの時期、あるいは遠方から遊びに来てお昼過ぎからしか来園できない人にとっては非常に活用しやすい制度です。

交通補助

ディズニーランドホテルとミラコスタはディズニーリゾートラインのフリー切符を、ゲストの宿泊日数に応じて配布しています。どちらのパークも片方のパークとは至近(ミラコスタはパーク内ですが)ですが、もう一方とは距離があるため、非常にありがたいシステムです。

アンバサダーホテルは両パークとも徒歩圏ですが、10分弱歩くことになるので、立地は他の2つのデラックスタイプのホテルに比べて見劣りします。その分、ディズニーリゾートクルーザーでゲストの送迎をして、ウィークポイントをカバーしていますね。

セレブレーションホテルは新浦安にあり、東京ディズニーリゾートの圏外です。新浦安駅からもかなり離れています。こちらもシャトルバスを運行してゲストが交通手段で困らないように送迎をしてくれますよ。

持ち帰りOK!可愛いルームアメニティ

流石ディズニーホテルだけあって、お部屋の内装もディズニー仕様ですがアメニティーも可愛らしいデザイン。歯ブラシやプラスチックのコップは持ち帰っても大丈夫ですよ。

なお、セレブレーションホテルの場合はボディーソープやシャンプー・コンディショナーは浴室に備え付けのため、持ち帰りができるアイテム数がデラックスタイプよりも少なくなります。また、デザイン自体もシルエットが主体とシンプルです。

大激戦!シェフミッキーの予約が有利に

2019年7月8日をもちまして、東京ディズニーランド「クリスタルパレス・レストラン」並びに東京ディズニーシー「ホライズンベイ・レストラン」でのキャラクターダイニングが終了しました。ショーレストランを除いて、キャラクターとグリーティングをしながら食事ができるレストランは「シェフミッキー」だけになってしまったんです。

元から予約が難しいのですが、現在本当に次から次へと枠が埋まってしまい、大激戦の「シェフミッキー」。なんとディズニーホテル宿泊者はホテル予約成立時から予約を入れることが可能です。一般の予約は訪問日の1ヵ月前、宿泊は5か月前(バケーションパッケージは6か月前)から開始なので、ディズニーホテル宿泊者が大変有利ですよね。

なお、旅行サイトを通じての予約だと一般とほぼ同じタイミングでの予約に回されるため、シェフミッキーを利用したい人は東京ディズニーリゾートの公式サイトから予約するのを推奨します。

キャンセル料が掛からない!?

ディズニーホテルではチェックイン14日前からキャンセル料が発生します。しかし、ディズニーホテル間での部屋の変更や人数の増減に関しては前日までならキャンセル料なしで振り替えてくれるシステムを採用。

ただし、変更前のお部屋をHPや電話で「キャンセル」してしまうとシステム処理上、キャンセル扱いになってしまい料金が発生します。予約サイトにせよ電話にせよ「変更」するようにしてくださいね。HP等に記載はありますが、大々的に「特典」と銘打っているわけではありません。特典というよりは裏技といった方が適切だったかもしれませんね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: