ビューティー自分磨き

特徴を知ればうまくいく!マイナス思考な人がハッピーになる5つの方法

「マイナス思考」と聞くと、とにかく良くない、嫌なイメージばかりが思い浮かびますよね。否定的なことばかり言って卑屈、慎重で面白みがない、気が弱い…などなど。自分がマイナス思考な性格であるということは、本人が一番自覚していることであり、マイナス思考な性格から抜け出したいと、もがいている人はたくさんいると思います。そこで今回は、マイナス思考で悩んでいる人に向けて、マイナス思考の性格の特徴(性格)をお伝えした上で、マイナス思考な人がハッピーになれる方法はないのか、その方法を探っていきたいと思います。自分のマイナス思考な性格に悩んでいるという人は、ぜひこの記事を読んでみてください。

マイナス思考な人っていったいどんな性格をしている?

image by iStockphoto

まず最初は、「マイナス思考」な人の性格の特徴について知ることからスタート。マイナス思考な性格がどんなものか知る必要がありますよね。もちろん、自分の性格くらい知っている!と思う人もいるはずですが、マイナス思考と一言でいっても、人それぞれ特徴は違うもの。マイナス思考の特徴に上げられているものが、全て当てはまるとも言い切れないのです。だからこそ、特徴をチェックして自分の性格を客観的にみることも大切。マイナス思考の性格の特徴について、大きく6つ分け。ひとつずつその特徴を説明していきます。

1. 【マイナス思考の大前提】考え方の基本が「マイナス」

image by iStockphoto

人の性格はそれぞれ、物事をプラスに考えることができる人もいればそうでない人もいる。マイナス思考な人は、物事の考え方のベース(基本)が「マイナス」なのです。プラス思考の人にとってはなかなかイメージしにくいことかもしれませんが、ひとつのコトを考えると、沸いて出てくる考えが、否定的。「できない」、「やりたくない」、「無理」、「失敗するかもしれない」などなど。物事に対して、「期待」や「希望」が持てないため、根本的にこういう考え方が根付いているのです。

筆者もマイナスになって悩んでいるとき、よくもこんなにマイナスなことが思い浮かぶな、卑屈になれるな、と客観視してしまうほど、基本がマイナス思考。もう根付いてしまっているのでしょうね。

2. 過去に成功経験がとにかく少ないので…

image by iStockphoto

・うまくいかない、無理という思いがいつも心の中にある

何か物事がうまくいくと、それって自分の自信につながりますよね。また、成功した経験、つまりうまくいく方法というのを学んでいるからこそ、次にうまくいく方法を過去の経験から探し出して行動することができる。

マイナス思考の人の多くは、こうした過去の成功経験が非常に少ない傾向(もしくは目標値を高く設定しすぎて、成功しているのに失敗と決めつけてしまっている)自分があり、「うまくいく」というイメージを頭の中で作り出すことができません。

・理想ばかり掲げてなかなか行動しない=何も変わらないことを嘆く

それでも、自分の中に理想というのは誰しも持っていますよね。仕事で成功したい、お金持ちになりたい、いい大学・会社に入りたい、幸せになりたい、などなど。マイナス思考の人の中にも、こうした理想というものはあるものの、結局のところ「無理」という否定的な思いが湧いてきてしまう。結果、行動力を減退させてしまうので、なかなか思い切って行動ができない。

行動しなければ、現状は変わらないにもかかわらず、変わらないことを嘆く、これもマイナス思考な人の特徴のひとつなのです。そして、いつの間にかどんどん時間が経って、後悔だけが残る、ということも。

3. とにかく、自分に自信がないから…

image by iStockphoto

・自己肯定感が著しく低い

自分に自信がない、というのはつまり「自分で自分を認めていない」ということ。どんな人にでもできることとできないことはありますよね。できないことというのは、決して悪いことではないのに、マイナス思考な人はできないことがあると常に自分を責めてしまう。それが自分を否定する原因になるのです。

他人に認められるよりも、自分自身が自分を肯定してあげないと、自分の存在価値を他人に求めてしまうことに。どんなに努力しても、満足感で満たされることはなく、ただただ虚しさが残るだけ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: