おすすめアイテムコスメビューティーメイク女子力

乾燥肌だからと諦めないで!ドライスキンに大切なスキンケアと6つのメイクポイント

乾燥肌、ドライスキンの人にとって、メイクのキープ力が悩みになっている人も多いはず。「肌質だから、仕方がない」と諦めている人も多いのではないでしょうか。しかし、乾燥肌であってもスキンケア次第で肌の状態は変わりますし、メイク持ちもアップします。では、乾燥肌に必要なスキンケア、メイクのポイント、おすすめコスメをご紹介しましょう。

乾燥肌、ドライスキンはメイク前のスキンケアが鍵!

image by iStockphoto

乾燥肌に悩んでいる人の多くは、「メイクが長持ちしない」と感じているはず。

実は、メイク崩れの原因の一つは乾燥。肌が乾燥していると、どうしてもファンデーションのノリが悪くなり、キープ力も弱まってしまいます。

そのため、乾燥肌の人はメイク前にどれだけスキンケアをしたかが重要

ちゃんと乾燥ケアしていないにも関わらず、ファンデーションをつけてしまえば当然崩れやすくなるでしょう。

乾燥肌と自覚している人は、まずはスキンケアの見直しが必要です。

乾燥肌のスキンケアポイント

image by iStockphoto

乾燥肌に悩む人の中には、「肌質だから、これ以上どうしようもない」と諦めている人が少なくありません。

しかし、乾燥肌であってもケア次第で肌の状態は変えることができます。

では、乾燥肌の人はどういったスキンケアが必要なのか、ご紹介しましょう。

洗顔で皮脂汚れを落とす

乾燥肌の人の中には、「これ以上、肌が乾燥しないように」と洗顔を避ける人もいます。特に、朝は「洗顔をしていない」と言う人も多いのではないでしょうか。

しかし、朝の肌というのは余分な皮脂だけでなく、汚れもついています。

このままの状態でメイクをしていまえば、汚れが酸化してしまい、肌に悪影響を及ぼすことに。

毎朝の必要はありませんが、最低でも1日おき程度に朝は洗顔を行い、汚れを落とすようにしましょう。しっかりと汚れを落とすことができれば、化粧水や美容液なども浸透もよくなり、肌乾燥を防ぐことができます。

洗顔の際には、洗顔力の強すぎないものを選ぶこと、ごしごしこすらないこと、ぬるま湯で行うことが基本です。

スキンケアは正しい順番で

あなたは、洗顔後のケアはどのように行っていますか。

基本、洗顔後は化粧水をつけてから乳液やクリーム、美容液などを使うことになりますが、メーカーやシリーズによっては順番が異なることがあります。

正しい順番で使わなければ、本来の効果を発揮することができません。

この機会に使い方などをチェックしてみましょう。

また、ケチって少量使っている人も多いですが、少なすぎも本来の効果を得ることができませんから、使用目安量を守って使うことが必須です。

乾燥が気になるところには

乾燥肌と言う人の中には、「部分的に乾燥するところがある」と言う人もいるはず。

特に、目元や口元、頬などは乾燥しやすい部分ですから、これらの部分の乾燥が気になっている人が多いでしょう。

スキンケアの際、こういった乾燥が気になる部分には他部分よりも少し多めに付けることがポイント。少し時間をおいてから、更に重ね付けすることで保湿力を高めることができます。

たまにはパックでケアを

「本当は、毎日のようにパックしたいけれど、経済的に難しい」と言う人もいるでしょう。

そんな人は、プチプラ化粧水を上手に使ったコットンパックがおすすめ。

コットンパックであれば、ケチることなくたっぷりと使うことができ、効果も実感することができます。

コットンに化粧水をたっぷりとつけ、そのコットンを乾燥が気になる部分に貼って2、3分放置することで乾燥を抑えることができるでしょう。

乾燥肌の6つのメイクポイント

image by iStockphoto

乾燥肌の人は、メイク前の準備も大切。そして、メイク時にも工夫が必要です。

では、乾燥肌の人はどのようなメイクを心がけたら良いのか、ポイントをご紹介しましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: