マナー公共マナー

知ってるようで知らない?お辞儀や拍手だけでない神社参拝のお作法を覚えよう!

▼振り返りポイント

・神社では主祭神からはじめに参拝する

・主祭神の後は参拝しやすい順でOK

その五:お辞儀や拍手の仕方は?

image by iStockphoto

遠方からも参拝者のある神社では、お社の横に拍手や礼のやり方が看板になっていることもあります。しかし観光地ではない場所の神社ではこうした手順書はありませんし、神社の参拝方法は知っておいて損はないものですから、この機会に正しい参拝方法を身に着けてしまいましょう。

お賽銭を入れるときは…

神様へのお供えとして、お社では一番はじめにお賽銭を賽銭箱に入れます。お供えですから間違っても投げ入れたりせず、静かに箱に入れるようにしてください。人が多すぎて賽銭箱までが遠いという時は無理をせず、順番を待ってからお参りするようにしましょう。鐘はお賽銭をした後に数回シャラシャラと、数回静かに鳴らせばOKです。

お声掛け方法はどちらでもOK

神様へのお辞儀・お声掛けにあたる礼と拍手のやり方には、二礼二拍手一礼と二礼四拍手一礼(礼=お辞儀)の二種類があります。神道の正式な方法としては二礼四拍手一礼ですが、略式とされる二礼二拍手一礼でも構いません。お祈り前にどちらかをし、お祈り後は一度礼をしてからお社を後にしましょう。

▼振り返りポイント

・お賽銭は静かに入れる

・お賽銭の後に鐘を鳴らす

・神社では二礼四拍手一礼、もしくは二礼二拍手一礼

その六:御朱印はサヨナラの際に

image by iStockphoto

昨今は御朱印集めが趣味の「御朱印ガール・御朱印ボーイ」が増えていますね。御朱印とはいわば神社ごとに決められたサインのようなもの。御朱印集めが趣味の方は初詣やお祈りのためだけではなく、全国各地の神社を巡り、スタンプラリーのように御朱印を集めてまわるのです。参拝者が増えることは神社にとっても喜ばしいことではありますが、コレクションを増やすことに夢中になりすぎないようにしないといけませんよ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: