マナー公共マナー

知ってるようで知らない?お辞儀や拍手だけでない神社参拝のお作法を覚えよう!

お正月の初詣や七五三、験担ぎなど、おめでたい日やお願い事があるたびに訪れるスポット・神社。信仰の有無に関わらず日本人には馴染み深い場所ですね。仏教系が多いとはいえ、参拝する際はきちんと神様に敬意を払えるようにしたいもの。そこでこちらでは神社の参拝方法について、順を追ってご紹介していきます。

その一:鳥居は玄関!「お邪魔します」と挨拶を

image by iStockphoto

神社の入り口に必ず設置されている鳥居、普段何となくくぐってはいませんか?神社の象徴ともいえる建造物ですが、参拝する際はあまり意識されていないようですね。実は飾りのように捉えられがちな鳥居にも、このような役割があるのですよ。

鳥居をくぐる前にお辞儀がベスト

他所の家に遊びに行ったら「お邪魔します」と言いながら上がらせてもらいますよね。あの世とこの世の境目を表す神社の玄関ともいえる鳥居では、それと同じように挨拶するべきなんです。鳥居をくぐる前にお辞儀をしてから入るのが正式な方法ですが、参拝者が多い神社では難しいですし、心の中で念じるだけでもOKですよ。帰りがけも「お邪魔しました」の気持ちで挨拶できるとなお良いですね。

▼振り返りポイント

・鳥居をくぐる時にはお辞儀をする

・心の中で「お邪魔します」と念じるだけでも◎

その二:参道の端を歩きましょう

image by iStockphoto

整地されていないこともありますが、神社の敷地内から延びる道のことを参道といいます。お参りをするためには必然的にこの参道を辿っていくことになりますね。道は道でも、神社から続く参道では注意すべきポイントがあるとご存知でしたか?

真ん中は神様の通り道

式典などの主賓が道の真ん中を歩くように、参道の中央・正道とよばれる部分は神様専用の通り道と考えられています。そのため参道では道の端を歩くようにするのが正しい方法なんです。他の参拝者と譲り合って、できるだけ外側を歩くように意識しましょう。また参道脇に玉石が敷かれている場合、そこを歩き音がたつことで邪気を払う効果があるといわれていますから、参道の上を歩くよりも有り難いことといえるでしょう。

▼振り返りポイント

・参道の中央は神様の通り道

・正道を避けて歩くのがベスト

・玉石の上を歩けば邪気を払ってくれる

その三:身綺麗にしてからお会いする!

image by iStockphoto

お参りが難しいと感じてしまう要因として、手水舎(てみずしゃ)の利用方法が分かりにくいということが挙げられます。神様にお会いする前に身を清めるための場所ということは知っていても、神社に行った際利用している方は少ないのではないでしょうか?会社で目上の人に会う前に身なりを整えるように、神社で神様と相対する前にも身を清めることはとても大切なことなんですよ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: