アイデア・コツライフスタイル料理・食事

【ギネス認定!】栄養価の高い果物No.1「アボカド」の基礎知識とおかずレシピ

アボカドは「世界一栄養価の高い果物」として、あのギネスブックにも認定されている果物です。クリーミーでまったりとした食感から、特に女子に大人気!アボカド料理の専門店もできているほどなんです。そこでこの記事では、大人気のアボカドの栄養素や効能、美味しい食べ方のレシピなどをご紹介していこうと思います。ぜひチェックしてくださいね!

◆アボカドの基礎知識

image by iStockphoto

アボカドは、クスノキ科ワニナシ属の常緑高木(じょうりょくこうぼく)で、私たちが食べているのはその果実です。アボカドは「野菜」と勘違いされている方も多いですが、「果物」なんですよ。高木と言われるだけあって、果樹園などで栽培されている樹木の高さは約10m。野生のものになると、30mを超えるものもあるそうです!

原産国はメキシコ中央アメリカで、低温に弱いため、主に熱帯亜熱帯に生育しています。13世紀から15世紀ごろにアステカ族によって栽培が開始されたと言われていて、16世紀ごろにアメリカに渡った後、ヨーロッパやオーストラリアへと伝わったそうです。

日本へ入ってきたのは、まだほんの100年ほど前のこと。和名は「ワニナシ」で、緑色でザラザラとした皮の質感や、その形から名づけられました。昭和40年ごろまでは「ワニナシ」と呼ばれることの方が多かったようです。

◆主な産地と旬の時期

image by iStockphoto

アボカドの主な産地は、メキシコ・ブラジル・カリフォルニア・ニュージーランドなど。私達が普段スーパーなどでみかけるアボカドのほとんどは、メキシコから輸入されたものです。日本国内でも和歌山県愛媛県などで栽培はされているのですが、生産量が非常に少なく、残念なことにほとんど市場に出回ることはありません。国産のアボカドは外国産のものと比べて、濃厚な味が特徴です。

アボカドの旬の時期は、メキシコなどの北半球では3月~9月。ニュージーランドなどの南半球では10月~1月。国産のアボカドに関しては、収穫される12月~1月頃と言われています。栽培されている地域によって旬の時期がずれているので、私達は年間を通して美味しいアボカドを頂くことができているんですね。

◆食べごろのアボカドの見分け方

image by iStockphoto

アボカドはまだ未熟なうちに収穫され、常温で追熟させてから出荷されています。そのため店頭に並んでいるものの中には、まだ未熟なものや、反対に熟し過ぎているものも含まれているんです。

そこでここでは、「食べごろに熟しているアボカドを見分けるためのポイント」をご紹介したいと思います。あなたもアボカドを買う時には、以下の4つのポイントをチェックしてみてくださいね!

【食べごろのアボカドを見分けるポイント】

その1. 皮の色が黒っぽくなっていて、ふっくらとしているもの

その2. 優しく握った時に、表面が少しだけ柔らかく弾力があるもの

その3. ヘタの部分が若干乾いていて、浮いてきているもの

その4. 優しく握った時に、ぐにゃっとへこむものは熟し過ぎなので避けましょう

◆アボカドの正しい保存方法

image by iStockphoto

アボカドの正しい保存方法は、「未熟な場合」「熟している場合」とで異なります。買ってきたアボカドの状態によって、下記のように保存しましょう!

【未熟なアボカドの場合】
アボカドの表面がまだ硬かったり、皮の色が緑色の場合は、追熟させる必要があります。そこで気を付けたいのが温度!アボカドを追熟させる時の温度は20度くらいがベストで、5度以下になってしまうと低温障害を起こしてしまい、27度を超えるような暑い場所では傷むのが早くなってしまいます。温度には十分に気を付けながら、紙袋などに入れて追熟をさせましょう。早く熟させたい場合には、エチレンガスを発生させるリンゴやバナナなどを一緒に袋に入れておくと早く熟成が進みますよ。

【熟したアボカドの場合】
食べごろに熟したアボカドの場合は、ビニール袋などに入れて冷蔵庫で保存し、2、3日中には食べるようにしましょう。冷蔵庫に入れた状態で日にちが経ってしまうと、低温障害をおこして果肉が黒くなってしまうことがあります。

【使いかけのアボカドの場合】
使いかけのアボカドを保存する場合は、空気に触れた所から茶色っぽく色が変わってきてしまうので、ラップでぴったりと包んで冷蔵庫に入れるようにしてください。また種付きのまま保存したり、レモン汁をかけてから保存すると変色を防ぐことができますよ。

【冷凍保存する場合】
熟したアボカドは冷凍保存することができます。種と皮を取り除いた状態で、レモン汁をからめてからぴったりとラップで包んで冷凍しましょう。ディップソースやサラダなど、チョット使いたい時にあると便利です。解凍する時は自然解凍してください。

◆アボカドの栄養と効能

image by iStockphoto

アボカドに栄養があるのは知っているけれど、詳しくは知らないという方も多いと思います。アボカドは、ビタミンや葉酸、鉄、マグネシウムなどをバランスよく含んでいる、バランス栄養食材です。ここではその栄養素と期待できる効能について、詳しくご紹介していきます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: