マナーメイク冠婚葬祭

葬儀でもノーメイクはNG?髪型は?いつもと同じは失礼な葬儀の化粧の基本

親しかった人との最後のお別れには大きな悲しみがついてきます。急なことだったり、あまりの悲しさに準備らしい準備ができないということもあるでしょう。通常外出する際女性は化粧をするものですが、葬儀の時にどうすればいいか分からない方も多いはず。実は悲しみの中にあってもノーメイクでは失礼になってしまうんですよ。こちらでは葬儀に参列する際の化粧や髪型についてのポイントをまとめました。

お見送りの場に相応しい化粧のポイント

image by iStockphoto

お化粧をする際は毛穴を隠して艷やかな肌にしたり、ラメで華やかさを演出したりしますよね。日常のメイクでは当たり前のことですが、悲しみの場には似つかわしくないといえます。しかしノーメイクでは見送る故人や参列者に失礼となってしまいますから、やはり化粧はしていくべきなんです。やり過ぎは良くなく適度なメイクに見せるには、どういったことに気をつければ良いのでしょうか?

輝きのないマットなベースメイク

ツルンとしたパール肌は女性の憧れでもありますが、艷やかな肌を演出するファンデーションにはラメが入っているものもあります。屋外では分かりにくくとも、葬儀場では室内灯に照らされるためかなり華やかに見えてしまうんです。普段お使いのファンデーションが輝きを含むタイプであった場合は、マットに仕上がるタイプも持っておくといざという時に安心ですよ。

明るくならない程度のチーク

ほほに塗るチークには、血色を良くし若々しく見せてくれる効果があります。若い方は濃い目のチークで可愛らしい雰囲気を演出されたりしますね。お洒落をする上で欠かせないという方も多いチークですが、葬儀場では元気で華やかな雰囲気は避けるべきですから、チーク無しのメイクを心がけましょう。しかし葬儀場であまりに顔色が悪いとかえって心配されてしまいますから、メイク後の顔を見て必用そうであれば、ラメの入っていないチークをサッとひと塗りすると良いですね。

華やかにならない目元

メイクではアイラインやマスカラ、アイシャドウなど、目元を強調し大きく見せる手法がたくさんありますよね。お化粧で目元の印象を変えることでより素敵な自分になることができますが、それと共に華やかさもプラスしてしまいます。葬儀場で過度な装飾は好ましくありませんから、葬儀に参列する際は以下の点に注意して目元を整えてくださいね。

・アイライン:

丸く大きな目元は元気な印象を与えてしまうため、アイラインは目尻から少し出るくらいまでの切れ長に引くようにしましょう。

・アイシャドウ:

ラメ入でない落ち着いた色味のものが好ましいです。しかし多くのアイシャドウはきらびやかなタイプですから、葬儀前にマットなタイプが手に入らない場合はアイシャドウ無しで仕上げてしまいましょう。

・マスカラ:

昨今はさまざまなボリューム感と雰囲気のマスカラが売られていますが、葬儀に行く際はドーリーなフサフサまつげにならないよう注意してください。ビューラーでまつげを上げるだけで十分ですが、もしどうしてもという場合は、細めに仕上がるマスカラを重ねづけ無しで塗るようにしましょう。

マットで落ち着いた色味のリップ

普段からナチュラル・シックなメイクの方は問題ないかと思いますが、葬儀にはグロッシーなものやラメ入りのリップはNGです。リップが艷やかなだけでも輝きあるメイクになってしまいますから、ヌーディーな色味のものや落ち着いたカラーのリップで整えるようにしてください。もしグロスしか手元にない場合はティッシュでオフしておくと輝きが抑えられますよ。

付けまつ毛やネイルはオフ!

日頃付けまつ毛やネイルをしていると忘れてしまいがちなのですが、葬儀にはこうした装飾も相応しくありせん。葬儀に参列するならマツエクサロンやネイルサロンに予約・オフしてもらうようにしてください。せっかくのお洒落ですしもったいないという気持ちもありますが、故人をきちんとお見送りするためにも忘れないようにしてくださいね。

次のページを読む
1 2 3
Share: