ビューティー女子力自分磨き

恋愛に不器用な理由8選…好き嫌いじゃなく、損得で考えよう!

恋愛に不器用だと悩んでしまうのは、損得で考えていないから。恋愛に不器用だと悩むひとは、恋愛における行動の判断基準をだいたい“好き嫌い”にしてしまっているのです。そこで今回は、恋愛に不器用になってしまう理由を、「自分の損得で行動したほうがいいよ」という視点でお伝えしていきたいと思います。

不器用だと悩む前に…あなたは恋愛してメリットのあるひと?

image by iStockphoto

恋愛に不器用だと、長い人生において大損してしまいます。それは、愛情面はもちろん、金銭面や健康面においても。器用なひとなら100%得るだろうメリットなのに、恋愛に不器用だと半減してしまったり、限りなくゼロに近い数値しか得られなくなったりするのです。

恋愛って、男女間に生まれた純粋な感情ばかりでは成り立ちません。やはり誰しもが、好きという気持ち以外にも、何かしらメリットを感じるからこそ「特定の異性と付き合いたい!」と心が動くのです。

あなたは、恋愛してメリットのあるひとでしょうか。正直なところ、男性からすると不器用な女性と恋愛してもメリットないです。だって、楽しくないから。一緒にいても、疲れちゃうから。

だからこそ、恋愛に器用な女性になりましょう。器用になれば、一緒にいて楽しくなるので男性から大切にされるようになります。また、たとえ恋の終わりを迎えても、自分に対しての後悔も減るので「また恋愛しよう」と前向きに思えるようになれるでしょう。

その1 「好き」と素直に伝えられない

image by iStockphoto

恋愛に不器用な女性は、彼に「好き」と素直に伝えられないことが多いです。それは、そういった気持ちを言葉にするのが苦手だからとか、恥ずかしいからなど、“嫌”という感情で最終決定してしまうから

しかし、好きと思ったときに「好き」と伝えなかったら、いつ伝えられる日がくるのでしょう。恋愛感情って、男女ともにけっこう脆いです。

お互いに好きという気持ちを確かめ合って恋人同士になったとしても、何度も言葉を補充しなければ「彼女は俺のこと、本当に好きなんだろうか?」と、男性は不安になってしまいます。

また、好きなひとから「好き」と言われれば、誰だって単純に幸せを感じられるという効果もありますね。損得で考えれば、素直になれないオンナは損をするってこと、明白なのではないでしょうか?

その2 プライド高すぎで泣けない

プライドが高すぎて泣けないのも、恋愛に不器用な女性にありがちなことです。彼に何かしらキツい口調で怒られたり、目の前で他の女の子とこれ見よがしに仲良くされたり。知らない間に、ちゃっかり浮気されてしまうこともあるでしょう。

そんなとき、不器用な女性は泣けません。本当は泣きたいのに、強がりで唇をかみしめてしまうのです。「今、私は悲しい思いをしているの!」と、不器用ゆえに言語化もできなければ、プライドが邪魔をして女の武器すらも発動できない。

胸中は、言葉にしようとすれば泣いてしまうかもしれない、彼の前で泣くなんて恥ずかしいから嫌、というところなのでしょう。だけど、言葉にもできず、泣きもしなかったら、男は言いたい放題言ってくるし、やりたい放題やってくるものです。

だって、男はハッキリ伝えないと理解してくれない性質が根底にあるから。もしも「泣いてもダメ」って言われたら、愛されていない証拠!恋愛を損得で考えれば、プライドは一旦置いといて、泣いてしまったほうが女性にとってメリットになることもあるのです。

その3 「コレ手伝って」「アレ買って」と甘えられない

image by iStockphoto

女性は頼られてしまうと、精神的負担に感じてしまうことが多いでしょう。しかし、どんな男性も、できるできないは別として、女性に頼られることを好意的に感じます。だって、それが性別の差だから。

それなのに、「コレ手伝って」「アレ買って」と、恋愛不器用さんは甘えることができません。“甘えると彼に嫌われてしまうかも…”と不安になってしまうのが、恋愛不器用さんの思考回路なのです。

これって、子供が親に甘えるのと似ています。もしかすると、恋愛に不器用なひとは、幼少の頃に両親から上手に愛情を引き出すことができなかったひとなのかもしれませんね。

だけど、親からすると叶えてあげられるかどうかは別として、やっぱり素直に甘えてきてくれる子供のほうが可愛い。だからこそ、嫌われるかもという感情ではなく、自分にとっての損得で行動しましょう。

「無理!」と断られるかもしれないけれど、それはそれでいいじゃないですか。また、「いいよ!」と快諾してもらえれば彼との仲も深まりますよ。

その4 断るべきことを断れない

image by iStockphoto

断るべきことは、ちゃんと断ったほうがよいです。たとえば、デートの約束を一方的な都合でよくドタキャンしてくるとか、お金貸してくれないかなとか、避妊ナシで楽しみたいんだけど、とか。

こんな要求を我慢したって、女性にはメリットがない。それどころか、下手すると都合のいいオンナになり下がってしまう危険性すらあります。だけど、それを「彼に嫌われたくないから」と受け入れてしまうのが恋愛に不器用な女性です。

これは男性だけに限らないのですが…。他人から、少しでも疑問に思ってしまうような要求をされたときは、一旦保留にするとか、断ってしまうクセをつけておいたほうが無難です。

なぜかというと、損を要求してくる男性は、好意がないことの表れだから。だからこそ、「好きだから我慢する」のではなく、「得にならないからお断り」の観点を持ったほうがおすすめなのです。

その5 外見にオンナらしさを出さない

image by iStockphoto

恋愛に不器用な女性は、なぜか外見にオンナらしさを打ち出さないです。せっかく、オンナに生まれてきたのに、必殺の武器をアピールしない。まるで女であることを隠すように、地味なTシャツにジーンズとか、カジュアルすぎるコーディネイトにまとめてしまうんです。

それもやっぱり、恥ずかしいから嫌、女の武器を使っているようで好きじゃないとかが理由。これって、絶対に人生で損します。もちろん、胸が見えるような露出の激しいファッションがおすすめと言っているワケではないです。

だけど、たまにはオンナらしいスカートとか、リボンのついているワンピースなどを着たほうが、絶対に男ウケがよくなる。だって、男はスカートを着用できないから。男の自分にないもの、それが“女らしい”ということなのです。

そして、女らしさは色気にも直結します。色気があるだけで、ビックリするくらい男性からモテるようになるのです。だって、男性の目的はソレだから。損得で考えれば、「恥ずかしいから嫌!」は大損するってわかりますよね?

その6 男性のして欲しいことに気づけない

恋愛に不器用な女性は、男性のして欲しい気持ちに気づけないことが多いです。「優しい言葉をかけて欲しいな」とか、「エッチはもっと積極的にしてくれたら嬉しいな」とか。男は口にしないだけで、無数の欲望を抱いていたりするのです。

そんな男性の願いになぜ気づけないかというと、男性に甘えて尽くしてもらうということをしないから。愛をかけてもらえれば、「こうやって返せばいいんだ」「こうしてもらえれば、こんなに嬉しいんだ」ということがわかります。

だけど、甘えたら嫌われるかも、甘えるのは恥ずかしいという気持ちが先立っているから、いつまでたってもピンとこない。また、気づいていたとしても、優しい言葉を口に出すのが恥ずかしいとか、自分から積極的なエッチなんて嫌と思っている場合もあるでしょう。

恋愛を好き嫌いで判断すると、どんどん不器用になってしまいます。そして、不器用な女性と恋愛したって、男はトキめかない。このように、彼の得になることは、あなたにとっても得になるということなのです。

次のページを読む
1 2
Share: