ライフスタイル文化趣味

世界を救うだけじゃないの?今さら聞けないドラクエの魅力5つのポイント

ドラゴンクエストと言えば、ゲームである。それくらいは知っていると言う方も多いと思います。青いプルプルした可愛らしい生き物がスライムと呼ばれているのは有名ですよね。でもあまりに有名すぎて、今さら「ドラクエって何なの?」などとは聞けない雰囲気なのも分かります。そこで、シリーズを紹介しながら、ドラクエとは何なのか、その魅力などをお伝えしていきますね。なお、コミックスや外伝、モンスターズなど派生作品も多々あるドラクエですが、ここではドラゴンクエスト1~11と、ナンバリングのついたゲーム作品を紹介します。

ドラゴンクエストとは何か?その魅力5つのポイント

image by iStockphoto

ドラゴンクエストとは、プレイヤーであるあなたが主人公となって世界を冒険するゲームです。ゲームのジャンルで言えば、RPGですね。第一作目が発売されたのが1986年。以来、老若男女様々な人を虜にし、続編が次々と発売されてきました。これほど長い間ドラクエが愛され続けるのは何故なのでしょうか。その魅力を考えてみました。

ポイント1:剣と魔法の世界観

ドラゴンクエストの世界には、武器や防具を売っている店があり、魔法を使える人もいます。プレイヤー自身も剣を使い魔法を唱えて冒険を繰り広げるのです。どのナンバリングタイトルも戦えば戦うほど経験値やお金が手に入り、さらに強くなることができます。

戦って自分が強くなる楽しさ。お金を手に入れて高価な武器や防具を買うワクワク感。そして、魔法です。ドラクエの魔法は戦うばかりではありません。各タイトルによって使える魔法に多少の違いはありますが、たいまつの代わりに洞窟の中を光で照らしたり、今まで自分が立ち寄った場所へワープしたり、はたまた毒の呪いを解いたり、鍵のかかっている扉を開ける魔法なんてものもあります。

自分がどんどん強くなる剣と魔法の世界観は、ドキドキワクワクしますよね。

ポイント2:どこか愛らしいモンスターたち

剣と魔法で戦うなんて、どんな恐ろしい敵を相手にしなければならないのだろうかと思う方もいるかもしれません。ゾンビか、それとも人食いの化け物か。いいえいいえ。ドラゴンボールの作者・鳥山明氏のデザインしたモンスターたちは、何となく可愛い、憎めない姿をしているんですね。

ぷるぷるのスライムは、真ん丸の目をしていてひょうきんな雰囲気です。他にも、カラスやイモムシ、クマなど実在の生き物をモチーフにしたモンスターも多数います。しかし、そのどれもが可愛くデフォルメして描写されていますよ。そのため、モンスターに怯えてプレイできない、と言うようなことはそうそうないのです。

ドラゴンクエストが、子どもや女性でも楽しめる要因の一つですね。

ポイント3:素敵なBGM

ドラゴンクエストの魅力の一つに、素敵なBGMがあります。フィールドを歩いている時や、戦闘中、街中などいろいろな場面の曲が用意されているんですね。雄大な大地を思わせてくれたり、楽しい人々の賑わいを感じられたり、作曲家・すぎやまこういち氏の作った曲がゲームの世界に彩りを与えてくれます。

驚くべきなのは、ドラクエのBGMはシリーズ当初からとても素敵だと言うことです。1986年のゲームと言えば、キャラクター描写はカクカクのドット絵時代ですね。今のように、リアルなキャラクターが踊ったり、豪華な音楽が流れるわけでもない。にもかかわらず、ゲームで流れる音楽は素敵なんですね。

その後、オーケストラコンサートが開かれたり、BGM音楽集が発売されたりと、音楽もシリーズと共に発展しています。

ポイント4:分かりやすく感情移入できる物語

ドラクエの物語はとても分かりやすいものです。世界を支配する魔王を、プレイヤーが倒す。そして世界を救うと言う目標がきちんと提示されています。そのため、プレイヤーは次に何をするのか、何を目標にすればいいのかとても分かりやすくなっていますね。

また、基本的にドラクエの主人公にはセリフがありません。そのため、プレイヤーが自由に解釈し、すんなりと感情移入できるようになっています。もちろん、様々な伏線が貼られていたり、深い考察がなされるシーンなど、大人が考え込んでしまうシーンなんかも盛り込まれているんですね。

分かりやすく目標に向かっても良いですし、考察を重ねながらゆっくり歩んでも良い。ドラクエの物語は誰もが楽しむことができるんです。

ポイント5:個性光るわき役キャラクターたち

ドラクエの魅力と言えば、名わき役たちです。主人公と一緒に戦ってくれるパーティーメンバーはもちろんのこと、物語を進めるうえで重要なNPCたちはとても個性豊かなんですよ。

私が印象に残っているのは、ドラクエ3「エジンベア」の住民たちです。エジンベアは世界の端にある島国。今まで世界を旅してきた勇者にとって、最果てともいえる場所ですね。ところが、エジンベアの住民たちは勇者一行を田舎者と馬鹿にします。「何と無礼な!」と怒りそうですか?ところが、広い世界を旅してきた者としては、逆に「こんなちっぽけな島で引きこもり、世界を知らないんだなぁ」と、住民たちを哀れに思ってしまうんですよね。

ドラクエの世界に住む住民たちは、まさにその世界を生きている人です。娘と主人公を結婚させようとする大金持ち、裏切られた悲劇の勇者、モンスターの研究をする者、邪教の信者などなど。様々な人の人生を感じることができますよ。

ナンバリングタイトルの紹介

image by iStockphoto

一口にドラクエと言っても、世界観を全て同じくするものではありません。1~3そして最新作の11と言ったロトシリーズ。4~6の天空シリーズ。他にもMMORPGである10など、多様です。すべてに共通するものと言えば、やくそうなどの一部アイテム。ホイミやギラと言った魔法です。では具体的に各タイトルがどのような物語なのかご紹介していきますね。

次のページを読む
1 2 3
Share: