ディズニーライフスタイル出産子育て

【子連れディズニー】真冬の子供の服装は?防寒対策を二児のママが解説!

クリスマスやお正月シーズンを終えた後のディズニーは閑散期に入ります。混雑を避けたいのであれば、卒業シーズンを迎える前に冬のディズニーに行くのも良いですね♪海沿いの立地のため、パーク内は想像以上に寒さを感じてしまうかも…子連れでも安心して楽しめる、真冬の防寒対策について二児ママが徹底解説致します!

冬のディズニーはどのくらい寒い?

image by iStockphoto

ディズニーは海沿いに立地しているため、冬場の風が強い日には海風で体感温度がグッと下がります待ち時間は身体を動かすこともできないため、より一層寒さを感じるでしょう。小さいお子さんには厳しい寒さと言えますから、雪国へ行くくらいの寒さを想定して準備しましょう。

風が少なく、日中日差しのあるうちは暖かく感じる日もありますが、朝晩の寒暖差は相当なものです。最高気温が高めの予報でも風次第で体感温度が変わりますので、油断してお子さんが風邪をひいてしまうことのないように気をつけましょう。

お正月や冬休みのシーズンを終えるとディズニーは閑散期を迎えます。お得にパーク内を楽しめる時期でもありますので、しっかりと対策して冬のディズニーをお子さんと一緒に楽しみましょう!

ダウンジャケットやブーツで徹底的に防寒する

冬のディズニーへ行くなら、ダウンジャケットが必須です!暖かい日でもインナーなどで調節し、薄手のコートなどは避けてくださいね。コートの下にウルトラライトダウンを着るのも暖かいです。赤ちゃんなら足つきロンパースタイプのダウン地のコートがオススメ。隙間から風が入りますので、手も足も繋がっているタイプの物が暖かくて安心です。

スニーカーは足先が冷えやすいので、中綿や裏地にボアのついたのブーツなどを履くと暖かいでしょう。たくさん歩きますので履きなれたものを選びます。適当な靴がない場合には靴下を重ね履きするなど、工夫すると良いですね。

子供にもヒートテックなど保温性の高いインナーを

ヒートテックなど保温性の高いインナー類は子ども用にも販売されていますので活用しましょう。活発な年齢のお子さんの場合には着こむと暑がってしまうこともあると思いますが、ディズニーではパレードの場所取りの時間やアトラクションの待ち時間など、身体を十分に動かせないことも多いです。身体は一気に冷えてしまいますから、インナーとダウンはしっかりと着こませて備えることが重要ですね。

意外と盲点なのが下半身です。ハーフタイプのダウンジャケットの場合には足が寒く感じることもあります。裏起毛タイプのズボンを履かせたり、女の子であればタイツとズボンを重ね履きさせましょう。オールシーズン履けるような素材のボトムス一枚では、風を通してしまうため大変寒いです。

帽子・ネックウォーマー・手袋で隙間なく備える

頭や耳、首、手首や指先も冷えやすく、熱が逃げやすい部分です。耳までかかるようなニット帽や耳当てをするのも良いですね。首元は特に重要ですから、ダウンジャケットで首が出てしまうようなら、マフラーやネックウォーマーがオススメです。手袋を嫌がらないお子さんでしたら手袋も持っていきましょう。小物類は落としやすいため、着脱の際には注意してくださいね。

手袋は指先が分かれていないミトンタイプの方が暖かいですが、指が分かれていないと動かすのに不便になります。お子さんの年齢に応じて嫌がらない方を選ぶと良いですね。筆者の子供はミトンタイプの方が暖かいと気に入って使っていますよ。

 

ベビーカーは大変寒いため個別に寒さ対策を

image by iStockphoto

座ったままの姿勢になるベビーカーはママが予想するより寒さを感じやすいです。隙間から風も吹き込みますし、きちんと寒さ対策しないと寝ている間に風邪を引いてしまう可能性も。毛布やブランケットは風を通すため保温性に欠けます。赤ちゃん自身に足まで隠せるタイプのロンパース型ダウンを着せるか、ベビーカー用のフットマフを着用しましょう。

フットマフは様々なタイプが販売されていますが、ダウン地でチャック付きの簡単に着脱できるタイプがオススメです。足元だけでなく上半身までしっかり隠せるものだと真冬のディズニーでも安心ですね。筆者が訪れた際にも高確率でつけている家族が多かったです。抱っこ紐に付け替えられるタイプだと、無駄がなくて使い勝手が良いですよ。

子供の寒さ対策のオススメ!

image by iStockphoto

服装以外でもできる寒さ対策もあります。冬場は地面も冷え込んで寒さを感じますから、事前に対策しておくだけで待ち時間も過ごしやすくなりますよ。

パレードを見るならクッションとブランケットが必須

真冬の時期は地面もかなり冷え込みます。パレードの場所取りの際に直接レジャーシートを敷くと、冷たさで身体の熱を奪われてしまうことも。クッションやブランケットを持ち込んで、お尻の下に敷くと良いですね。大き目のブランケットを用意してお尻の下とひざ掛けに使うか、クッション+ブランケットを組み合わせて、冷たい地面と風除け対策を両方行いましょう

場所取りするなら日向を選ぶことも重要です。例え良い場所が残っていても、日陰でじっと待つのは寒さを余計に感じますので避けましょう。真冬でも日差しがあれば暖かく感じる日もありますね。

次のページを読む
1 2
Share: