ビューティーボディケア女子力自分磨き

足の爪のケアしていますか?自宅でできる正しいセルフケアの方法を教えます!

意外と忘れられがちな足の爪のケア。気温が上がり薄着になってくると、足元もオープントゥやサンダルなど出番も増えてきますよね。いざ靴を履いて、自分のつま先の状態を見て慌てないためにも、やはり定期定なケアは必要不可欠。サロンに通えばいつも綺麗に整えてくれますが、ケアだけなら自宅でも充分可能です。セルフケアで綺麗なつま先を手に入れませんか?

足の爪のケアを怠るとどうなるの?

image by iStockphoto

寒い時期は足を出す機会は少ないですし、オープントゥやサンダルをあまり履かない方にとっては、足の爪のお手入れは特に必要ないと思うかもしれません。しかし足の爪のお手入れは、綺麗な見た目だけのものではありません。

足の爪のお手入れを怠ると、爪の間に汗や皮脂などの汚れが溜まり、足の臭いの原因に。ハイヒールやポインテッドトゥのパンプスなどを履くことが多い方は、巻き爪の原因に。巻き爪は、症状が進むと歩く時に痛みを感じるようになってしまいます。痛みの症状が現れると、歩き方にも影響するため、姿勢が崩れ身体にまで影響が…。

つま先を出すことのが少ない方も、足の爪のケアは重要です。足の健康のためにも、定期的にお手入れしましょう!

正しい足の爪のケア方法

image by iStockphoto

足の爪のケアには、自宅でも比較的簡単に行えます。普段から手の爪のお手入れを行っている方であれば、道具もそのまま使えますよ。「自分で爪のケアはあまりしない…」という方も、中には身近なもので代用できるアイテムもありますので、安心してくださいね!

<用意するもの>

・爪切り

・爪やすり

・パトネ(オレンジウッドスティックとコットン)/綿棒でも可

・キューティクルオイル/ヴァセリンやベビーオイルでも可

・爪用のブラシ/歯ブラシでも可

お手入れの周期は、基本的には爪を切るタイミングで問題ありません。ただし、清潔を保つことと、足の保湿は毎日行うのがベストです。最初は面倒に感じる時もあるかもしれませんが、お風呂で身体を洗ったり保湿するついでに行って、習慣にしてしまうのがおすすめですよ。

#1 清潔にする

最初はまず、清潔にすることから始めましょう!爪の間には、汗や皮脂、古くなった角質、靴下などの糸くずや埃など、汚れが溜まりやすくなっています。そのままにしておくと、足の臭いの原因にも…。

足の爪を清潔にするには、入浴中がおすすめ。皮膚が柔らかくなり、汚れも浮きやすくなりますよ。

足をしっかり濡らしたら、爪用のブラシに石けんやボディーソープの泡をつけて、爪の間をなぞるように洗いましょう。汚れを落とそうとゴシゴシと擦ると傷つけてしまう場合もありますので、力を入れすぎないように注意してくださいね。

#2 爪を切る

足の爪は手よりも硬いため、爪が柔らかくなる入浴後がベストです。爪が扱いやすくなるため、力を入れすぎて深爪になるのを防ぐ効果もありますよ。入浴前や入浴から時間が経ってしまった場合は、フットバスなどで温かいお湯に10分程足を浸しましょう。

爪の長さの目安は、白い部分が少しの残るくらい。爪の形はスクエアカットが理想です。スクエアカットは巻き爪の防止にも繋がりますよ。

爪をカットするときは、一気にカットすると爪の負担が大きく割れる原因にもなります。少しずつ切るようにしてくださいね。あまり爪が長くない方は、爪やすりで形を整えながら調整するのもおすすめです。

次のページを読む
1 2
Share: