ライフスタイル出産子育て

冬の赤ちゃんの服装はどうする?基本の服装と気をつけたいポイント

だんだんと寒くなる季節。赤ちゃんは自分で「寒い」「暑い」と言えないので、赤ちゃんにはどの程度服を着させればよいのか悩みますよね。大人とは体感温度が違うため、ついつい着せすぎてしまうことも。本記事では、寒い冬の時期の赤ちゃんの服装の目安と気をつけたいポイントについてご紹介します。

冬の赤ちゃんの服装〜基本編〜

image by iStockphoto

寒くなってきたなと感じるやいなや、急激に冷え込むこともある秋冬の季節。赤ちゃんの冬服は早めに準備しておきたいですね。まずは、寒い時期の赤ちゃんの基本の服装を確認しましょう。しっかり防寒対策することがポイントです。住んでいる地域の気温によっても変わってきますので、お住まいの地域の環境を確かめて服を用意してあげてくださいね。本格的に寒くなる前に一通りチェックして、前もってイメージしておきましょう♪

月齢別「肌着+ロンパース」の着せ方

基本的に「薄手の服」を「重ね着」するのがコツ。

新生児期〜生後3ヶ月は、短肌着+長肌着(コンビ肌着)+長袖2WAYオール(カバーオール)

よく動くようになってきた生後4ヶ月からは、ボディスーツ(コンビ肌着)+長袖ロンパース(カバーオール)

つかまり立ちやハイハイができるようになる生後9ヶ月ごろからは、ボディスーツ+セパレートの上下服

がオススメです。

赤ちゃんは体温が高いので「大人が着ている枚数マイナス1枚」とよく言われています。生後3ヶ月くらいまでは動き回ることが少ないので、大人プラス1枚を目安にしましょう。生後4ヶ月目くらいからは足をバタバタさせたり寝返りしようとクルクルしたりと活動量が多くなるので、大人マイナス1枚でOKです。

外出時や寒い時には羽織を重ね着して

室内はエアコンやストーブ等の暖房器具を使っているのでポカポカ暖かいのですが、外に出ると寒く、急激に冷えることも。赤ちゃんは体温調節の機能が不十分なので、なるべく寒暖差を小さくしたいですね。

室内でも外でも、室温・気温にあわせて重ね着をして体温を保ってあげてください。脱ぎ着する服は「軽くて薄手の服」が◎。着脱させやすく、また赤ちゃんの動きの妨げにもならないので便利です。

ベストやカーディガン、ジャンプスーツといった上着で調節しましょう。

靴下&手袋&帽子はどうする?

出産準備のときから気になるのが靴下・手袋・帽子といった小物類の必要性。筆者は貰い物で大量に靴下を揃えていたのですが、ほとんど使いませんでした。靴下は2足、帽子は1個あれば十分だったなと思います。手袋は全く使いませんでした。

室内では、靴下や手袋、帽子は基本的に使わなくても大丈夫。赤ちゃんの頭や手足には汗腺が多くあり、体温調節の役割を担います。分厚い靴下や手袋、帽子等で覆うと、蒸れて暑くなってしまうことに。

外出する時には、防寒用に着せてあげるとよいでしょう。赤ちゃんが暑がっていないか、汗をかいていないかこまめに確認してあげてくださいね。

かわいい小物類が多いのでついつい買ってしまいがちですが、はやる気持ちを抑えて必要最低限分だけにしましょう。

寒い冬の季節に気をつけたいこと

image by iStockphoto


寒い冬の時期は「赤ちゃんが風邪をひかないか」「厚着で体の動きの妨げになっていないか」と心配な点が次々に出てきます。冬ならではの気をつけるべきポイントを確認して、赤ちゃんが過ごしやすい環境に整えてあげましょう。

ついつい着せすぎてしまう厚着に注意!


お外が寒いからといって家の中で一日中こもりきりになるよりも、短時間でもお散歩をすることで昼夜のリズムが整います。ママにとってもよい気分転換になりますよ。筆者もしょっちゅう買い物に出かけていました。

お出かけは日中の晴れ間がベストですが、晴れているといえども寒いですよね。寒いのではと厚着させてしまいそうになりますが、着せすぎには注意しましょう。赤ちゃんは新陳代謝が活発で汗っかき。いつの間にか汗をかいて背中がぐっしょりなんてことに。こまめに赤ちゃんの背中に手を入れて汗をかいていないかチェックし、脱ぎ着しやすい上着で調整しましょう。
汗をかいたまま外に出ると、体が冷える原因になります。室内から外に出るときには、肌着が汗で湿っていないか確認するようにしましょう。汗をかいている場合はタオルやガーゼでさっと体を拭いて着替えさせてあげると◎。

なるべく寒暖差を小さくして

赤ちゃんは体温調節が苦手なので、寒暖差を小さくしてあげましょう。赤ちゃんの服装も大切ですが、環境を整えてあげることも重要です。

抱っこ紐やベビーカーで外出する場合は、タオルケットやブランケットで防寒対策を。タオルケットやブランケットは赤ちゃんのおくるみとしても活用できますよ。筆者の場合、家用2枚と外出用1枚の合計3枚を用意していました。

可能であれば沐浴は日中暖かいうちに行いましょう。入浴前後は暖かい場所で居させるようにできるといいですね。我が家ではヒーターやゆたんぽ等を使って赤ちゃんの居る場所をあたためるといった工夫をしていました。

次のページを読む
1 2
Share: