おすすめアイテムライフスタイル出産子育て

これも育児の勉強になる!赤ちゃんのいるママに読んでほしいおすすめ漫画10選

赤ちゃんや小さな子供が題材になった漫画は昔からよくありますが、母親になる前に読んだときと子供が生まれてから読むのでは面白さが全然違うって知っていましたか?赤ちゃんが生まれて、初めて出来る大切な存在とその漫画を重ねると、育児中のあるあるもよく分かるから面白いですし、悲しい話の時には涙腺が崩壊します。今回は、ママになってからが本当に面白い育児系の漫画をご紹介しましょう!

赤ちゃんの出てくる漫画はママになってからが本当に面白い

image by iStockphoto

子供が生まれてから自分の時間というものが全然ないという女性も多いと思いますが、時々息抜きをすることもとても重要です。リフレッシュ方法のひとつとして、漫画を読むという人も多いのではないでしょうか。「育児のリフレッシュに育児系の漫画って…」と思うかもしれませんが、特に子供が小さいうちはリアルタイムで感じている育児あるあるに共感できるのでとても面白く感じるものですよ。有名な漫画でドラマ化された感動系のものなどは、自分の出産や育児と重ねてみるとものすごく感動して泣けてくる話がたくさんあります。

泣ける漫画のおすすめ作品

image by iStockphoto

まずはじめに泣ける漫画をご紹介しましょう。比較的最近のものもあればロングセラーの有名漫画まであります。どれも母親の立場で読むと涙腺が緩くなり、話によっては号泣してしまうようなものもありました。物語の目線が母親ではなく医療関係者や保育士など、第三者から見た話が多いので結構勉強にもなりますよ。

1.透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記/沖田 ×華

作者の沖田 ×華先生が学生の時に産婦人科医院でアルバイトをして体験した話が元になっており、いろいろな妊婦さんや子どもの話が読めるのでとても面白くて、筆者は一気に読みました。基本的には赤ちゃんの話なのですが、時々作者の子供の頃の話や病院に来た子供の話などもあるので、ストーリーの幅は広めです。

どうしても長く生きられなかった赤ちゃんの話や親に置き去りにされた子供の話などもあるので、涙が止まらず胸が張り裂けそうな気持ちになります。独特な絵なので最初はそこまで泣ける漫画ではないとナメてました。沖田先生のお話は他にも読んだことがありますが、とてもいいお話を描かれる先生なのでこの作品はとてもおすすめです。

IMAGE

透明なゆりかご(1) (KC KISS)

Amazonで見る
価格・情報の取得:2019-05-09Amazonで詳しく見る

◇おすすめポイント◇

ほのぼのとした絵のタッチとストーリーの深さのギャップにハマります!

2.コウノドリ/鈴ノ木 ユウ

俳優の綾野剛さん主演でドラマ化もされているので知名度はとても高いのですが、ちゃんと読んだことがないという人が意外と多いのがこの漫画。主人公の鴻鳥サクラという産科医が働く聖ペルソナ総合医療センターを舞台とした作品です。筆者は漫画がとても気になっていたものの読む機会がなく、そのうち自身も妊娠中にコウノドリのドラマが始まったのでそれを観て、そして漫画を買ったタイプの人間ですが、もっと早くから読んでいれば良かったと少し後悔しました。医療の話なので、様々な病気の名前などが出てきて結構勉強になるのです。

一時期「風疹」の話と「梅毒」の話はインターネット上で無料公開されていたこともあり、妊娠・出産に関係のない人にも病気を知ってもらうのに良い漫画ですよ。ストーリーは赤ちゃんが生まれるまでの話だけではなく、生まれた後にお母さんがかかるおそれのある産後鬱の話もあります。

IMAGE

コウノドリ(1) (モーニングコミックス)

Amazonで見る
Amazonで詳しく見る

◇おすすめポイント◇

妊娠や出産の知識がない人の勉強にもなるほど様々なケースの出産や病気の話が豊富!

3.赤ちゃんのホスト/丘上あい

最初は笑える漫画だと思って気軽に読んでいたら思わぬところで泣かされて驚きました。丘上先生の描く子供たちがとても可愛くて癒されます。だからこそ家庭トラブルの描写があると、とても守ってあげたくなり母性本能をくすぐられる漫画です。よく保育園については認可・無認可など聞くと思いますが、その辺りのことも説明してくれていたりそもそも保育園とはということも教えてくれる漫画なので、これから子供を預けることになった時のための勉強にもなりますよ。

IMAGE

赤ちゃんのホスト(1) (BE・LOVEコミックス)

Amazonで見る
Amazonで詳しく見る
次のページを読む
1 2 3 4
Share: