ビューティーリラックス自分磨き

落ち込まない方法が知りたい!簡単アイデア8選

自分が失敗した時、落ち込んだ時、そのハードルをどうやって超えていますか。転職中など、どうしてもメンタルが揺らいでしまう時がありますね。こういった場合、成功の秘訣はストレスや感情をうまくコントロールすることです。仕事はいつもラッキーが重なるものではありません。この時いかに自分を客観視できるかがポイント。今回はその方法を具体的にお伝えします。

自分がご機嫌な気持ちの時の基準を設けておく

image by iStockphoto

いつも人気で元気なあの人の秘密。いくら仕事に時間を取られても毎日ご機嫌な友達の秘密をご紹介します。あなたがもしビジネスで上司に小さなミスを責められた時、気持ちをポジティブに変換できるテクニックを持っていると便利ですね。

気持ちを切り替えるのは環境とスキルの問題です。日々の活動を反省しながらトライアンドエラーを繰り返してください。 自分がご機嫌な気持ちの時の基準を設けておくのも一つの手ですよ。

#1 テレビ番組でモチベーションをあげる

気分が落ち込んだ時、あなたは家で何をしていますか。何もやる気が起きないと思いますが、テレビのスイッチを入れる元気はあるはずです。ドラマを見たい気持ちをぐっと我慢してここはお仕事に頑張る人のドキュメンタリー番組を見てみましょう。特に情熱大陸はその道のプロフェッショナルの仕事への姿勢が垣間みえて、やる気をアップさせてくれます。

物事なんでも結果がすべてのように言われがちなのが現実。悔しい思いをするときもありますね。そんな時テレビを見ます。テレビはネットが主流になってきている現代も優秀なコンテンツを沢山配信していますよ。普段なら接点のないキャリアの生活をみることにより、今回の課題の乗り越え方がわかってくるはずです。必要なのは積極的に情報を取り入れる姿勢。はじめからダメだと決めつけずに、諦めない習慣をつけましょう。先輩たちの体験談は大変参考になります。

#2 運動は大切

image by iStockphoto

気分をあげるために運動はとても大切です。体を動かすことにより、脳や身体中に血液が行き渡り、新鮮な気持ちになります。今健康状態が悪い人はあまり無理しないでくださいね。トレーニングは一度にたくさんの量をこなすより、こまめに体を動かすほうが負担が少なくてすみます。自分のやり方だけでは膝や腰を傷める原因にもなりますので、できるならトレーナーをつけてもらったほうが安心ですね。

それができないという人は、通勤を電車から徒歩や自転車に変えるのはいかがでしょうか。毎日の通勤は絶対必要です。運動は特別に生活に取り入れようとするのではなく、生活習慣の中に組み込む方が継続しやすくなります。ポイントは大きな目標を掲げすぎないこと。毎日の通勤が5駅分あるのに、すべてを徒歩で行くというのは到底無理な話ですね。2駅は歩いて3駅分は通常通り、電車に乗るといった工夫が必要です。柔らかい頭で行きましょう。

#3 読書で自己啓発

自己啓発書はあまり多く読むとメンタルの調子が崩れるという研究結果もありますが、適度に取り入れるとこれ以上ないくらいモチベーション向上に役立つアイテムです。はじめにどの本を手に取ればいいかわからないという方は、好きな著者や人気ランキング上位のものから読んでみてください。やはり難解なものより、すらすらと頭に入ってきやすい内容のものがおすすめ。

途中で挫折してしまうと、そのことでまた自分を責めてしまうので、ゆるい気持ちで手に取るのがいいでしょう。読むスピードもノルマは決めず、はじめに目次を読み自分に必要なキーワードだけ取り入れていくと効率よく読むことができます。

#4 スマホはしばらく封印しよう

image by iStockphoto

幸せホルモンのセロトニンの分泌を阻害してしまうと言われるブルーライト。これを多く排出する身近なアイテムといえば、スマートフォンですね。会社でも多く使われているので、多少の使用は仕方がないのですが、会社で使っているならその分プライベートでの使用は控えたほうが無難ですね。

電源を切るだけでは、なかなかスマホを封印できないという人は、タイマー機能付きの箱をおすすめします。時間を指定するとその時間が来るまで箱がロックされるというもので、つい手元にスマホがあると触ってしまうという人におすすめですよ。この箱を試す前に、他の人にスマホを隠してもらうのも一つの手ですね。

IMAGE

【欲望コントロールグッズ】ダイエット/禁煙/ゲーム中毒などに タイムロッキングコンテナ キッチン セーフ The Kitchen Safe mini サイズ【正規代理店品 日本語説明書付】 (ホワイトクリア)

Amazonで見る
価格・情報の取得:2019-05-10Amazonで詳しく見る
次のページを読む
1 2
Share: